どうも。。

前回「のと鉄道のNT200形を自作してみる(6):車体の塗装」の続きです。

車体の塗装が終わったので、いよいよ仕上げ段階に。

IMG_6770
車体は光沢クリアで、屋根はつや消しクリアをそれぞれマスキングして吹きました。


IMG_6866
屋根上機器はGMのAU26J-Aを塗装して使用。
クーラーはガイアカラーのライトステンレスシルバーとニュートラルグレー2で塗り分けていて、それ以外は同じくニュートラルグレー2で塗装。
実車の画像を元にゴム系接着剤で固定しました。


19
のと鉄道のロゴもGIMPで製作しましたが、印刷環境の設定が何故かうまく合わなくなって綺麗に印刷できず…
なので今回はロゴ無しで完成ということに。
いまだにソフト面は全く使いこなせていない状態で、ラッピング車の完成はかなり雲行きが怪しい感じに…
Mac+無料ソフトという組み合わせなので相当ハードルが上がってるかもしれないです。
素直にPhotoshopを買ったほうが良いのかもしれません。


IMG_6869
側面の窓ガラスはGMの板キットに付属している塩ビシートを貼り付けました。
貼り付け作業時に側板の一部にヒビを入れてしまうトラブルが…
0.3mm板のみで出来ている箇所だったので、今後の製作では補強を入れようと思います。


IMG_6871
前面ガラスも塩ビ板からの切り出しで製作。
画像にも写ってますが、この作業中に車体の角が削れてしまいました。
パテと瞬着で製作したところで、強度が低かった部分です。
他にも塗装を削ってしまって仕方なく上塗り修正したり…

今回の製作は本当にミスしすぎですね。
改善したい箇所があまりにも多いので、もう手間の掛かる修復はせずに次の製作に活かそうと思います。


IMG_6874
アンテナ・信号煙管・ホイッスルはTOMIX製を使用。
475系を製作したときの余りを使っていて、実車と同じように穴水方のアンテナは2基付けています。

これで車体へのパーツの取り付けが終わりました。
いろいろ反省点はありますが、なんとか形になってきました。。
あとは足まわりを製作して完成させようと思います。


つづく。 
 
のと鉄道のNT200形を自作してみる(8):床板の製作