mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

2015年11月

どうも。。

以前製作していた鉱山レイアウトは地面の質感の再現が思ったようにいかず、結局やり直すことになりました。
作り直しを始める前に地面製作の方法をいろいろ試してみることに。
thumb_IMG_0860_1024
画材店で買ったパネルや木製のボードをテスト製作で使ってしまうのは勿体無いので何か気軽に土台にできる物を探していたら、鉄コレに付属している展示用のダミーレールを発見。
現在発売されている物はファイントラックと同じ寸法の線路の型をした土台にネームプレートが張り出しているようなタイプですが、少し前の製品では画像のような土台と線路が一枚板になったタイプでした。
鉄コレは買ったらNゲージ化してケースにしまったり普通の走行用線路に飾ったりするので、正直持て余し気味です…
S140直線レールと同じ長さで、プラ製で加工もしやすいので線路まわりの情景製作テストに使うのにちょうど良い素材です。


thumb_IMG_0864_1024
まずは下地塗装を。。
レール面に車輪止め型の出っ張りがあるので、それをニッパーとやすりで撤去。
そのあとサフとダークブラウンを吹きました。
一応レールと枕木の塗り分けをしてみましたが、完成したら殆どわからなくなってしまったので単色でも十分でした。


thumb_IMG_0971_1024
余白部分に100均で売っている木粉粘土を使って地面をかさ上げ。
そのあとレールまわりにバラストを散布。
鉱山レイアウトでバラスト散布したとき(こちら)と同じ、ウッドランドシーニックス製のファインバラストを使用しました。
固着も同じくマッドメディウム水溶液で行っていますが、レイアウトではメディウムのが薄くなってしまったせいかバラストが剥がれやすくなっていたので、今回は水の比率を減らしています。


thumb_IMG_0972_1024
バラストの水溶液が固まる前に、同時にパウダーも散布しました。
今回は津川洋行製のものを使ってみましたが、TOMIXから出ている同系色の パウダーよりも少し粒が細かめで実感的な気がします。
下地の木粉粘土も近い色合いなので、色を付けずに直接パウダーを載せています。


thumb_IMG_0974_1024
以前、「石灰石鉱山レイアウト製作:静電気で草を生やす」の記事で紹介した静電気マシンを再び使用してみることに。
メディウム水溶液を全体に吹いたあと、スタティックグラスを通電しながら散布。
以前使ったときは多量に撒いたせいで逆に不自然な感じになったので、今回は控えめにしてみました。


thumb_IMG_0976_1024
水溶液がすべて固着したら、エアブラシで薄めたクリアオレンジを吹いて色付けしました。
スタティックグラスの質感が微妙に見えたので多めに吹きましたが、逆に色合いが濃くなってしまった気がします…
でも第一弾としては結構良い感じに出来たんじゃないかと思います。
今回も鉱山レイアウト用ということで冬枯れた地面を作ってみましたが、あと何回か検討してみたほうが良いかもしれません。


thumb_IMG_0983_1024
車両を置いてみるとこんな感じ。
枕木が雑草で隠れ気味の寂れた専用線風に。


thumb_IMG_0977_1024
追加でフィールドグラスを植えてみました。
1mm径で地面に穴あけしたところにメディウムを先端に塗ったフィールドグラスの束を差し込んで、固着したら長さを少しずつ調整していきます。
ひと束ずつ植えていかないといけないので面倒な作業になりますが、しっかり施したら結構リアルになりそうです。


thumb_IMG_1074_1024
レールの色が地面と浮いているように見えたので、薄いベージュ系のパステルでウェザリング。
少しパステルが濃すぎましたが、廃線っぽさは増した気がします。


thumb_IMG_1075_1024
もう一枚のほうはブラウンを使ってサビ汚れに。
こっちはブレーキ粉が落ちた走行頻度の少ない線路風ですね。
レイアウトで使うには、線路の配置などでも雑草の量や汚れ具合も変えていったほうが良さそうです。


つづく。。

どうも。。

だいぶ前の話になってしまいますが、この前製作したBトレのDE10改造フリーランス機を走らせたくなってポポに行ってきました。

 thumb_IMG_1056_1024


thumb_IMG_1060_1024
Bトレの全軸動力はボギー貨車なら7〜8両くらいまでなら牽引可能でした。
入れ換え機風に作った車両なのでこれで十分ですが、もう1両製作して重連にして長編成化するのも悪くないかもしれません。


thumb_IMG_1057_1024
鉄コレの東武ED5080はBトレ動力の倍近い牽引力があります。
ナックル化したカプラーも今のところ問題ないです。


thumb_IMG_1053_1024
だいぶ前に買ったGMの115系2000番台も持って行って試運転。
カフェオレ(新広島色)と中国地域色の8連で、各パーツとTNカプラーを取り付けてあります。


thumb_IMG_1055_1024
NT200も久々に出してきて走らせてみました。
動力はスムーズですが、走り出した直後に201のスカートが脱落…
ゴム系接着剤で固定していたのが外れてしまいました。
201は動力ユニットが入っているので編成から外せないので3両固定の中間に。


thumb_IMG_1059_1024
製作から丸1年が経ちましたが、今のところラッピングの劣化などはありません。


thumb_IMG_1054_1024
やっぱりレイアウトの中を走らせるのは良いですね。


thumb_IMG_1058_1024
TNカプラーの固定方法などに問題があるせいか、いまいち安定感が不安になるような走り方なので、TOMIXの肥薩おれんじ鉄道ベースで作り直しを計画してます。


thumb_IMG_1052_1024


↑このページのトップヘ