どうも。。

細かいパーツ類の製作を進めていたせいで書いていませんでしたが、地面まわりも少しずつ作業しています。
土台関係の記事ということで「石灰石鉱山レイアウトを作る:山の基礎作り」の一応続きです。

thumb_IMG_2179_1024
車両や建造物などの製作も大切ですが、なんと言っても土台や地面を作らなくてはレイアウトが完成しません。
以前の旧石灰石鉱山レイアウト(こちら)の製作時は、地形と建物の配置がうまくかみ合わず失敗したので、今回はかなり慎重に検討しながら進めています。
旧レイアウトでは建物以外の製作物を全てボードに固定して作っていたせいで微調整や改修工事が難しい構造になってしまい、そのせいで一からやり直すことになりました。
今回はその反省を踏まえて出来る限りブロック構造にして、各パーツの取り外しを容易にすることで製作が進んだあとも改修などをし易くします。

thumb_IMG_2556_1024
線路の固定は両面テープを使用。
強粘着性と剥がしやすさを両立したタイプの製品を使いました。
強度的にも接着剤で固着させるのとあまり変わらない感じです。

thumb_IMG_2557_1024
ポイントは今までの使用経験から間違いなく今後故障で取り替える必要が出てくると思っているので、今回のブロック構造化が一番役に立ってくる部分かもしれません。
ポイント駆動ユニットにはテープを貼らないでおいて、さらに剥がし易くしておきます。

thumb_IMG_2204_1024
線路のまわりの地面はレールの道床分を嵩上げして線路の高さとフラットに。
100均の3mmコルクシートと工作用紙をそれぞれのスペースのサイズに切り出して使います。
これも剥がすときのことを考えて両面テープ止めに。
剥がして地面を作り直すときのために地面形状を書き写して残しておきます。

thumb_IMG_2241_1024
線路と地面の間はバラストで埋まるので多少の隙間が出来ても問題は無いかと思います。
バラストも固着性と剥がしやすさを両立した方法で敷設したいところです…

thumb_IMG_2348_1024
山は何度かの修正を繰り返して現在の形状に落ち着きました。
左側は石灰石を段状にカットした採掘場で、右側は急斜面に建てられた小集落の廃村です。
その下には上部軌道が通っていて、山の内部にはいくつか坑道が抜けています。
採掘場と言うからには元々山だった場所が削られて出来ているはずなので、なんとか地形が採掘でえぐられたような形状にしたいですが、このサイズではなかなか大変です…

thumb_IMG_2347_1024
山はこんな感じで大まかに分けて3つのブロックに分割できるように。
最下層は段ボール製で本線が通るので大きく空洞が開けてあり、中層は上部軌道と広い坑道のスペース、上層は採掘場と廃集落斜面です。
旧レイアウトでは山をボードに完全固定したおかげでレール掃除や脱線の復旧がやりづらかったので、今回は簡単に外せる構造にしました。

thumb_IMG_2563_1024
レイアウトの中央部にある中腹部分も同じようにブロック化しています。
ここは上部軌道や選鉱場の設備群、トンネルや旧道と廃社宅など、かなりいろいろ詰め込まれます。

thumb_IMG_2567_1024
以前「石灰石鉱山レイアウトを作る:洞門の製作」で作った洞門の照明ユニットの電池ボックスもこのブロック内に収めることに。
電池交換の際は上から電池ボックスを引き上げる構造で、電池ボックスの真上には神社を置いて隠す予定です。

thumb_IMG_2562_1024
レイアウトのほぼ中央部を通る県道も地形製作と同時に製作。
舗装路は工作用紙を貼り付けた上にタミヤのテクスチャーペイントを塗って再現。
トンネルを抜けて洞門へ続くのが現道で、坑口の手前から左手に登っていく道は旧道です。
旧道は各鉱山設備と廃社宅に繋がっているほか、谷を跨ぐ橋が撤去されて今は行き止まりになっているという設定です。

thumb_IMG_2568_1024
鉱山口駅の前にある選鉱場群も下地製作に取り掛かりました。
工作用紙を貼り付けたあとに溶きパテを塗ってグレー塗装してコンクリ壁を作ります。

thumb_IMG_2566_1024
中腹ブロックを外した中は地面のスタイロフォームを開けてあって、配線類を収納しています。

thumb_IMG_2569_1024
山と中腹の間はもう少し盛って地形をなだらかに繋ごうと思います。

thumb_IMG_2570_1024
おおまかな地形が出来たら、そろそろ選鉱場の製作に取り掛かりたいところです…

つづく。

石灰石鉱山レイアウトを作る:コンクリ法面の製作
石灰石鉱山レイアウトを作る:地面の造成(2)