どうも。。

前回「安中貨物を見に小名浜の専用線へ…」の続きです。

thumb_IMG_7673_1024
せっかくなので、東邦亜鉛専用線から小名浜駅まで辿ってみます。

DSCN1047
2013年4月撮影のほぼ同じ場所。
この時はまだ腕木式信号機が現役でした。

DSC06119
現在の旧宮下駅。
この先にある小名浜駅が宮下駅寄りの内陸側へ移転したため、統廃合も兼ねて廃駅になってしまいました。
構内のポイントは撤去されて、配線がスルー化されています。

DSCN1053
同じく2013年4月撮影の宮下駅構内。
この頃はまだ留置線が数本あり、安中貨物もここが発着駅・常備駅になっていました。
ちょうどタキ1200に運用が置き換わった頃で、タキ15600がまとめて留置されていましたが、結局これが最後に見たタキ15600になってしまいました。

thumb_IMG_7675_1024
廃駅となって構内の配線などもかなり簡略化されてしまいましたが、駅舎は今も現存していました。
貨物駅とはいえ、駅名板も掲げてある本格的な駅舎です。

thumb_IMG_7674_1024
旧宮下駅構内には撤去された腕木式信号機や車止めの他に、静態保存?のロッド付き機関車の車輪が…

thumb_IMG_7676_1024
小名浜駅まで単線並列となった線路。
真新しい軌道ですが、相変わらず木製枕木が使われています。

DSC06131
内陸側へ移転して新しくなった小名浜駅。
コンテナホーム1面2線に留置線数本の終着駅ですが、真新しい駅に発着するコンテナ列車もなかなか良いです。

thumb_IMG_7678_1024
かつて小名浜駅があった敷地にはイオンモールが建設中でした。
留置線に佇むタンク車を見に初めて小名浜を訪れた以来、来るたびに景色が変化していくのが嬉しくも寂しくもあります。

44
2012年の夏にほぼ同じ場所(アクアマリンふくしま入口前)から撮った写真。
旧小名浜駅から港側へ本線からスイッチバックする方向で専用線が伸びていましたが、ご覧のように既に廃線となっていました。

専用線は岸壁と道路の間を一直線に進んでいき、このような景色に…

16
約8線の大きなヤードに広がり、港に沿って建ち並ぶセメントサイロへと向かっていました。
サイロは4社分が並んでいるので、そのぶん最盛期は往来する貨物列車の数も多かったのだろうと思います。
夕暮れに照らされる広い廃ヤードとセメントサイロがすごく印象的でした。

58
ヤード横で納車して1ヶ月も経っていない自転車(ORiBIKE)と撮影。

thumb_IMG_7683_1024
5年が経過した、2017年夏の写真。
自転車は特に大きな変化もなく5年間走り続けています。
専用線はというと、既に線路は全て撤去され、舗装されて駐車場になっていました。

DSCN1060
ちなみに2013年春に訪問したときにはヤードの線路は撤去されていました。
前年に見たのが最初で最後の機会になってしまいました…

thumb_IMG_7679_1024
再び2017年夏現在に。
何か痕跡は残っていないかと探してみたら、サイロへの入口付近の踏切跡に線路が残されていました。。
Googleマップで確認すると、立ち入り禁止の埠頭敷地内に桟橋方向へ分岐していく踏切線路も残っているのが確認できます。

thumb_IMG_7682_1024
かつて見た廃ヤードと同じくらい広大な埠頭沿いの道路。
以前の訪問時は道路の右手にも化学工場がありましたが、それもまた姿を消していました。

thumb_IMG_7680_1024
埠頭の道路から内陸側へ向かう道に入ると、ここにもまた専用線の痕跡が残っています。
レールは撤去されていますが路盤や枕木は現存していて、分岐していたと思われる貨車門も。

thumb_IMG_7681_1024
さらに進むと踏切部分に線路が。。
このまま右カーブしながら旧宮下駅構内へと繋がっていました。

thumb_IMG_7684_1024
帰りがけに見た、夕暮れの留置線。
来るたびに変化している小名浜のなかで、ここは意外と変わり映えしていないかもしれません。


thumb_IMG_7687_1024


おわり。