どうも。。

だいぶ日があいてしまいましたが、久々に地方都市レイアウトの製作ネタです。
地方都市レイアウトは主要な建物の殆どが自作になる予定ですが、一番メインになるはずの新幹線と私鉄線の連絡駅がずっと未着手のままでした。

IMG_5321
去年(2019年)のJAMにて。
製作が間に合わず、プラ板で新幹線高架の路盤とペデストリアンデッキの土台を組んだだけの状態で止まっていました。
その後色々あってレイアウト製作が進まずにいましたが、最近になってようやく再開しました。

IMG_9867
また製作途中の写真を撮り忘れて既に形になった状態ですが、こんな感じになっています。
新幹線駅とペデストリアンデッキの他に、地方私鉄駅の主要ターミナル駅ということで駅ビルを併設することにしました。
GMの中型駅をベースに、切り継いで横方向を延長しています。
最上階と新幹線駅に接する面は1mmプラ板で製作していて、Pカッターで筋目を入れてあります。
ビルの真下を線路が通っているので、ペデストリアンデッキの土台に載っかるような造りです。
駅ビルの奥側には同じくプラ板から製作した立体駐車場を隣接させることにしました。

IMG_9869
駅全体はこのような状態です。
ペデストリアンデッキの右手にも建物を作る予定ですが、こちら側に大きな建物を作ってしまうと肝心の新幹線駅を遮って見えにくくなってしまうので、まだ慎重に検討中です…
バスターミナルはそれなりに大掛かりな物を作る予定でしたが、やはりスペース的に厳しくて中型車のエルガミオでも2台駐車がやっとでした。

IMG_0001
駅ビルの塗装に入る前に、後付けが困難な部分のLEDの取り付けを先にやっておきます。
ビル外壁を階上から照らす照明で、この下に広告を貼ったりしようかなと思っています。
使用したチップLEDはAmazonで買った12V用の配線済みの物です。
細い穴を開けて配線を通すために一旦付属の抵抗を外しました。




IMG_9999
チップLEDをエバーグリーンの凹型プラ棒材の間に瞬着で固定して照明っぽくしています。

IMG_0002
取り付けるとこのようになっています。
LED自体にはマスキングせず一旦全部塗ってしまって、塗装後に照射面だけを細綿棒にうすめ液を付けて拭き取ります。

IMG_0010
屋上の床面は「こばる」のタイルプラ板を使用。
デパートの屋上などである模様付きのタイル床を再現するためにマスキングしています。
このタイルプラ板は2mm刻みなので、タミヤの6mmマスキングテープを隙間なく貼ったあとに3マス刻みに切り込みを入れて1枚おきに剥がしていくと市松模様に出来ます。

IMG_0014
古びたビルということでベージュと茶色の2色を使ってみました。
ちゃんと塗り分けられるか心配でしたが無事に出来ました。

IMG_0024
少し色味を落ち着かせたいのでMrカラーのウェザリングカラーでウォッシング。
タイルの継ぎ目がわかりやすくなって良い感じになったと思います。

IMG_0027
本体はMrカラーの黒サーフェイサーをしっかり塗って遮光処理したあと、GMカラーの21番で塗装しました。
黒の上にクリームを乗せるのはかなり大変でした…黒サフの上から普通のサフを吹いたほうが楽に乗ったかもしれません。
チップLED照明をグレーに塗り分けて全体に軽く墨入れしたら、仕上げにつや消しを吹いています。

IMG_0028
屋上パーツを組み込んでみました。
右手の市松模様の階は屋上遊園のような一般客に開放されているエリアで、左手の1フロア高い部分は屋上設備類がある立ち入り出来ないエリアにする予定です。
一番奥にはエレベーター機器室と屋上へ上がる階段部分も作りました。

IMG_0212
ビル内部にもLEDを入れて照明を点けてみます。
階上は全て壁になっていて窓も無いので光らせる必要はありませんが、ペデストリアンデッキに面する改札階は入口が開いているので照明が必要です。
使用するのはテープLEDで、LEDの位置に合わせて天井板に穴を開けてあります。
天井から上は見えなくなるのでテープLEDを天井裏に直接貼り付けています。

IMG_0215
LEDの配線は屋上と壁面の照明と、改札階天井のテープLEDとでメンテ時などに切り離せるようにピンコネクタを介しておきました。
ビル本体と土台との配線接続にもピンコネクタで繋ぐようにします。

IMG_0239
テスト点灯も無事点きました。

IMG_0242
白LEDにはよくあることですが、使用したチップLEDは若干青味が掛かっているので、今後照射面にクリアオレンジを塗ったりして色味を調整するつもりです。

IMG_0247
やっと駅ビルは形になりましたが、駅全体の完成はまだ遠いです…
まわりの情景とのバランスを見ながら製作を進めていこうと思います。

つづく…