どうも。。

前回「能登線の廃線を自転車で辿って穴水から宇出津へ(2)」の続きです。

甲駅跡を出て、ひたすら海岸沿いを進みます。

DSC03783
駅を過ぎてもしばらくは集落が道沿いに続いています。
良い感じの路地がいくつも分かれていて寄り道したくなりますが、まずは宇出津へ行くことを優先…

thumb_IMG_3733_1024
道沿いに続く黒い屋根瓦と板張り壁の日本家屋。 
郊外のニュータウン在住の自分にとっては、観光地として整備された訳ではない場所でこの統一された景観を見るのはとてつもなく新鮮味があります。

DSC03786
農機具の小屋?も屋根瓦と板張りで出来ていたり。
ジオラマを作るならこういう小物類も再現したくなります…

thumb_IMG_3734_1024
海岸沿いなので小さな漁港も点在していました。

DSC03789
メインの道を通っているはずが車一台分しかなかったり…

thumb_IMG_3738_1024
これでも路線バスの通る道であるのが驚きです。。
自転車で走るのも良いですがバスから車窓を眺めるのも良いかもしれません。

DSC03808
歴史ある日本家屋と自販機。
ただ古い物が残っているだけではなく、新しい物と古い物が交錯して共存している風景が好きです。

thumb_IMG_3774_1024
川は小さい漁船の船着場を兼ねているところが多いようでした。

DSC03803
能登線の廃線も道路に近い海岸沿いを走っていますが、とりあえず目につく構造物が無ければどんどん進んでいきます。

thumb_IMG_3782_1024
もう穴水から20km以上進んでいますが、まだまだ先には海岸が続きます…
いつか必ず珠洲・狼煙まで行きたいですね。

thumb_IMG_3781_1024
とても味のある海岸沿いの集落と商店。
海岸沿いで人家が長く途切れる場所は意外と少ないです。

DSC03819
集落の端にあった立派なお屋敷。
屋根の面積が大きいので陽に照らされる屋根瓦がとても美しかったです。

DSC03826
ようやく鵜川の町に入りました。
さっきの甲駅周辺よりも大きな町です。
町の中心部には神社が。

DSC03823
海岸の形に沿ってカーブする商店街。
どの建物も屋根瓦は黒い能登瓦ですが、壁はそれぞれバラバラなようですね。

thumb_IMG_3783_1024
鵜川駅跡に到着。
ここも駅舎は現存していますが、駅名板は無くなっていました。

thumb_IMG_3784_1024
線路は撤去されていますがホームや敷地はそのまま残っています。
島式ホーム1面2線と側線が数本あったようで、駅構内は結構広いです。

thumb_IMG_3745_1024
バス停には今も「駅前」の名が残っていました。。
いまさらですが金沢から124kmも離れているんですね…石川県は思った以上に長いです。

thumb_IMG_3712_1024
鵜川を出ると能登線の廃線が国道249号と
しばらく並走します。
レールが撤去された路盤が雑草に覆われていました。

thumb_IMG_3747_1024
海岸沿いの切り立った地形のそばを走る場所もあって、法面工事の真っ最中でした。


DSC03832


thumb_IMG_3749_1024
そして、今回のもう1つの目的だった建物が。。


つづく。