mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

どうも。。

前回「地方都市レイアウトを作る:町家をフルスクラッチしてみる(1)」の続きです。

組み終わってとりあえず形になったので、塗装していきます。

IMG_3166
パーツや板材の切り継ぎ箇所が多いので、まずはサーフェイサーを吹いて継ぎ目を確認しつつ修正。
板同士の隙間は下見板の段々があるのでフラットに修正することはせずに、瞬着を流して埋めてごまかしています。

IMG_3340
修正が終わったら本塗装に。
下塗りとしてベージュ系色を全体に吹きます。

IMG_3348
ウェザリングカラーのグランドブラウンを全体に筆塗りでウォッシングして、半乾きになったら綿棒で軽く拭き取っていきます。
下に塗ったベージュの地色が軽く出る感じにして板張りの質感に近づけます。

IMG_3618
ウォッシングだけでは不十分に見えたので、タミヤのエナメル塗料のタンでドライブラシもしてみました。
半乾きのエナメル塗料載せたあとに、短くカットした筆で擦って全体に伸ばしていきます。

IMG_3620
ドライブラシが終わったらウェザリングマスターも使いました。
これもタンなどのベージュ系色をメインに使っていて、地面に接する下部は土っぽさを強調する感じにしています。

FullSizeRender
今回はレイアウト上の建物に電飾も入れることに。
電球色のチップLEDを建物内の梁に接着しています。
建物のサイズが小さければチップLED一つでも十分照らせそうです。
窓ガラスが透明だと室内が丸見えになってしまい、作り込んでいないのが丸わかりになって余計に見すぼらしくなるのが欠点です…

FullSizeRender
そこで、試しに窓ガラスを白色プラ板にして障子風にしてみました。
室内が見えるだけでなく窓全体がぼんやり光るので良い感じです。

IMG_3630
GMキットの印刷窓枠を使った建物は、光らせると印刷が透けてしまって不恰好に…
とはいえ、このような細かい装飾の窓枠はプラ製品では無いですし、エッチングやペーパーのガレージキットも発売されていないので、どう対処するべきか悩みます。

IMG_3631
配線済みチップLEDを基板に付けたCRDにそれぞれ接続して配線しています。
建物を完全な形に仕上げてからLEDの配線を組み込むのは、今回のような小さい建物だとかなり難易度が高くて何度も断線させてしまいました…
また、2階の床を作ってしまうとその上部分へのLED取り付けも困難になってしまい、今回の建物自作は色々と課題が残る結果になってしまいました。
最初からLEDを組み込む前提の設計・パーツ分割にする必要があります。
レイアウトボードとの結線にはピンコネクタで連結する構造にして、レイアウトから建物を着脱できるようにしています。

IMG_4778
建物自体の造形や塗装具合に関しては、第1弾としては一応それなりに仕上げることが出来たと思ってます。
今後作るものは内装とLEDの取り付けを考慮して内部を別パーツ化するのと、1階部分の間口の造りをもう少し凝った感じにしたいですね。


つづく…

どうも。。

石灰石鉱山レイアウトと地方都市レイアウトの架空地方鉄道シリーズでは、電車は車体の切り継ぎや塗装変更などの改造を施してオリジナルのフリーランス車両をいくつか製作して専用車にしていました。
しかし石灰石鉱山レイアウトで重要なポジションになるはずの機関車や貨車は、市販の完成品や鉄コレをそのまま投入している物足りない状況でした。

thumb_IMG_1582_1024
去年のJAMでの車両はこんな顔ぶれでした。
「東武のED5060を譲受し、東武時代の塗色のまま運用している」というザルな設定で無加工(動力組み込みのみ)で走行させていました。
これはこれで気に入ってはいますが、さすがにこれだけでは架空鉄道の世界観に厚みが出ないのと、やっぱりオリジナル車両が欲しいということで、とりあえず1両作ってみることに。

IMG_3668
レンタルボックスで開封売りされていた中古品を購入。
ED14との抱き合わせ販売になっていてこの値段はお得でした。
2両とも地方私鉄にふさわしい機関車なので、手を加えてウチの架空鉄道に編入させたいと思います。

IMG_4720
まずは岳南鉄道のED40形から。
実車は1965年に松本電気鉄道でダム建設資材運搬用に導入され、のちに岳南鉄道に移籍し近年まで貨物輸送で活躍していました。
デッキ付きでD形機という私鉄電機規格でありながら、国鉄型直流電機のようにカーブした前面窓が近代的な印象でとても好きな車両です。
岳南鉄道での貨物輸送が終了したあとも解体されずに留置されていますが、いつか再び走る姿を見てみたいですね。

…一通り鑑賞したら、早速車体をバラしてIPAに漬けて塗装剥離。

IMG_3698
まずはMrカラーの321番で全体を塗装。
そのあと2色に塗り分けるために中央付近をマスキング。

IMG_3702
同じくMrカラーの72番で残りを塗装。
こんな感じの塗り分けになりました。

IMG_3752
デッキの手すりは成型色っぽさが目立つので、これも塗装しました。
ガイアカラーのマルチプライマーを吹いたあとにフラットホワイトを吹いています。

IMG_3746
台車と床下機器はグレーに塗り替えたあとにウェザリングしました。

IMG_3745
屋根も市販状態では明るめのグレーだったのを少し暗めのグレーに塗り替えて、ウェザリングも施しました。
ウェザリングはちょっと均一になりすぎた気がします…

IMG_3754
デッキに手すりを取り付け。
側面 側のボディを繋がる手すりは、ボディと接着してしまうと構造上動力ユニットの取り外しが出来なくなってしまうので、メンテ時を考慮してデッキ側のみ接着するようにしています。
軟質プラなのでプライマーを吹いても塗膜が剥がれやすいです…

あとはヒゲの色差しとライトや窓ガラス類を取り付けて、塗装してストックしておいたパンタを載せて完成です。

IMG_3755
形式名などはまだ決めていませんが、60年代後半に自社発注して今も貨物輸送で主力を担っている電気機関車ということにしたいと思います。
石灰石鉱山から臨港地帯の間を石灰石・セメントや化成品を単機か重連で輸送しています。
電車はクリーム+濃赤系色なので、機関車は青系にしてみました。
こうして斜めから見れば「架空鉄道の車両」に見えますが、正面から見ると国鉄型電機っぽい塗り分けに見えてしまうのが少し引っかかるポイントになりました。
右の電車もおいおい紹介したいと思います。。

IMG_4721
貨物輸送時のイメージ。
ジャンク品で入手したホキ10000は社名板が無くなっていましたが、貨車の社名も架空会社にしようと思っていたのでそのまま架空鉄道部門に編入です。
石灰石鉱山から臨港部の製鉄所への石灰石輸送を担っているという設定にします。

実はまだカプラーがダミーのままですが、市販の台車マウントではデッキ下を大きく切り欠く必要があるので、なんとかボディマウント化改造しようと思います。

IMG_3838

つづく。

どうも。。

前回「地方都市レイアウトを作る:食糧倉庫の自作」の続きです。

食糧倉庫が完成して配置も決まったので、次はその周辺に配置する家屋群を作っていきます。
今回のレイアウトの街並みは、町家が建ち並ぶ歴史ある風景にしたいと思っています。

IMG_9941


IMG_9946


IMG_0672

製作当初は市販品で似合う物を選んで使うことを前提に進めていましたが、やはり自分のイメージに合致する物が少ないのとスペースの都合で、結局自作メインにすることに。。

IMG_3112
基本的にプラ板からフルスクラッチしていきますが、窓枠や扉などの自作が難しいパーツはGMキットから切り出して再現します。
GMの木造建築系ストラクチャーは板厚が他の建物キットと比べると薄めで、窓枠や扉の切り出しがしやすいように感じます。

IMG_3131
側板は「こばる」の下見板を使用。
側面全てに下見板を使うのはもったいないので、隣家とぴったり接する部分は普通のプラ板を使って節約することに。

IMG_3135
窓枠のサイズに下見板を切り抜いて、GMキットから切り出した窓枠を取り付けます。
「こばる」のプラ素材は板厚がそこまで厚くないので、切り出しやすくて助かります。
また、こばる製の下見板とGMキットの木造建築の下見板は板幅がほぼ一緒なので、うまく切り継いで接合すれば違和感が少ないです。

IMG_3133
1階正面の店舗部分は1mmプラ棒で枠を作って、そこにGMの木造建築に付属している透明シート印刷のドアを貼り付けて再現。
LEDを入れたときにどれだけ透けるかが心配です…

IMG_3137
箱組みは2階と屋根裏の間に入れるプラ板から切り出した梁を基準にして組み立てていきます。
これは前回の食糧倉庫を自作したときに考えた工法で、これによって組み立て時の上下左右のズレを減らしつつ強度もだすことができます。

IMG_3140
屋根は片側だけが部屋になっている、少し変則的な造りにしてみました。
形状が対称ではないのでプラ板の切り出しを間違えないようにするのに気を遣います…

IMG_3141
町家の裏手側がどういう造りになっているのかが、ネットやストリートビューで調べてもわからなかったので、ここはGMキットをそれっぽく切り継ぎしてごまかすことに。。
この建物は交差点に面して配置されるので側面にも窓と扉を設けています。

IMG_3142
屋根瓦は「こばる」の物を使用しました。
食糧倉庫の製作ではGM製を使いましたが、加工のしにくさ(裏側の窪みを修正する必要がある)や瓦の形状があまり馴染みが無い感じだったので、今回はこばる製に。
近年に発売された物なのでGM製よりも成形がシャープなのと、鬼瓦が付属しているのもポイント高いです。

IMG_3145
こんな感じで初期製作分として3棟が形になりました。
基本的に間口は全てGMキットの切り継ぎですが、手前の建物の1階部分だけはプラ角棒で梁を組んでGMキットの窓サッシパーツ(塩ビシートに印刷された物)を貼る方式なのでがらんどうです。

IMG_3143
鬼瓦を取り付けたら、いよいよ塗装に入ります。

どうも。。

まだ石灰石鉱山レイアウトは製作途中ですが、新たにレイアウトを作り始めてしまいました。

IMG_1993
今度は地方都市を舞台にしたレイアウトで、サイズは前回の石灰石鉱山と同じ900mm×450mmです。
石灰石鉱山から田園地帯と地方都市を抜けて臨港地帯まで続く、ウチの架空地方私鉄シリーズの一つになります。
まだ線路の仮配置と建物類のモックアップを並べた状態です。

大まかな構想の決まった建物から早速作っていくことに。
まずは側線横に配置する食糧倉庫を製作します。

イメージとしては、かつて酒田港にあった食糧倉庫(現存せず)のほか、北鉄石川線西泉駅から分岐していた倉庫をモチーフにしています。
thumb_IMG_1013_1024

thumb_IMG_0665_1024
西泉駅の専用線跡(2018年5月 敷地外から撮影)。

上の全景写真に写っているモックアップで寸法は確定したので、それを元にプラ板を切り出していきます。
FullSizeRender
基本的に0.5mmのプラ板を使っていて、ドアを貼り合わせなどで干渉する部分以外は重ね貼りして補強しています。

IMG_2173
四隅と屋根に接する部分に2mm角棒で補強を入れて箱組みしました。

IMG_2218
屋根はGMの瓦屋根を切り出して使用します。
角度を合わせて接着し載せてみたところ、屋根と建物本体との間に物凄い隙間が…
箱組みした際に垂直が出ていなかったせいで精度がグダグダになっていたという、とても恥ずかしい欠陥建築になってしまいました…
どうやって修正するか悩みましたが、ガッチリ固めた接着を剥がして直すとまた別のズレが出来そうなので、思い切って一から作り直すことに。

IMG_2281
修正版では天井部に1mmプラ板から切り出した梁を設けて、これを基準に側面パーツを貼り付けていく工法にしました。
これによってズレが出ずに済んで屋根を載せたときのズレも無くなりました。

IMG_2440
GMの屋根瓦は厚めなのと裏側に切り出し用?の凹みが付いているのが地味に加工しずらいです。
凹みが断面に出ると不恰好なので、その都度パテなどで埋める必要があります。

IMG_2463
付属の鬼瓦を両端に付けて、中間部は1mm丸棒を使用しました。
欲を言えば中間部も瓦表現が欲しいですが、それっぽくなる素材が今のところ見つけられていません…

IMG_2467
線路側に取り付ける屋根は「こばる」の波板から。
梁はジャンクセールで買ったGMのローカルホームの柱を切り出して使用します。

IMG_2474
パーツが揃ったので塗装に。
建物本体はMrカラーのセールカラーを使用し、下部は同じくMrカラーの515番に明るめのグレーを調色して吹きました。
扉はガイアカラーのオキサイドレッドを使用。

IMG_2475
屋根は日本海側でよく見かける黒い屋根瓦をモチーフにしたかったので、光沢のあるブラックに。
瓦の地色を再現したくて下地にオキサイドレッドを吹き、ブラックにも少しだけオキサイドレッドを混ぜて吹いています。
黒吹き後にダークグレーでランダムに筆塗りして古びた瓦を再現してみましたが、このあと明るめのグレーでウォッシングしたら目立たなくなってしまいました…

IMG_2490
ウェザリング後に適当なストラクチャーキットに付属していた「火気厳禁」のシールを貼り付けたあとに、つや消しクリアを吹いて完成です。
今回の地方都市レイアウトでは建物にLEDで照明を入れてみようと思っていますが、食糧倉庫は窓が全く無いので入れていません。


IMG_2727
扉は外吊り式を採用しています。
それぞれの扉の上には番号シールを貼ってみました。
塗装した直後は明るすぎる気がした外壁色は、ウォッシングしたおかげで落ち着いた色合いに。

瓦屋根の建物の自作はこれが初でしたが、今回の製作で歪みを無くす組み方や色合いの加減などの感覚がわかったので、次は一般家屋を作ってみようと思います。

つづく。

どうも。。

前回「Nナローの鉱車編成を自作してみる(1)」の続きです。

thumb_IMG_1407_1024
グランビー鉱車と人車はひとまず形になったので、今度は機関車を作っていきます。

DSCN0931
機関車はかつて関東の某石灰石鉱山で活躍し、廃止後は鉱山近くの小学校の敷地で長らく静態保存されていたB軸ELをモチーフに製作します。
1/150スケールで再現するには、あまりにも低い全高や櫓状のパンタ台など難易度がかなり高そうです…
今回は人車に動力ユニットを入れる前提で、機関車は非動力車として製作するのでモーターと車体サイズ
の兼ね合いは考えずに済みますが、パンタ台は非常に細くて角棒でも製作が大変かもしれません。

thumb_IMG_1424_1024
メモ書き程度に作図してサイズ検討したあとにプラ板から車体パーツを切り出し。
キャブの扉は窓なしの外吊りタイプに。
軸受けは当初エッチングパーツを使って精密化する予定でしたが、精度がグダグダなプラ板切り出しボディとのあまりにも合わなかったので、結局これもプラ片でお茶を濁しています…

thumb_IMG_1428_1024
屋根は人車と同じくGMエコノミーキットの残骸から屋根板を切り出して使用。
画像には写っていませんが、このあとキャブ内部に補強用&窓ガラス固定用に角棒を追加しています。
グランビー鉱車にナベ部分の軸表現のリベットパーツやナベ転倒タイヤを追加したあと、編成すべて一気に塗装作業に入りました。

thumb_IMG_1543_1024
グランビー鉱車の車体色はMrカラーの321番を基本色にして、ガイアカラーのニュートラルグレー4とMrカラーの73番を1割ずつ程度混ぜて調色。
少し青みが掛かったベージュ気味のグレーを目指して色を作ってみました。
台車は塗料が載りにくいプラかもしれないので、念のため先にガイアカラーのマルチプライマーを吹いておきました。

IMG_1653
JAM直前に大急ぎで製作したため写真を全然撮っていなくて、いきなり完成画像になります。。
ライトはWAVEのプラパーツで、連結器受けは凹型棒材から製作。

ボディはMrカラーのエアクラフトグレーで塗装。
キャブ側の連結器はダミーにしました。

IMG_1654
パンタはTOMIXの253系の物を赤く塗装して搭載。
パンタ台座は棒材sw櫓状に組んで再現したかったですが、JAM当日に間に合わなそうだったので結局プラ板を逆凹字型に組んで代用することに…

IMG_1655
こちら側は台車に付いているアーノルドカプラーを無加工で装備していて、機関車の後ろに連結される動力車と推進運転したときの安定性確保と、鉱車との連結作業が楽に出来るようにしています。
Zショーティーの台車は集電板が入っているのでやろうと思えばヘッドライト点灯化も出来そうですが、今回は製作時間的に省略しました…
もったいないのでいつか点灯化はチャレンジしたいですね。

IMG_1651
人車は当初はモデルにした一円電車の人車のような目立つカラーリングにしようかと思っていましたが、塗り分けが大変そうなのと石灰石鉱山の風景に馴染む色合いにしたほうが良さそうということで、いろいろ試し吹きしながら調色してツートンカラーに。
屋根も無難に暗めのグレーにしました。

IMG_1652
人車ボディはただ単に動力ユニットに被せるだけの構造で、動力の交換やメンテに備えて固定は一切しないでおきました。

IMG_1657
グランビー鉱車は5両が竣工しました。
出来ればナベ内部に載せる鉱石パーツを作りたかったですが、これも時間的に叶わず…
ウェザリングが濃い気がするので今度もう少し石灰汚れ気味に修正したいです。

IMG_1659
機関車や動力入り人車と連結する鉱車だけ片側をアーノルド装備にしましたが、Zショーティーのカプラーはバネにプラ板が使われていて、マスキング無しで塗って固着してしまうと復活させるのが大変です…
カプラーポケットの蓋も溶着固定されている方式のため交換作業が実質出来ないので、ここは今後製作するときの注意ポイントでした。

FullSizeRender
以前公開した「Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました」で製作したグランビー鉱車と比較。
実車通りの台枠内軸受けで車輪がむき出しになっていた従来車に対して、今回製作した車両はZショーティー新幹線タイプの台車がそのまま付いています。
車輪も台車に隠れて見えなくなっていますが、新幹線タイプの台車はボディと干渉しないように簡素な造形で薄く作られていて、なおかつモールドが軸受けとダンパのみなので、実物の鉱車とは違いますがこれはこれで産業用車両的な飾り気の無さが出ている気がします…

IMG_1660
これでJAM当日に走らせる編成が一応形になりました。。
もっと手を加えたい箇所は沢山ありますが、それはもう次回製作に回しましょう。

thumb_IMG_1537_1024
JAM直前に新発売になったZショーティーシリーズのコンテナ貨車。
貨車なのでそのままでもNナロー鉱山鉄道に合いそうですが、せっかくなので塗装してみることに。

IMG_1656
グランビー鉱車と同色で吹いてみました。
鉱山内での資材運搬用の長物車という設定で存在しても違和感なさそうです。
先ほどの鉱車と同じく、塗装のせいでカプラーの首振りが鈍くなってしまって走行はおあずけに…

thumb_IMG_1594_1024
…ということで、なんとかJAM当日に鉱山鉄道編成を走らせることが出来ました。

thumb_IMG_1568_1024

Twitterにアップした走行動画も改めて載せておきます。


Zショーティーの動力ユニットの低速でもスムーズに走る性能と転がり性能の良いトレーラー車のおかげで、急曲線で鉱車5両+トレーラー機関車を牽引しながらJAM開催期間の3日間ノートラブルで走り続けてくれました。
見に来て頂いた方からも、Nゲージに比べて非常に小さなNナローの鉱山鉄道が走行する姿はとても印象的で楽しいと言って頂けたので、ディテールを多少妥協してでも走らせることを目標にして完成させて良かったと思います。

thumb_IMG_1584_1024
肝心のレイアウトがまだ完成していないので、引き続き製作を進めていきます。。

つづく。

↑このページのトップヘ