どうも。。

相変わらず石灰石鉱山レイアウト作りです。
前回の製作記事「石灰石鉱山レイアウトを作る:貨物上屋を自作してみる」で貨物上屋を作った流れで、今度はセメント積込施設を製作しようと思います。

thumb_IMG_4985_1024
数ヶ月前に撮った写真ですが、実はセメント積込施設は試作済みでずっと配置していました(奥の丸屋根の建物です)。
昼飯線にある実在施設をモデルにした貨物上屋と同じく、これもモデルがあります。

DSCN0732
秩父鉄道の武州原谷駅構内にあるセメント積込施設です。
武州原谷駅は貨物駅で旅客列車は通過しますが、貨物列車の拠点駅で広大なヤードが広がっています。
その中でも印象的なのがこのセメント積込施設で、比較対象になる車両が写っていないのでわかりにくいですが凄く巨大な建物です。
学校の体育館のような丸屋根が特徴的で、側面は大きなガラス窓?のようです。
奥側へ隣接するセメント工場と繋がっていて、線路部分にはホームも設置されています。
現在は秩父鉄道のセメント輸送は廃止されたため、この施設も使われていません。

普通の鉱石ホッパーとは違った独特な建物で、ぜひ模型で再現したいと思っていたので石灰石鉱山レイアウトでも取り入れることにしました。。
しかし、あまりにも限られたスペースのため、相当なデフォルメを強いられます…
上の写真での試作品ではGMのバス営業所キットをベースに、屋根長さを切り詰めて側面をプラ板から自作し、プラ角棒を柱にして作った物でした。
バス営業所キットの丸屋根は思ったよりもRがきつく、なんとなくイメージとは違って納得のいかないバランスで結局完成させることが出来ませんでした。
そこで、今度は屋根もプラ材から自作して再チャレンジしてみることに。

thumb_IMG_6322_1024
GMキットの屋根流用をやめて、今度は「こばる」のプラノイタ トタン屋根(瓦棒)から製作します。
電気ストーブに当てて少しずつ熱しながら柔らかくして曲げ癖を付けていき、思い通りのRに成形しました。

thumb_IMG_5858_1024
屋根を支える側板と内梁は、曲げ癖を付けたあとも屋根が反ってくる可能性があるので頑丈に固定することに。
Rはまず1枚完成型を切り出したあとに、それを治具にして残りを量産して同じRで揃うようにしました。

thumb_IMG_6321_1024
こんな感じで屋根と側面・内梁を接着します。
普段の工作ではプラ同士の接着はタミヤセメントを使用しますが、今回はさらに接着面の外から瞬着を盛って強度を上げておきました。

thumb_IMG_5860_1024
以前の試作品と比較。
屋根のRが緩くなって寸詰まり感が軽減されたと思います。

thumb_IMG_6319_1024
1階部分の柱も製作。
以前の物は3mmプラ棒をそのまま使っていたため華奢に見えてしまっていた。
そこで、今回は同じく3mmプラ棒ですが横に2本貼って6mm幅にすることで柱を太く見せることに。

thumb_IMG_6320_1024
セメント積込施設と貨物上屋は隣接した配置です。
もっとスペースに余裕があれば機回しの渡り線を作ったりしたかったですね。
テム300が止まっている場所にもう1棟木造の上屋を建てる予定です。

thumb_IMG_5884_1024
武州原谷と同じように、この背後にも大きな工場施設を建てようと思います。
奥行きにかなり制限があるので、これもまたバランス調整が難しそうです…


つづく。