どうも。。

前回「越中大門駅の貨物上屋とセメント専用線跡【2017GW】」の続きです。
高岡で一泊して、翌日は魚津方面へ行ってみることに。

DSC04934
高岡駅から"あいの風とやま鉄道"に乗って、魚津駅で下車。
実は三セク化後は初乗車でした。。
車内から前日に見た越中大門駅の貨物上屋と専用線跡を撮るつもりでしたが、2両編成にすし詰め状態で泣く泣く断念…
475系のボックスシートからゆったり車窓を眺めていた頃が懐かしくなってきます…

DSC04935
あいの風ホームの向かいに見える、富山地鉄の魚津駅ホーム。
1面2線の島式ホームで、ホーム端に木造の詰所があります。
屋根上の看板も良いですね。
かつて魚津駅から伸びていた専用線の留置線が、両ホームの間に残されています。

DSC04938
駅を出て海側の駅前広場に。
地鉄線ホームにある木造の詰所がよく見えます。
くたびれ加減がとても良い感じですね…

DSC04942
魚津駅からは、かつて日本カーバイドの専用線が伸びていて、今で線路跡の敷地が残っています。

DSC04944
1kmもない路線長で、敷地の入口には貨車門が残っていました。

魚津の街は"北陸本線"の頃に乗り鉄したときに、ボックスシートの車窓から見た古い街並みがすごく印象に残っていて、いつか来てみたいと思っていた場所でした。
自転車も持ってきていて良い機会なので、街中を散策しながら進んでいきます。
あいの風とやま線(旧北陸本線)と富山地鉄の高架線沿い。
車窓からは古い屋根瓦の建物が連なる風景で印象的でしたが、自転車でじっくり見てまわるのもやっぱり楽しい街並みです。

DSC04965
線路沿いから少し離れたところにあるアーケードの商店街。

小川沿いの街並み。
道に直交して建つ長屋と、斜めに流れる川とのバランス加減がジオラマ作りの参考になります。
富山地鉄の電鉄魚津駅に到着。
北陸本線の車窓から見える、古びた高架ホームがすごく印象的で、いつか来てみたいと思っていた駅です。
かつては古びた駅ビルが駅舎になっていて特徴的でしたが、数年前に建て替えられてこじんまりした駅になりました。。
バリアフリーへの対応などで仕方ないですが、旧駅ビル時代にじっくり見ておきたかったですね。

DSC04978
瓦屋根の日本家屋だけでなく古めのビルも点在していて、昭和30年代以前の風景が色濃く残る街並みです。

DSC04980
ちょうど町内放送で蜃気楼が出ていると流れたので海沿いへ出てみましたが、よくわからず…

DSC04993
橋からの眺め。
立山連峰がとても壮観です。。
列車と絡めて撮りたかったですが、あいにくタイミングが合いませんでした…

DSC05003
フラフラ散策しながら走っていたら、西魚津駅に着きました。

つづく。