mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

どうも。。

相変わらず石灰石鉱山レイアウト作りです。
前回の製作記事「石灰石鉱山レイアウトを作る:貨物上屋を自作してみる」で貨物上屋を作った流れで、今度はセメント積込施設を製作しようと思います。

thumb_IMG_4985_1024
数ヶ月前に撮った写真ですが、実はセメント積込施設は試作済みでずっと配置していました(奥の丸屋根の建物です)。
昼飯線にある実在施設をモデルにした貨物上屋と同じく、これもモデルがあります。

DSCN0732
秩父鉄道の武州原谷駅構内にあるセメント積込施設です。
武州原谷駅は貨物駅で旅客列車は通過しますが、貨物列車の拠点駅で広大なヤードが広がっています。
その中でも印象的なのがこのセメント積込施設で、比較対象になる車両が写っていないのでわかりにくいですが凄く巨大な建物です。
学校の体育館のような丸屋根が特徴的で、側面は大きなガラス窓?のようです。
奥側へ隣接するセメント工場と繋がっていて、線路部分にはホームも設置されています。
現在は秩父鉄道のセメント輸送は廃止されたため、この施設も使われていません。

普通の鉱石ホッパーとは違った独特な建物で、ぜひ模型で再現したいと思っていたので石灰石鉱山レイアウトでも取り入れることにしました。。
しかし、あまりにも限られたスペースのため、相当なデフォルメを強いられます…
上の写真での試作品ではGMのバス営業所キットをベースに、屋根長さを切り詰めて側面をプラ板から自作し、プラ角棒を柱にして作った物でした。
バス営業所キットの丸屋根は思ったよりもRがきつく、なんとなくイメージとは違って納得のいかないバランスで結局完成させることが出来ませんでした。
そこで、今度は屋根もプラ材から自作して再チャレンジしてみることに。

thumb_IMG_6322_1024
GMキットの屋根流用をやめて、今度は「こばる」のプラノイタ トタン屋根(瓦棒)から製作します。
電気ストーブに当てて少しずつ熱しながら柔らかくして曲げ癖を付けていき、思い通りのRに成形しました。

thumb_IMG_5858_1024
屋根を支える側板と内梁は、曲げ癖を付けたあとも屋根が反ってくる可能性があるので頑丈に固定することに。
Rはまず1枚完成型を切り出したあとに、それを治具にして残りを量産して同じRで揃うようにしました。

thumb_IMG_6321_1024
こんな感じで屋根と側面・内梁を接着します。
普段の工作ではプラ同士の接着はタミヤセメントを使用しますが、今回はさらに接着面の外から瞬着を盛って強度を上げておきました。

thumb_IMG_5860_1024
以前の試作品と比較。
屋根のRが緩くなって寸詰まり感が軽減されたと思います。

thumb_IMG_6319_1024
1階部分の柱も製作。
以前の物は3mmプラ棒をそのまま使っていたため華奢に見えてしまっていた。
そこで、今回は同じく3mmプラ棒ですが横に2本貼って6mm幅にすることで柱を太く見せることに。

thumb_IMG_6320_1024
セメント積込施設と貨物上屋は隣接した配置です。
もっとスペースに余裕があれば機回しの渡り線を作ったりしたかったですね。
テム300が止まっている場所にもう1棟木造の上屋を建てる予定です。

thumb_IMG_5884_1024
武州原谷と同じように、この背後にも大きな工場施設を建てようと思います。
奥行きにかなり制限があるので、これもまたバランス調整が難しそうです…


つづく。

どうも。。

前回「城端線二塚駅の専用線跡を探索してみた【2017GW】」の続きです。

二塚駅を離れて、今度は高山本線の速星駅へ行ってみることに。

thumb_IMG_5936_1024
二塚駅から速星駅までは最短距離でも10km強ありますが、自転車だと気楽に散策しながら走れる距離です。
天気も良くて走りやすかったです。
GWはまだ立山連峰に雪が残っていて、進行方向の先に見える山々を見ながら走れるのは最高でした。。

DSC04871
いろいろ寄り道しながらも速星駅に到着。


DSC04873
速星駅は有人駅で特急も停車する、乗降客もそれなりに多い駅です。
2面3線の旅客ホームの他に、隣接する日産化学工業の専用線が分岐していて、今でも貨物列車の設定があります。
駅舎の前には9600形蒸気機関車の動輪が展示されています。

駅構内の富山寄りから専用線が見れます。
屋根のある荷役線?に気になる謎の貨車が…

DSC04882
左からアップで。
錆止め塗装?でTR41を履いたフラットカー。
手すりや荷台上の造りからして元化成品タンク車でしょうか。

これはコキ50000のようですが、車番や表記類が白く塗りつぶれています。

DSC04880
3両目も床下機器や手すりの形状からして元化成品タンク車に見えますね。
何やらゴム管のような物が荷台に乗せられています…

どれも廃車になって車籍が無くなった車両だと思いますが、どんな用途で残されているのか気になりますね。

DSC04886
工場内の側線にももう1両止まっていました。
最初に見た車両と同形状みたいですね…

ロゴ付きの蒸留塔やトタン張りの巨大工場が印象的です。
工場内へ専用線が伸びていますが、跨線橋から望遠で見ないとわからないですね。
短時間しか滞在しなかったので入れ換え作業やスイッチャーも見れず。


DSC04884
高山本線のガーダー橋が架け替え工事をしていて、仮線になっていました。

富山市内を走り抜けて、今度は富山地鉄の南富山駅へ来てみました。
富山地鉄 不二越・上滝線の珍しい折り畳み式の遮断棒。
鉄道路線の踏切ですが、道路信号付きなのでクルマは一時停止なしで渡ることが出来ます。

DSC04905
南富山駅は不二越・上滝線と軌道線の連絡駅で、軌道線の末端駅です。
軌道線の駅舎は富山地鉄の研修センターが併設されていて、屋上には研修用?の踏切が。。
本数が多いので軌道線車両を一通り見れました。

DSC04909
駅舎の先には軌道線の車両基地があります。

そのあと軌道線に沿って走りつつ、高岡まで走って戻ることに。
富山大橋から見える立山連峰。
5月ですがまだ雪景色が残っていて、壮観な風景でした。。

つづく。

どうも。。

今年のGWは半年振りに北陸へ行ってきました。
4泊5日の滞在でかなり色々見れたので、少しずつですが書いていこうと思います。。

thumb_IMG_5905_1024
今回ももちろん自転車を輪行で持っていくので北陸新幹線で。
取った宿が高岡だったので、今回初めて新高岡で下車しました。

thumb_IMG_5914_1024
翌日は早速高岡駅から自転車で走っていきます。
いつの間にか高岡色が居なくなって首都圏色ばかりになりましたね…

いくつもある行きたい場所の候補のうち、どこへ行こうか悩みました。
なかでも高岡駅から一番近い城端線二塚駅にある、中越パルプ専用線の跡がどうなっているか、まずは見に行ってみることに。

高岡駅を自転車で出発し、城端線沿いに進みます。
新高岡駅を越えて次駅の二塚駅へ。。

thumb_IMG_6173_1024
自転車だと高岡駅からでも10分程度で二塚駅に着いてしまいます。

thumb_IMG_5915_1024
二塚駅駅舎。
昼間は無人化しているようです。

thumb_IMG_6176_1024
2面3線の旅客ホームと貨物側線2本の、非電化路線としては中規模な駅です。
駅構内の城端寄りから中越パルプの専用線が分岐していて、かつては日に数本の貨物列車が発着していましたが、2015年9月をもって無くなってしまいました。

thumb_IMG_6178_1024
跨線橋から城端方面を望む。
左手へ分岐していく線路が中越パルプの専用線です。
田園地帯を進む非電化路線と、そこから伸びる草むした専用線が凄く良い画になりますね…

thumb_IMG_6179_1024
発着は無くなりましたが、貨物側線は今のところそのまま残っていました。

thumb_IMG_6183_1024
城端寄りの踏切から。
工場の煙突へ向かって専用線が綺麗にカーブを描いています。
現役時代にもっと見たかったですね…

thumb_IMG_6184_1024
専用線沿いに進んでいきます。
踏切部分は線路側に柵が設置されていますが、それ以外はほぼ現存しているようです。

thumb_IMG_5930_1024
廃止から1年半ほどしか経っていないからか、まだ線路もしっかりしていて列車が来てもおかしくない雰囲気が。

thumb_IMG_6185_1024
生活道路と平行して専用線が通り抜けていく風景…
こんな線路が2015年まで現役だったのがすごいですね。

thumb_IMG_6191_1024
道路を廃止踏切で越えてカーブを過ぎると、中越パルプの敷地内へ…

thumb_IMG_5932_1024
小さなガーダー橋と踏切の先は工場敷地です。
よく見ると敷地内の線路に車止めが設置されていますが、専用線そのものが使われなくなった現状でどういう意図で設置されたんでしょう…

thumb_IMG_6193_1024
ガーダー橋の下は水路で、かなりの水量が流れていました。
とてもジオラマ的な情景です…

このあと、城端方面へ走っていって散居村の風景を見るか、これまた専用線のある高山本線の速星駅まで行ってみるかの二択に。。
結局この日は専用線めぐりにしようということで、速星駅方面へ…

thumb_IMG_6172_1024
城端の散居村ほど特徴的ではありませんが、高岡市内でも田んぼの中に家が点々と建つ散居村的な景色が部分的に見ることができます。
ちょうど田んぼに水が入って田植え前のところがいくつもあって、湖の中に浮かぶ家のような風景でした。。

つづく。

どうも。。

レイアウト製作、かなり久々になってしまって申し訳ないです。。
相変わらず細々とですが製作を進めています。
地形製作は結局スタイロフォームむき出しのまま止まっていて、建物や道路との配置に悩んでいます…
これでは一向に進まないので、先に建物類を揃えていくことにしました。
特に線路まわりの荷役施設が全然出来ていなかったので、そこから取り掛かります。

荷役施設は石灰石ホッパー、セメントホッパー、バラ積み用の貨物上屋&ホーム、化成品積み下ろし設備を作る予定です。
まずは1番簡単そうなバラ積み用の貨物上屋を作ってみることに。
貨物上屋は以前から作ってみたい景色があって、それを再現してみることにしました。

今は廃線となった西濃鉄道 昼飯(ひるい)線の美濃大久保〜昼飯間の景色です。
ゆるくカーブする複線の片側が荷役線になっていて、小さな貨物ホームが点在する独特の風景でした。
左手の廃屋と草むした軌道が相まって凄く印象に残った風景で、今でも好きな鉄道風景の一つです。
この写真は2010年に撮影したもので、まだ線路や左側の廃屋群が残っていた頃です。

その3年後に撮影した別アングルの写真。
線路沿いの廃屋群が解体されてしまって、皮肉にも貨物上屋が見やすくなりました。
外壁は基本的にトタン板で、線路側はシャッターになって建物の全幅にわたって荷役作業が行えるようになっています。
土台の外周はコンクリブロック積みのようです。
奥にも工場の建物が続いていて、そこから製品を持ってくるんだと思いますが、線路の向こう側が工場敷地なので立ち入ることができず詳細不明です…
2017年現在は線路も撤去されてしまったようです。

この貨物上屋周辺の景色がいつか絶対模型で作ってみたいと思っていました。
スペースの都合でデフォルメしなければいけないので中途半端になるかもしれませんが、石灰石鉱山レイアウトにこの風景を取り入れてみることに。
これを作るためにあらかじめ荷役設備を置く引き込み線は複線にしておいたので、配置場所も決まっていました。

thumb_IMG_5583_1024
 上屋を作る材料ですが、トタン壁を再現するために今まで使っていたグリーンマックスのコルゲート板が再生産されず入手困難なので、代替品がないか探しまわっています。
このまえ巣鴨にある「さかつう」というジオラマ用品の専門店へ行ってみたところ、使えそうな製品を見つけました。
「こばる」のプラノイタ・波板 と、キャンベルという海外メーカー製のアルミ波板です。
こばる製のは0.7〜0.8mm厚くらいのプラ板で、キャンベルのは0.1mmくらいのアルミ板です。
どちらも波の間隔はGMのコルゲートとほぼ変わらず、コスト的にも大きな差は無いのでトタン建築作りでの代替品として活用できそうです。

早速、これを使って停滞していた建物作りを再開することに。。

今回の貨物上屋はこばるのプラ波板のほうを使って製作してみます。
以前製作したトタン建築はトタン板の継ぎ目表現のためにコルゲート板を細かく切り貼りしましたが、今回の貨物上屋は各壁が一枚板で出来ているようなので、アルミ波板よりもプラ波板を使うほうがお手軽です。
外壁の形に合わせて切り出しました。

thumb_IMG_5752_1024
線路側のシャッターも波板で再現。
横向きに貼り付けて、まわりを1mm角棒で囲っています。

thumb_IMG_5753_1024
単純な構造なのであっという間に箱組み出来てしまいました。
土台部分は1mmプラ板にPカッターで筋彫りを入れてコンクリブロック積みを再現しています。

thumb_IMG_5754_1024
レイアウトに仮置きしてみたら貨車に対して少し高めだったので、このあと土台をブロック一段分切り詰めました。
形になったので塗装します。

thumb_IMG_5792_1024
塗装はガイアカラーのニュートラルグレー2にフラットベースを入れたもので一発塗り。
ウェザリング前提なので薄い色を選びました。
そのあとMr.ウェザリングカラーのステインブラウンで錆表現を追加。
側面の錆の流れた跡はもう少し細くしても良かったですね…

thumb_IMG_5793_1024
つや消しクリアを吹いて、仕上げにパステルの茶系色を錆部分に軽く載せて完成です。
土台部分は積み荷の石灰汚れをイメージして白系でウェザリングしてあります。

thumb_IMG_5794_1024
ちなみに裏側は他の建物と繋がる予定なのでがらんどうです…

thumb_IMG_5804_1024
早速レイアウトに設置してみました。
小さめに作ったつもりでも、レイアウトに置いてみると大きく見えます。
短い製作時間で作りましたが、思った以上にレイアウトのアクセントになる建物が出来上がったと思います。

thumb_IMG_5798_1024


 
つづく。

どうも。。

だいぶ間があいてしまいましたが、前回「レイアウトのフリーランス電車を増備する(1)」の続きです。
NDC顔の自社発注車1000形(中間化改造更新車)の製作と並行して、元銀座線も増備します。

thumb_IMG_4993_1024
中古で鉄コレ第8弾の銚子電鉄を2両確保したので、2両ともフリーランス化することに。
基本的に以前製作した第1号車のデハ801(リンク)と全く同じ作り方にしますが、 併結運用が前提なので今回増備分は2両ともT車に。
バラしてボディをIPAに漬けて塗装を剥離したら、ガイアカラーのインテリアカラーとMrカラーのシャアレッドのツートンで塗装。

thumb_IMG_5592_1024
デハ801と同様に、シール用紙に印刷して作った半自動ドアボタンと車外スピーカーを貼り付け。

thumb_IMG_5588_1024
TNカプラーだけは若干変更しました。
以前の801FではJC25を台車に干渉しないようにカットして使用しましたが、バネが入っていないのが多少デメリットでした。
そこで、今回は箱根登山鉄道のアレグラ用の物(JC6337)に変更してみます。
このカプラーは台車側が干渉を避けるために小型化されているので、クリアランスが厳しい車両にも取り付けられます。
独特な形状の密連なのがネックで、結局頭の部分をあとから電連1段付きのタイプ交換しました。

thumb_IMG_5589_1024
床下機器は市販状態のまま無改造ですが、一応台車と一緒にグレーで塗装しました。

thumb_IMG_5598_1024
パンタは屋根板が改造してパンタ台の都合でGM製に。
グレーで塗装後に擦り板をマーカーで色差ししています。


まだアンテナが付いていないですが、ひとまず形になりました。。
非動力車になった以外は、以前製作したデハ801と一緒です。
車番も続番でデハ802・デハ803に。
自分のレイアウト上の架空鉄道は時代設定が現代(2010年代)なので、地方私鉄とはいえ車種をある程度統一したほうがそれっぽいと思い、同一形式を増備してみました。
総数3両になったことで、石灰石鉱山レイアウトの最大ホーム有効長である3両編成に単一形式で対応できるのと、2両編成と1両編成のすれ違いなんかもできて遊び方が広がりますね。

屋根上も全く同じ仕様です。
GM京王6000系の2連用屋根を切り継いでダブルパンタ化して、配管も切り継ぎ位置をずらすことで繋がったように見せています。
鉱山のある山岳部への入線対策として霜取りパンタを装備させていて、片側のみシングルアームに交換されて変則的なルックスに。
クーラーもデハ801と同じく鉄コレ19弾から外したクーラーを搭載。後付けの冷房化のため、屋根上強度に負担の少ない薄型クーラーを採用しているという設定です。
全体的にウェザリングして色合いを落ち着かせておきました。


できれば前面に「ワンマン」の表示や方向幕も欲しいですが、まだデータ未作成です…
併結させる機会が多いので貫通幌も付けたほうが良さそうですが、ミニカーブ通過時の干渉が不安ですね。
 
ずっと後回しになってしまっていましたが、NDC顔の1000形"更新車"もやっと竣工できると思います。。

つづく。
 

↑このページのトップヘ