mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

どうも。。

前回「Nナローの鉱車編成を自作してみる(1)」の続きです。

thumb_IMG_1407_1024
グランビー鉱車と人車はひとまず形になったので、今度は機関車を作っていきます。

DSCN0931
機関車はかつて関東の某石灰石鉱山で活躍し、廃止後は鉱山近くの小学校の敷地で長らく静態保存されていたB軸ELをモチーフに製作します。
1/150スケールで再現するには、あまりにも低い全高や櫓状のパンタ台など難易度がかなり高そうです…
今回は人車に動力ユニットを入れる前提で、機関車は非動力車として製作するのでモーターと車体サイズ
の兼ね合いは考えずに済みますが、パンタ台は非常に細くて角棒でも製作が大変かもしれません。

thumb_IMG_1424_1024
メモ書き程度に作図してサイズ検討したあとにプラ板から車体パーツを切り出し。
キャブの扉は窓なしの外吊りタイプに。
軸受けは当初エッチングパーツを使って精密化する予定でしたが、精度がグダグダなプラ板切り出しボディとのあまりにも合わなかったので、結局これもプラ片でお茶を濁しています…

thumb_IMG_1428_1024
屋根は人車と同じくGMエコノミーキットの残骸から屋根板を切り出して使用。
画像には写っていませんが、このあとキャブ内部に補強用&窓ガラス固定用に角棒を追加しています。
グランビー鉱車にナベ部分の軸表現のリベットパーツやナベ転倒タイヤを追加したあと、編成すべて一気に塗装作業に入りました。

thumb_IMG_1543_1024
グランビー鉱車の車体色はMrカラーの321番を基本色にして、ガイアカラーのニュートラルグレー4とMrカラーの73番を1割ずつ程度混ぜて調色。
少し青みが掛かったベージュ気味のグレーを目指して色を作ってみました。
台車は塗料が載りにくいプラかもしれないので、念のため先にガイアカラーのマルチプライマーを吹いておきました。

IMG_1653
JAM直前に大急ぎで製作したため写真を全然撮っていなくて、いきなり完成画像になります。。
ライトはWAVEのプラパーツで、連結器受けは凹型棒材から製作。

ボディはMrカラーのエアクラフトグレーで塗装。
キャブ側の連結器はダミーにしました。

IMG_1654
パンタはTOMIXの253系の物を赤く塗装して搭載。
パンタ台座は棒材sw櫓状に組んで再現したかったですが、JAM当日に間に合わなそうだったので結局プラ板を逆凹字型に組んで代用することに…

IMG_1655
こちら側は台車に付いているアーノルドカプラーを無加工で装備していて、機関車の後ろに連結される動力車と推進運転したときの安定性確保と、鉱車との連結作業が楽に出来るようにしています。
Zショーティーの台車は集電板が入っているのでやろうと思えばヘッドライト点灯化も出来そうですが、今回は製作時間的に省略しました…
もったいないのでいつか点灯化はチャレンジしたいですね。

IMG_1651
人車は当初はモデルにした一円電車の人車のような目立つカラーリングにしようかと思っていましたが、塗り分けが大変そうなのと石灰石鉱山の風景に馴染む色合いにしたほうが良さそうということで、いろいろ試し吹きしながら調色してツートンカラーに。
屋根も無難に暗めのグレーにしました。

IMG_1652
人車ボディはただ単に動力ユニットに被せるだけの構造で、動力の交換やメンテに備えて固定は一切しないでおきました。

IMG_1657
グランビー鉱車は5両が竣工しました。
出来ればナベ内部に載せる鉱石パーツを作りたかったですが、これも時間的に叶わず…
ウェザリングが濃い気がするので今度もう少し石灰汚れ気味に修正したいです。

IMG_1659
機関車や動力入り人車と連結する鉱車だけ片側をアーノルド装備にしましたが、Zショーティーのカプラーはバネにプラ板が使われていて、マスキング無しで塗って固着してしまうと復活させるのが大変です…
カプラーポケットの蓋も溶着固定されている方式のため交換作業が実質出来ないので、ここは今後製作するときの注意ポイントでした。

FullSizeRender
以前公開した「Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました」で製作したグランビー鉱車と比較。
実車通りの台枠内軸受けで車輪がむき出しになっていた従来車に対して、今回製作した車両はZショーティー新幹線タイプの台車がそのまま付いています。
車輪も台車に隠れて見えなくなっていますが、新幹線タイプの台車はボディと干渉しないように簡素な造形で薄く作られていて、なおかつモールドが軸受けとダンパのみなので、実物の鉱車とは違いますがこれはこれで産業用車両的な飾り気の無さが出ている気がします…

IMG_1660
これでJAM当日に走らせる編成が一応形になりました。。
もっと手を加えたい箇所は沢山ありますが、それはもう次回製作に回しましょう。

thumb_IMG_1537_1024
JAM直前に新発売になったZショーティーシリーズのコンテナ貨車。
貨車なのでそのままでもNナロー鉱山鉄道に合いそうですが、せっかくなので塗装してみることに。

IMG_1656
グランビー鉱車と同色で吹いてみました。
鉱山内での資材運搬用の長物車という設定で存在しても違和感なさそうです。
先ほどの鉱車と同じく、塗装のせいでカプラーの首振りが鈍くなってしまって走行はおあずけに…

thumb_IMG_1594_1024
…ということで、なんとかJAM当日に鉱山鉄道編成を走らせることが出来ました。

thumb_IMG_1568_1024

Twitterにアップした走行動画も改めて載せておきます。


Zショーティーの動力ユニットの低速でもスムーズに走る性能と転がり性能の良いトレーラー車のおかげで、急曲線で鉱車5両+トレーラー機関車を牽引しながらJAM開催期間の3日間ノートラブルで走り続けてくれました。
見に来て頂いた方からも、Nゲージに比べて非常に小さなNナローの鉱山鉄道が走行する姿はとても印象的で楽しいと言って頂けたので、ディテールを多少妥協してでも走らせることを目標にして完成させて良かったと思います。

thumb_IMG_1584_1024
肝心のレイアウトがまだ完成していないので、引き続き製作を進めていきます。。

つづく。

どうも。。

事後報告になってしまい申し訳ありませんが、先週ビックサイトで開催された「第19回国際鉄道模型コンベンション」に出展いたしました。

thumb_IMG_1572_1024
今回は知り合いの方と合同で「Nゲージで作る鉱山(ヤマ)の鉄道」と題して出展しました。
自分はこのブログで散々やっている石灰石鉱山レイアウトで参加し、知り合いの方は今回のJAMのテーマである「北海道」に沿って道内の炭鉱や石炭積み込み駅のジオラマで出展。

thumb_IMG_1564_1024
JAMどころか公開系のイベントは初参加でしたが、余裕あるはずだった製作時間があっという間に過ぎてしまい、結局作りかけの情けない状態で公開するはめに…
単にレイアウトを置いただけでは何がなんだかわからないと思ったので、石灰石鉱山レイアウトの解説をプリントして置いておきました。

thumb_IMG_1568_1024
レイアウト本体は製作時間切れで悔いの残る状態になってしまいましたが、逆に個人的に今回一番うまくいったのが上部軌道だと思っています。
坑内機関車・人車(動力入り)・グランビー鉱車5両の鉱山編成で、製作に使用したロクハンZショーティーの動力ユニットと安定したスロー走行とトレーラー車輪の転がりの良さで無事に3日間の開催中ノートラブルで低速運転を続けてくれました。
車体はフルスクラッチだったのでプロポーションや配色が似合うか不安でしたが、なんとかレイアウトの雰囲気に収まる形になったと思います。

せっかくなのでTwitterにアップした走行動画も貼っておきます。



thumb_IMG_1561_1024
山の裏手にあるアーチ橋周辺は、地形調整の難しさと工期の都合から本線と上部軌道の立体交差を諦めて、本線はトンネル化してアーチ橋の下は平地にして簡略化しました。
スチレンボードを本線上に貼って地面色を塗って仕上げているだけなので、もしかしたら今後再造成して立体交差を復活されるかもしれません。

thumb_IMG_1593_1024
工場区画は上部軌道からの積み下ろし施設・本線貨車への積み込みホッパー・段々屋根の建物の3つしか用意出来ない有様でした。
「どうせ建物で隠れてしまうけど一応ウェザリングしておこう…」と思って仕上げたコンクリ壁の汚れが賑やかしに役立ってしまうことに…
高さ方向と奥行きに制約のある場所に隣接施設とのつながりを考えて建物を設計・製作するのは予想以上に難しくて、ここでスランプに陥ってしまいました。
本線や留置線のバラスト散布すらも完了できなくて、本当に情けないです。

斜面はテクスチャペイントを塗ってパウダーを撒いた地面に、塗装したオランダフラワーを植えて冬枯れの山を再現しています。
石灰石鉱山レイアウト製作でやりたいことの一つだった冬枯れの情景も、オランダフラワーのおかげである程度それっぽく見える景色になった気がします。
もう少し植生のバリエーションを増やしたかったのと、搬入方法の都合で枝が弱いオランダフラワーは現地で設置後に植えなくてはいけなかったので、一日目は半分程度しか樹木が植えられていない状態を晒してしまったのも心残りで今後改善しないといけない点です。

thumb_IMG_1582_1024
本線系車両に関しても今年度に新規製作できた車両はゼロという有様…
数年前に作ったフリーランス車両に活躍してもらいました。
今見るととても恥ずかしい出来ですが、フリーランス電車をメインに走らせたおかげで架空の風景であることがわかりやすくなったかと思います。

thumb_IMG_1573_1024
石灰石鉱山からセメント工場への原石輸送列車ということでホキ10000を配置し、牽引機は東武からの譲渡機という設定で。
いずれは機関車も貨車もフリーランス化したいと思ってます。

平地部分の構造物も結局何も設置できませんでした。
以前はここにセメント工場と積み込み線を作る予定でしたが、改めて考えると武州原谷駅や三ヶ尻のように石灰石鉱山とセメント工場は鉄道輸送が必要になるくらい離れた距離にあるべきでは?と思ったので、平地部分は計画変更するかもしれません。

thumb_IMG_1584_1024
イベント関係は初参加であったのと目標だった完成ラインまで製作できなかったので、開始前はどうなることかと不安でいっぱいでしたが、予想以上に多くの方に足を止めて見て頂いて本当にありがとうございました。
ブログやTwitterを見ていらして頂いた方にも何名か声を掛けて頂いて、とても楽しい時間でした。
今後も模型製作もブログも懲りずに続けていきますので、よろしくお願いします。。

他の出展者の方の作品も拝見しましたが、見てばかりで撮影をほとんど忘れていたのがすごく心残りです…
特にジオラマ作品は非常に精巧なものから独特のデフォルメで惹きつけられる作品までいろんな方向性のものが一堂に会していて、とても刺激になりました。
自分ももっとクオリティ面も製作ペースも上げていきたいところです…

つづく…?

どうも。。

以前、1/150スケールで6.5mm軌間のナローゲージとしてグランビー鉱車をプラ板からフルスクラッチしました。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

thumb_IMG_2591_1024
外観上はそれなりに出来ましたが、実車通りに軸受けを内側に配置したのが災いして走行抵抗が非常に大きく、運転して遊べるものにはなりませんでした。
しかし、石灰石鉱山レイアウトでは走行する鉱石運搬列車の存在が外せないと思っていたので色々と策を考えていたら、こんな商品が新発売されました。

IMG_1527
Zゲージを精力的にを展開しているロクハンから発売された、Zショーティーです。
某Bトレインの1/220スケール版のような短縮デフォルメ車両で、足回りがダミーの車体セットに別途走行用の足回りを取り付けて遊ぶスタイルです。
台車はDT33のような形状のノーマルタイプと平たいデザインの新幹線タイプの2種類で、それぞれ動力・トレーラーが発売されています。
発売直後から一部界隈では話題になっていたので、自分もNナロー素材として購入してみました。

試しに走行させてみたところ、片台車駆動ですが思った以上にスムーズに走ってスローも結構効いて、かなり良い感じでした。。
トレーラー台車は集電板のピポット軸受になっていて転がりが非常に良く、手頃な値段ですがとても満足度の高い製品でした。
この動力ユニットとトレーラー台車を使えば安価に安定走行可能な鉱石列車が作れそうなので、早速追加購入して製作に取り掛かることに。

thumb_IMG_1401_1024
鉱車は実車通りの内側軸受を諦めてZショーティー台車をポン付けする方式に。
飾り気のない新幹線用台車は鉱車のような産業用車両にもそのまま使えるデザインに見えます。

thumb_IMG_1402_1024
今現在発売されているZショーティーはライト点灯しませんが、将来的に点灯に対応するのかトレーラー台車には集電板が付いています。
今回は鉱車からは集電する必要が無いので車体と干渉する部分のみ切り落としました。

thumb_IMG_1403_1024
以前のグランビー鉱車製作で作りかけのまま放置していたナベをそのまま流用して、台車を取り付けます。
メンテナンスを考慮してネジ止めにしたかったですが、余裕の無い造りのため断念して瞬着で固定。

thumb_IMG_1404_1024
線路に載せてみるとこんな感じに。
新幹線タイプの台車が思ったよりも違和感ない気がします。
転がり性能が非常に良く、これなら無加工のZショーティー動力で複数両を牽引できそうです。

肝心の動力車ですが、やはり動力は機関車に…と思い動力ユニットのサイズに合わせて坑内機関車風のボディを作ってみました。

thumb_IMG_0145_1024
キャブはGMの保線車両から流用し、動力ユニットの高さギリギリに車体を設計しましたが、どうにも坑内機関車っぽくなりません…
鉱山用機関車はサイズがかなり小さいものばかりなので、模型で動力ユニットを入れて再現するのは非常に難しいです。
いろいろ考えた結果、機関車に動力を入れるのは諦めて、その代わり車体サイズに余裕も持たせられる人車を作り、それに動力ユニットを組み込んで走行させるユーレイ方式にすることに。

thumb_IMG_1406_1024
石灰石鉱山で鉱車と一緒に人車が連結されて運転されていた例は正直見たことが無いですが、そこはデフォルメということに…
人車は「一円電車」で使われていた物をイメージして製作してみます。
0.3mmプラ板から側板と妻板を切り出して作りました。

thumb_IMG_1407_1024
屋根はGMエコノミーキットの余りパーツから切り出しました。
人一人がギリギリ入れるレベルのとても狭いドアと建築用のような質素な窓サッシで作られた、いかにも鉱山の検車場で自製されたような車両にしてみました。

thumb_IMG_1409_1024
動力ユニットはノーマルタイプを使用。
モーターとウェイトが体積ギリギリに詰まっていて小型化の余地は無いですね。

thumb_IMG_1408_1024
横から見るとこんな感じ。
鉱車よりもだいぶ全高が高いですが、それでも人が乗るには屈まないといけないくらいの小さい人車です。
ドア下にステップを付けたかったですが、台車が振れたときに干渉してしまうで諦めました。
連結器はアーノルドのまま使うことにしましたが、鉱車同士は間隔を縮めるために真鍮線で連結させます。
電気機関車を作ったあとに塗装に入ろうと思います。

つづく。

どうも。。

ものすごく久々のレイアウト製作記事です。
間があいてしまって申し訳ありません…

毎度毎度言うのも恥ずかしいですが、再び石灰石鉱山レイアウトの製作を再開しました。
今までは地形や地面を作るのが先か、建物を作るのが先かで悩んで、結局全然進まなくなる現象に何度も停滞していました。
これではもうキリがないので、大まかな建物を先に作ってから地形を建物に合わせていくプランで進めることにしました。

石灰石鉱山の工場建築はかなりの数の自作建築が必要になりますが、その中でも線路上に配置されて貨物列車と直接関わりのある、積み込みホッパーを作っていこうと思います。
入り組んだ工場設備を一から考えていくのはとても大変なので、石灰石のゴール地点でもあるホッパーを先に作っておけば設備の順序も割り出しやすくするという目的もあります。

DSCN0684
石灰石積み込みホッパーの例(秩父鉄道影森駅側線)。
今まで数多くの石灰石鉱山を見に行ってきましたが、その中でも現役で本線鉄道の貨物輸送が行われていて規模も大きく、自分のイメージにも合っていた影森駅の構外側線にある物を主なモチーフにして作っていきます。
今回作るのは1線分で長さも貨車1両分なのでかなりデフォルメすることになりますが、コンクリ製の土台部分にトタン張りの構造物が載った方式を再現して作ってみます。

thumb_IMG_3170_1024
土台となるコンクリ部分は当初はプラ角棒やプラ板で自作する予定でしたが、ジャンクセールで買っておいたGMの中型駅キットの側板を加工して作れそうだったので試してみることに。

thumb_IMG_3171_1024
こんな感じで側板の柱部分だけを切り出すとホッパーの土台部分に近い形状になります。

thumb_IMG_3173_1024
裏側は肉抜きされているのでプラ板で柱部分を塞ぎます。
そのままの厚さでは柱にしては薄すぎるので1mmプラ板を使って拡幅しました。

thumb_IMG_1081_1024
中央部を1mmプラ板とプラ角棒で繋いでホッパーの形に。
貨車を通してみたところ高さが若干低めだったのでプラ角棒で柱を延長しました。

thumb_IMG_1053_1024
上部の構造物はプラ板とプラ角棒からの自作です。
WAVEのグレーのプラ板は少々お高いですが、白いプラ板に比べて形状把握がしやすいです。

thumb_IMG_1054_1024
窓枠の厚みが目立たないように外板は0.3mmプラ板を使用していますが、それだけでは強度不足なので内側に0.5mmプラ板を貼り、各サイドには2mm角棒で梁を付けて強度を確保しました。

thumb_IMG_1064_1024
窓のほかにGMの建物キットから切り出した排気ダクトを取り付け。
屋根も0.5mmプラ板で製作します。

thumb_IMG_1073_1024
建物が形になったらトタン板を貼っていきます。
トタン板は海外メーカーから発売されているアルミ製の模型用トタン材で、GMのコルゲート板よりも若干波が大きめです(HOスケール製品のようです)。
下から順番に0.5mmずつ下端を被せて段々になるように貼り付けていきます。
金属パーツなので当初は瞬着で付けていましたが、少しの衝撃でもパリパリ剥がれてしまうので結局ゴム系接着剤を使いました。

thumb_IMG_1074_1024
ここまで作って、上部構造物への出入り通路が無いことに気づきました…
上部への経路をいろいろ考えた結果、ジオコレの「コンビナートD 積み出し所」に入っている階段パーツを加工してホッパーに外階段を設置することに。

thumb_IMG_1077_1024
こんな感じで階段を接続してみました。
階段の位置に合わせて出入り口も追加製作しました。
ドアはトタンを剥がしてプラ板地にして、ドアノブ代わりに真鍮線を埋め込んだだけの簡易表現ですが、一応ドアに見れるかと思います。。
まだ仮組みなので宙に浮いた状態ですが、完成時は階段にも柱を取り付けます。

thumb_IMG_1066_1024
とりあえずシルエットは出来たのでレイアウトに仮置き。
思ったよりもサイズが大きくて背後の工場群が隠れてしまいそうです。
貨車とのバランスはなかなか良い感じなので、このままトタンを貼って塗装に入ろうと思います。

つづく。。

どうも。。

3月末に18きっぷを使って1泊2日で美濃赤坂の西濃鉄道を見に行ってきました。

thumb_IMG_9872_1024
18きっぷで延々と鈍行で大垣まで行くので、何度か乗り継ぐ必要があります。
比較的空いていた島田行きに乗ってきて、乗り継ぐ次の電車まで時間が空いているので、少し寄り道していくことに。
今回も例によって折り畳み自転車を輪行して来ているので、島田駅から自転車を展開して大井川鐡道の新金谷駅方面へ。

thumb_IMG_9874_1024
島田駅周辺にはかつての専用線跡がいくつかあって気になりますが、今回は割愛…
大井川の橋を越えるとすぐに新金谷駅に着きます。
あえて駅には直接向かわずに、新金谷駅から分岐している構外側線である通称「大代側線」へ。

DSC07130
大代側線は元々大井川で採取した砂利を搬出する引き込み線だったそうですが、用途廃止後もそのまま残り、いつしか大井川鐡道で活躍し運用から外れた車両達が留置(放置)される場所になっていました。
上の画像のように線路が道路に面して広い作業空間があるので、車両の搬入・搬出もここで行われています。
このときはちょうど元京阪3000系が分割されて留置されていました。
なにやら重機が何台か待機していましたが、この理由は帰宅後に知るのでした…

DSC07131
かつては2桁に迫る数の車両が留置されていましたが、現在は整理・解体されてだいぶ減ってしまいました。
しかし戦前製のチキなどは今でも現存しています。。

DSC07132
動態保存されている蒸気機関車に部品を供出して、なおも部品取り車?として残っているC11。
その前には様々な台車が置いてありますが、これも大井川鉄道で活躍している車両が履いてる車両と同型の物で部品取りだと思われます。

DSC07137
側線の最深部へ…
雑草が生い茂って線路が見えない状態の場所だったはずが、いつの間にか線路まわりが綺麗に草刈りされていました。

thumb_IMG_5321_1024
ちなみに去年のほぼ同じ時期(3月)にも訪問していました。
このときはまだ最深部に元京阪の2両編成やホキ800・チキが留置されていました。
それが今回は全て手前側の舗装面に接する部分まで移動されています。

DSC07134
車両が移動して草が刈られたことで今までなかなか見る事ができなかった側線最深部の全貌を見ることが出来ました。
枝分かれした線路は全て奥で再び合流する配線になっていて、機回しが可能になっていたんですね。
架線柱は残っていますが架線は撤去されて非電化されています。
新緑の山肌と草むした線路の組み合わせが良い感じです。

DSC07141


DSC07150
よく見るとレール踏面に雑草が踏み潰された跡があって、車両が移動したことがわかりますね。

DSC07153
敷地の境界がわからず一応線路敷には入りませんでしたが、最深部付近から河川敷に抜ける獣道があったので通り抜けてみることに。
雑草に埋もれてわかりにくいですが、簡素な車止めが設置されていました。

DSC07152
獣道から側線を望む。
ここ数年で全体をこれだけ見渡せたのは珍しかったはずです。
刈られた雑草や移動された車両に謎を残しつつ、側線をあとにしました。

DSC07154
新金谷駅ではちょうどSLの入れ換え作業中でした。
検査上がりで綺麗なE33も良いです。。



数日後にTwitterを見ていたときに思わぬ情報が…
大代側線に重機が入り、あの最深部の線路が剥がされて建物の基礎のような物が出来始めているというものでした。
また、元京阪のうち1両が自分が訪問した数日後に解体されたようです。

DSC04652


DSC04615


DSC04659

あの廃車体の並ぶ側線が見れないのは残念ですが、今後この側線がどう変わっていくのか注目していきたいですね。

おわり。

↑このページのトップヘ