どうも。。

前回「速星駅の専用線と南富山駅…【2017GW】」の続きです。
富山大橋を渡ったあと、そのまま自転車で走って高岡駅前まで戻ることに。
ついでにあいの風とやま線(旧北陸本線)沿いを走っていき、ちょっと気になる"物件"に寄ってみます。

thumb_IMG_5967_1024
富山大橋をまっすぐ進んだあと、しばらくしてあいの風とやま線方面へ向かい小杉駅を過ぎた辺りの踏切に出ました。
この次の越中大門駅に、前から気になっていた建物があるので、日没寸前ですが急いで向かいます。
急がなくてはいけませんが水田に映る夕日がとても綺麗で立ち止まりたくなります…

DSC04913
越中大門駅手前に着くと出現する大型建築。
デンカセメントのサイロです。
かつては鉄道でのセメント輸送が行われていましたが、2008年に廃止されています。
まわりは田んぼや住宅街なので、大きなセメントサイロがとても目立つ存在です。

DSC04914
専用線は北陸本線に沿って敷設されていました。
線路は撤去されていますが、路盤や荷役施設は現存しています。

DSC04923
専用線沿いは入れませんが、線路の反対側の道路からなんとかサイロを見ることができます。
サイロと荷役施設に書かれた大きなロゴが特徴的ですね。

DSC04926
越中大門駅に到着。
駅周辺も古い建物が多く、良い雰囲気なのですが日没のためこれ以上撮影できず…
あまり長居せずに、走って高岡の宿に戻りました。
改めてゆっくり見に来たいですね。

越中大門駅といえば、セメント専用線の他にも貨物関係の気になる施設があります。
駅ホームの向かいにある日本電工の敷地内に建っている、木造の貨物上屋です。

DSC04930
今回は乗車しないので駅構外から撮影。
ホームのような土台の上に建っている大きな木造建築があります。
こちら側はリフォーム?されて真新しい外壁になっていますが、実はかつては今とは違う姿でした。

thumb_IMG_5976_1024
2010年に訪問した時に撮影した、同じ建物です。
旅客ホーム横に側線が数本あり、草むした貨物ホームと貨物上屋が残るトワイライトゾ〜ンな光景でした。。
貨物ホームの線路は撤去されていて、残った貨物側線もこの時すでにセメント輸送が終了していたため錆びついています。
現在はこの側線も撤去されてしまったようです。

初めて北陸本線を鈍行で乗りに来たときに、特急列車の追い越し待ちで越中大門駅に停車した際にこの貨物上屋が目に入って、鉄道模型のジオラマでしか見たことの無いような木造の大きな貨物上屋がとても印象に残りました。。
この写真はその約1年後に再訪して撮影したものです。
その後北陸に何度も訪問していた割に越中大門駅を撮る機会が無く、いつかきちんと撮ろうと思っていた矢先の年末ごろ、この上屋を解体しているとの情報をTwitterで知りとても落胆していました…
しかし、今回こうして改めて見てみると、完全な解体ではなく線路側の屋根の解体と側壁の改修作業だったようで、建物自体はご覧の通り現存していますね。
それでも、今では珍しくなった貨物上屋のある風景が失われてしまったのは寂しいですね…

せっかくなので、2010年時の越中大門駅の写真をいくつか載せておきます。。

thumb_IMG_5975_1024
富山方面ホームから見た、側線と貨物上屋。
最盛期にはデンカセメント・日本電工の他にも専用線があったようです。

thumb_IMG_5974_1024
ホームの向かいの工場施設群。
錆止め塗装と錆と鉄粉汚れ?が混ざったような独特な色合いの情景。
静かなホームに無機質な機械音が響いていました。

thumb_IMG_5977_1024
跨線橋からの眺め。
茶色の工場施設が建ち並んでいて、その最前に貨物上屋がありました。

thumb_IMG_5973_1024
まだ食パン電車こと419系も現役で、特急列車もひっきりなしに走っていた時期でした。
このときもっと撮っておけば…と後悔してしまいます。
同じ後悔を積み重ねないように、もっと今あるモノを見たり乗ったりしたいですね。



つづく。