mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

どうも。。

前回「のと鉄道のNT200形を自作してみる(7):パーツの取り付け」の続きです。

車体製作が一通り終わったので、床板などの下まわりを作っていこうと思います。
製作を始めた当初は鉄コレ19弾の床板と床下機器を使う予定でしたが、19弾の第2世代NDCと第3世代NDCであるNT200形では床下機器の形状も台車間距離も違っていたので、改めて考え直すことに。
いろいろ探しましたが、KATOのキハ110系の床下機器が一番近い形状だったので、Assyパーツを手に入れてベースにしました。


IMG_6875
リニューアル後初めてのホビーセンターカトーに行って、キハ112の床下セットを購入。。
キハ110〜112で床下機器の造形はどれも同じで、どれを使っても良かったので一番安かった112に…
運転台側のカプラーの違いやライトユニット台座の有無で価格差があるみたいです。


IMG_6863
キハ110系は20m級なので18m級のNT200形に使うには切り接ぎで短縮化する必要があります。
短縮と同時に車端部のKATOカプラーの切り取りとNT200に合わせて床下機器の撤去を行いました。


IMG_6881
ゴム系接着剤で床板を慎重にまっすぐ固定して、固着したら足りない床下機器を取り付けていきます。
キハ110に着いていた機器の並べ替えがメインですが、一部鉄コレ19弾の物も使用しています。


IMG_6886
車内パーツも床板の長さに合わせて切り詰めました。
TNカプラーはプラ板をスペーサーにしてゴム系接着剤で固定。
座席の向きをNT200形と同じにするために、市販状態から逆向きに変えています。
車端部には鉄コレの車内パーツから運転台を切り出して取り付けて、トイレ部分の仕切りもプラ板で作ってみました。


IMG_6897
台車は一般的なビス止め方式ですが、片側のみ車内パーツ側にビス受けが付いていて改造した車内パーツと合わなくなってしまったので、切り取って車体側に移設。
面をフラットにしてプラ板を挟んでネジ止め時に動かないように固定しています。


IMG_6888
スカートはGMの東武8000系の物を加工して使うことに。
両サイドの傾斜と底部を削り、四角い形状に変更。
床板側に取り付けるので両端以外ののりしろはカットしました。


IMG_6889
スノープラウはキハ112のスカートから切り出して移植しました。
キハ112は片運転台なので、今後の製作では足りない分を別に用意しないといけません。


IMG_6890
ガイアカラーのマルチプライマーを吹いたあと、ガイアカラーの鉄道模型用・ねずみ色1号で塗装。


IMG_6892
TNカプラーの裏側からゴム系接着剤で固定しました。


IMG_6893
完成した下まわりにボディを被せると、こんな感じに…
車体とスカートの隙間が出来ずに上手く収まりましたが、もう少し天地方向が大きめでも良かったかもしれません。
前回屋根上のベンチレーターの方向を間違って取り付けていたので、一旦外して修正しています。


IMG_6902
製作期間が長くなってしまいましたが、ようやく形になってきました。。
あとは最後の調整をして完成にしようと思います。


つづく。 

のと鉄道のNT200形を自作してみる(9):1両目の完成
 

どうも。。

前回「のと鉄道のNT200形を自作してみる(6):車体の塗装」の続きです。

車体の塗装が終わったので、いよいよ仕上げ段階に。

IMG_6770
車体は光沢クリアで、屋根はつや消しクリアをそれぞれマスキングして吹きました。


IMG_6866
屋根上機器はGMのAU26J-Aを塗装して使用。
クーラーはガイアカラーのライトステンレスシルバーとニュートラルグレー2で塗り分けていて、それ以外は同じくニュートラルグレー2で塗装。
実車の画像を元にゴム系接着剤で固定しました。


19
のと鉄道のロゴもGIMPで製作しましたが、印刷環境の設定が何故かうまく合わなくなって綺麗に印刷できず…
なので今回はロゴ無しで完成ということに。
いまだにソフト面は全く使いこなせていない状態で、ラッピング車の完成はかなり雲行きが怪しい感じに…
Mac+無料ソフトという組み合わせなので相当ハードルが上がってるかもしれないです。
素直にPhotoshopを買ったほうが良いのかもしれません。


IMG_6869
側面の窓ガラスはGMの板キットに付属している塩ビシートを貼り付けました。
貼り付け作業時に側板の一部にヒビを入れてしまうトラブルが…
0.3mm板のみで出来ている箇所だったので、今後の製作では補強を入れようと思います。


IMG_6871
前面ガラスも塩ビ板からの切り出しで製作。
画像にも写ってますが、この作業中に車体の角が削れてしまいました。
パテと瞬着で製作したところで、強度が低かった部分です。
他にも塗装を削ってしまって仕方なく上塗り修正したり…

今回の製作は本当にミスしすぎですね。
改善したい箇所があまりにも多いので、もう手間の掛かる修復はせずに次の製作に活かそうと思います。


IMG_6874
アンテナ・信号煙管・ホイッスルはTOMIX製を使用。
475系を製作したときの余りを使っていて、実車と同じように穴水方のアンテナは2基付けています。

これで車体へのパーツの取り付けが終わりました。
いろいろ反省点はありますが、なんとか形になってきました。。
あとは足まわりを製作して完成させようと思います。


つづく。 
 
のと鉄道のNT200形を自作してみる(8):床板の製作
 

どうも。。

前回「北陸鉄道石川線の廃線区間を見に行ってみた」の続きです。

金沢駅周辺を自転車で散策したあと、金沢駅から輪行して七尾線に。
終点の七尾駅まで乗車して、再びのと鉄道に乗りに来てみました。
前回訪問から1ヶ月ほどしか経っていませんが、来れるうちに出来るだけ見ておきたかったので思い切って再訪。。

今回も運用を事前に調べて、往復花いろラッピング車に乗車しました。。


DSCN2000
花いろHSHラッピング車で終点の穴水駅まで乗り通しました。
下車したら早速自転車を展開して、駅裏の構内が見渡せる場所に。。

公式HPに載っている運用表を元に、ラッピング車同士の併結運用が見れるようにスケジュールを組みましたが、前日に運用変更があって結局見れませんでした…
一応両ラッピング車に片道ずつ乗車することは出来ました。


DSCN1999
ラッピング車同士の併結は見れませんでしたが、代わりに入れ換え作業の過程でこんな並びが…
花いろラッピング車の間に通常塗装(のとりあーなラッピング)が挟まった3連風に。。
七尾から来たHSHラッピング車がホームに入線後、留置線の通常塗装+第一弾ラッピング車が七尾方からホームに入線してHSHと入れ替わりに七尾行きになる運用でした。


DSCN2001
第一弾ラッピング車は登場から2年が経っていますが、綺麗な状態が保たれていて良い感じです。
自分が訪問したのは3月下旬だったので桜との組み合わせは撮れませんでしたが、今ならちょうど見れそうですね。


DSCN2003
HSHのほうは留置線に引き上げて次の運用までに併結作業を行うみたいでした。
踏切まで来たのでORiと2ショットに。。


DSCN2002
見やすい位置で止まったのでじっくり観察出来ました。
青空と桜の背景と落ち着いたキャラデザインが何度見ても素敵です。。


DSCN2010
今回は目的地などは決めずに、気楽に散策してみることにしました。
ニュータウンで生まれ育った自分にとっては、歴史のある日本家屋の並ぶ町並みや日本海沿いの景色は凄く新鮮で刺激を受けます。


GOPR1225
だいぶ前にアクションカムのGoPro HERO3+を買ったので、自転車のフレームやバックパックの肩ひもに固定して車載動画を撮ったりしてみました。
まだ固定方法や撮影の仕方に改良の余地がありますが、普段見ることのないアングルで撮れたり走った道を見返したりできるのが面白いですね。


DSCN2025
こんな感じで自転車本体に固定して撮りました。
ハンドルに固定するのが一番簡単ですが、細かいステアリング操作がそのままブレになってしまうのが嫌なので、無理矢理メインフレームに取り付けています。
車体全体の動きに沿ってゆったり動く動画が撮れますが、サス無しで固いタイヤを履いているウチのORiは元々乗り心地が固いので、段差でかなりブレます…

メモした運用を見ながら車両が見れそうな場所へ移動することに。


IMG_6644

せっかくなのでラッピング全体が見れそうな築堤区間に。
穴水から花いろHSHラッピング+マジンガーラッピングの併結が来ました。
よく考えたら、異ジャンルのアニメラッピング車同士が併結しているのはのと鉄道くらいしか無い気がします。


DSCN2018
黒い瓦屋根の日本家屋が残る海岸沿いの田園風景の中を進んでいきます。
ラッピングや作品自体も良いですが、この車窓の風景が本当に大好きです。。


DSCN2026
七尾から通常塗装+第一弾ラッピング車の併結が戻ってきました。

そのあとも散策しながら走って、穴水駅へ戻りました。。
少しだけ珠洲・蛸島方面への廃線を見に行ってみましたが、結構撤去が進んでいるみたいですね…
そのうち自転車で廃線探索しに行ってみたいです。
いつかは能登半島を一周してみたいですが、そのためにはもっと走り慣れないといけません。

ORiをサクッと畳んで帰りの列車に乗車。。


IMG_6631
帰りは第一弾ラッピング車に乗車。
帰宅ラッシュとは逆方向なので、乗客は自分を含めて数人で落ち着いた車内に。


IMG_6636
夕暮れの能登半島を駆け抜けていきます。。
各キャラのラッピングは窓部分に被せて貼られているので、車内から見るとこんな感じに…
車内広告は全て版権絵が貼ってあります。


IMG_6638
模型で作るときはラッピングの切り出しが大変そうだと思ったり…
車窓から見える七尾湾の景色がいつ見ても良いです。

七尾に着いたら乗り継ぎの七尾線の出発が間近だったので、すぐに乗り換え。。
ひたすら各駅停車で金沢に戻りました。



おまけ。

次の日は富山方面を自転車で走り回る予定でしたが、まさかの強い雨に…
そこで予定を変更して、電車で色々回ることにしました。

IMG_6655
北陸本線で475系の国鉄色+413系の併結に乗車。。
3月のダイヤ改正で475系が引退するんじゃないかと心配しましたが、数は減ったものの引き続き運用に入っています。
ただ、改正で金沢〜糸魚川間のみの運用に縮まりました。


IMG_6651
併結部分の運転台を観察。
狭いスペースに効率良く配置されていてカッコいいです。
後付けの機器も多いですね。

土砂降りに近い雨になってしまってどうしようか悩んだあげく、せっかく北陸まで来てるんだからってことで、もう1度のと鉄道に…


IMG_6660
座らずに最後部から車窓を眺めてました。
雨の中の景色もまた違った良さがあります。。


IMG_6665
案の定花いろラッピング車にも乗車。
昼間の時間帯のみ車内放送が花咲くいろは仕様になっています。


IMG_6670
NT200形の運転台。
475系を見た後なので凄くシンプルな印象を受けます。

雨で散策できないので、一通り眺めたら金沢まで戻りました。
次にいつ行けるかわかりませんが、やっぱり花いろラッピング車同士の併結を見たいですね…

存分に実車を見たり乗ったり出来たので、模型作りに活かしていきたいです。

製作につづく。。

どうも。。

ようやく寒さが一段落したので、いろいろ出掛けてみました。
今季は18きっぷは使わずに、再び北陸フリー乗車券を使用…
前回訪問から1ヶ月ほどしか経っていませんが、また金沢方面へ。。
もう雪の心配が無さそうなので輪行して行きます。



金沢市内からチャリで北陸鉄道石川線沿いを走って、終点の鶴来駅まで来ました。

IMG_6606
金沢方面の始発駅である野町駅から約14kmほどなので、自転車でも楽に来れました。
以前は鶴来駅から先の加賀一の宮駅まで伸びていましたが、2009年に廃線になってからは終着駅に。


DSCN1945
かつては能美線との分岐駅だったので2面3線のそこそこ規模のある駅になっています。
積雪地なのでスノープラウを付けた機関車が配備されていました。


DSCN1991
野町寄りには車両基地も併設されています。
こじんまりとした規模で良い感じです。。
石川線は元東急の7000系が主力ですが、1編成のみ元京王3000系の7700系が。


DSCN1949
鶴来駅から先は廃線区間になりますが、駅構内の入れ換え用として少し先までは現役でした。
乗車・降車ホームが別々に分かれているので、鶴来駅に到着した列車は必ず加賀一の宮方面へ引き上げて転線します。
七ヶ用水を渡るために90度近く急カーブしています。


DSCN1953
カーブの終わりにある踏切跡から鶴来方面を。
踏切の直前に車止めが設置されていて線路が分断されていますが、その先の廃線部分の線路は残っていました。
踏切を渡った先で七ヶ用水を鉄橋で越えて、手取川と七ヶ用水の間を加賀一の宮方面に進んでいきます。

ちなみに七ヶ用水には、かつて鶴来駅から分岐していた能美線の廃鉄橋も残されていました。
どちらも私有地に囲まれた場所にあってうまく撮れず…

しばらくは住宅地の中を抜け、途中駅の中鶴来駅を通過。。


DSCN1961
白山へ向かって進んでいきます。
この辺りもずっと線路や架線類の設備が撤去されずにそのまま残っていました。
線路際の空き地が家庭菜園になっていたり…


DSCN1986
七ヶ用水の真横に線路が通っていました。
現役時代にここで車両を撮影したら面白い画になったかもしれないですね。
レンガ造りの吐水口?が興味深いです。。


DSCN1965
加賀一の宮側から鶴来方面を望む。
結構な勾配で加賀一の宮まで登っていきます。
用水路の対岸にある古い町並みも素敵でした。


DSCN1980
自転車なのであっという間に終点の加賀一の宮駅に到着。。
駅舎は現存するものの、出入り口や窓が全て鉄板で塞がれていました…
現在はバス停として機能しているようです。
瓦屋根の重厚な造りで、趣があって良いですね。


DSCN1974
終端部から鶴来方面を。
現役当時は木製のホーム屋根がありましたが、現在は撤去されてしまっていました。
ネットで見た現役時代の画像が凄く良い雰囲気で気に入っていたので、撤去前の景色を見たかったです…
ホーム以外は殆ど手が入っていないようです。


DSCN1978
駅ホームの先も数十mほど線路が伸びていて、横には待避線があったようなスペースも。
かつては加賀一の宮駅からさらに先へ金名線という路線が伸びていたそうです。


IMG_6609
ちなみに鶴来駅の駅舎内に昔の加賀一の宮駅の写真が展示されていました。
雑多な石川線の電車と金名線の気動車が並んでいたり、側線に止まっている貨車など凄く牽かれる写真です。。
今では「現在の駅」の写真も過去の景色に…

帰宅後にネットで調べていて気付きましたが、金名線の廃線跡はサイクリングロードとして残っているそうです。
せっかく自転車で来たので走りに行くべきでしたね…


DSCN1983

やっぱり現役当時に来たかったです。


一通り散策したあと、次の目的地へ向けて出発。。
距離は短いですが、周囲の景色も綺麗で良い雰囲気の路線でした。

せっかくなので帰りは石川線に乗車します。。

IMG_6615
石川線は鶴来駅から終点の野町駅までの乗り通しに限って自転車持ち込みが出来るので、輪行袋無しで乗車。
自分以外にもママチャリで乗っている人が居ました。

終点の野町駅まで乗車し、そのあと金沢の市街地を散策がてら走って次の目的地へ向かいました。



おまけ程度ですが、もう一件廃線を。。
石川線沿いにはもう一つ廃線が残っていて、往路で寄っていました。
西泉駅から分岐していた農業倉庫の引き込み線の跡です。

IMG_6603
幹線道路のすぐ横にありますが、農業倉庫への線路がそのまま残っています。
ポイントのトングレールや転轍テコなどはありませんが、路盤はそのままですね。


IMG_6605
終端部側も道路に面しているので柵越しに見ることができます。
コンクリで舗装されて併用軌道化された線路に、貨物ホームと機回し線が。。
古い農業倉庫の建物もなかなか味があります。
マンションや店舗が建ち並ぶ街中にこういう景色が残っているのは面白いですね。


おわり。 
 

どうも。。

前回「のと鉄道のNT200形を自作してみる(5):車体の箱組み」の続きです。


改造や自作で製作中の車両がメーカーから製品化発表されてしまう法則をたまに聞きますが、なんとNT200形もBトレインで出るみたいですね…
花いろラッピング車2種類がそれぞれ一般色と2両セットになって発売されるみたいです。
まさか自分のNT200形製作でこの法則に引っ掛かるとは思いませんでしたw
ショーティー化で一部キャラ絵がカットされていたりしますが、NゲージサイズのNT200形は初の製品化なので楽しみです。。



前回で箱組みが済んだので、細かいパーツを取り付けて塗装に入ろうと思います。


 IMG_6443
車体本体は自作ですが、細かいパーツ類は極力既製品を用意しました。
台車はKATOのAssyパーツのキハ110用を、クーラーなどの屋根上機器はGMのAU26J-Aを使用します。
第三世代NDCの台車・屋根上機器はキハ110とほぼ同一なので、流用が出来て助かりました。。


IMG_6535
その他の細かいパーツとして、キッチンNから発売されているNDC用パーツ集を用意。
同社製のキハ125用のパーツセットですが、NT200にも使えるパーツが色々あります。


IMG_6536
今までの工作ではエッチングパーツを使うことはほとんど無かったので、慎重に作業していきます。。
鉄道模型製作の本で読んだ通りに、1mmプラ板の上で切り出してパーツに反りを出さないようにしました。


IMG_6537
まずは前面の幌受けと側面の梯子を取り付け。
接着にはエポキシ接着剤を初めて使ってみましたが、はみ出た接着剤の処理が楽で固定も難しくないので良いですね。
左右のミラーは別に塗装して完成後に取り付ける予定です。


IMG_6531
排気口も後付けで再現しました。
これは既製品が無かったので、AU26J-Aのランナーに付いていたアンテナに穴を開けて四方をカットしてそれっぽい物を製作…
よく見ると全然違う形ですが、気動車には不可欠なパーツだと思ったので付けておきました。

ドア横の開閉ボタンや行き先案内の電光掲示板などは、花いろラッピング車と同じ工程にするために後付けにします。
車体全面へのラッピングなので小さいパーツに掛かる部分を切り抜いて位置合わせをして貼るのは大変だと思い、出来るだけラッピング後に取り付けるかたちに…


IMG_6571
パーツの取り付けが一通り済んだら、エッチングパーツの上にガイアカラーのマルチプライマーを吹きます。
その上からサーフェイサーを吹いて状態確認したあと、いよいよ本塗装に…
NT200形の通常塗装はホワイト・グレー・ブルーの3色なので、まずはホワイトから。
ほんの少し青みの掛かったホワイトにしたかったので、今回はクレオス ガンダムカラーのホワイトを使用しました。

前面の縦型テールライトは塗装後に余分な部分を切り取るつもりでしたが、やはり切り出し時に塗装にダメージが付きそうな気がするので先にカットしておきました。
フラットに切り取ったあとに細切りにしたマスキングテープを貼っています。


IMG_6575
乾燥したらマスキングしてブルーの塗装に。
ガイアカラーのコバルトブルーにGMカラーの22番を極少量混ぜた物を使用。

最後にグレーを吹きますが、グレー部分は曲面をマスキングで作る必要があるので悩みました…


IMG_6577
色々考えていたら、ふと以前百均で買った穴あけポンチを思い出したので試しに使ってみることに。
刃の切れ味が無くてプラ板に使えなかったので工具箱に眠っていましたが、マスキングテープには円形に切り込みを入れることが出来ました。
今回は3mm径を使用していて、円を4等分にして半径1.5mmの曲面として使用します。


IMG_6578
こんな感じでマスキングしました。
隙間が出来る箇所はマスキングゾルを塗って埋めてあります。


IMG_6581
しばらく乾燥させてから、慎重にマスキングを剥がしてみました。
マスキングのやり方が下手だったせいか、塗料の吹き込みが結構あったり…
塗装のやり方はもっと勉強したほうが良さそうです。


IMG_6582
屋根色はガイアカラーのニュートラルグレーⅡを使用。
今回の製作では雨樋を再現しなかったので、塗り分けの境界を決めてまっすぐマスキングするのが難しかったです。


IMG_6591
とりあえずこんな感じになりました。。
塗装ミスのレタッチがまだですが、なんとかNT200形の一般色に出来ました。

これから屋根上機器などの細かいパーツ類を付けていこうと思います。


つづく。。

のと鉄道のNT200形を自作してみる(7):パーツの取り付け
 

↑このページのトップヘ