どうも。。

だいぶ前にこんな物を見つけて手に入れていました。

thumb_IMG_7204_1024
ダイソーで売っているコレクションボックスです。
350mm×140mmのクリア展示ケースで、400円(税別)で買えました。
模型メーカーが出している同規模のクリアケースはだいたい1500円くらいするので、結構破格ですね。
土台がフラットなタイプとひな壇型のタイプの2種類がありましたが、ジオラマ用途なのでもちろんフラットを選択…
せっかくなのでこれを使って小さいジオラマを作ってみることに。

いろいろ作りたい情景の候補がありましたが、今回はここに…

DSC02397
山形県の酒田港にある、貨車の解体線です。
臨港地帯の引き込み線が解体業者の敷地横に伸びていて、そこが日本中を駆け回った貨車達の終焉の地になっていました。
解体場の敷地のまわりにはタンク車や有蓋車の廃車体で壁が出来ていて、とても独特な景色でした…

DSC02400

DSC02404
画像は全て2015年8月に撮影。
現在は私有貨車もかなり数が減って、解体作業も各車両センターなどで賄える数しか出ないからか、この解体線も使われてなさそうな様子でした。
強く印象に残った鉄道風景で、いつかジオラマで作ってみたいと思っていたので、今回試しに作ってみます。。

DSC02439
解体線だけでは若干物足りないので、臨港地帯によくある道路を斜めに渡っていく引き込み線跡も再現してみようと思います。
この画像も同じく酒田港です。

thumb_IMG_7180_1024
まずはベースから。
土台はプラ製でシーナリーの食いつきが不安なので、下地としてコルクシートを全体に貼り付けます。

thumb_IMG_7182_1024
線路はKATOのフレキを使用。
ポイントはだいぶ前に中古で買ったメーカー不明の製品です…

thumb_IMG_7183_1024
今回の主役?の廃タンク車。
旧河合製のタンク車とKATOのタキ10600で、メーカーのジャンクセールでB級品としてボディのみ買った物です。
普通に車両として組み上げるには台枠や手すりの入手が面倒で使いどころが見出しづらいですが、今回のような廃車体役は完品を使うにはもったいなく感じるのでむしろ好都合です。

thumb_IMG_7186_1024
タンク体はとりあえず3等分に輪切りにして並べてみました。
酒田港にあった物はほとんどが同径胴タンクでしたが、今回手元にあったジャンクタンク車は異径胴なので、綺麗に壁状に並ばずに上部が開いてしまいますね…
並べ方を工夫する必要がありそうです。

thumb_IMG_7192_1024
線路は土台がプラ材で釘固定がしづらいので瞬着で固定。
ガイアのマルチプライマーを吹いてからレッドブラウンで塗装しました。
線路と平行して道路を作るために、2mmのコルクシートで道路部分をかさ上げ。

thumb_IMG_7201_1024
道路は1mmプラ板で作って、踏切部分のコンクリタイルも再現してみることに。
Pカッターで筋彫りしてタイル目をつけました。


つづく。