どうも。。

前回「片上鉄道の廃線跡を探索してみた(1)」の続きです。
 
天瀬駅を出ると若干の上り勾配に。

集落を出ると急斜面沿いに入って、トンネルが連続する区間に。
手前にあるのが第1天神山隧道で、その奥が第2天神山隧道です。
どちらも全長50mもない短いトンネルです。
サイクリングロード化されているのでトンネル内も照明が点いていて廃隧道感はありません。。

国道とクロスして吉井川沿いに路盤が移ったところで、線路を遮るようにコンクリ製の構造物が…
大掛かりな陸閘門が設置されていました。

門の可動部分は鋼製で、現役時代の形をほぼ保っているようです。

門の閉鎖部分だけ線路が残されていました。
鉄道が通る陸閘門はなかなか珍しいですね。

備前矢田駅付近にて。
雲はかかってますが雨は完全に止んだので、強行して良かったですね。。

ここも出発信号機が撤去されずに残されていました。
現役時代の貴重な痕跡ですね。

線路脇の廃屋。

ここはとある界隈では有名なスポットですね。。


苦木駅跡。
ここもホームと待合室が残されていて、サイクリングロードの休憩所になっていました。
現役時代の写真が飾ってありますが末期は交換設備は撤去されていたようですね。


駅前の古い民家。
まわりを山々に囲まれた小さな集落のなかの駅です。


吉井川橋梁は撤去されて橋脚の土台のみ残っています。
サイクリングロードも川は国道の橋へ迂回するルートになっています。

thumb_IMG_4770_1024
美作飯岡駅跡。
2面2線で交換可能な駅でしたが、片側のホームと駅舎は撤去されていました。
緩やかにカーブを描く路盤はそのまま残っているのと、駅前?の商店の建物が現存しています。
商店は復路でじっくり見てみることに。。

thumb_IMG_4728_1024
和気駅から20km弱、2時間ほどで目的地の吉ヶ原駅に到着しました。。

つづく。