どうも。。

前回「貨車解体線のミニジオラマを作る(1)」の続きです。

thumb_IMG_7537_1024
1mmプラ板で作ったにはPカッターで筋彫りして道路外周のブロック表現を入れていますが、踏切のレールと接する部分にも同じようにブロック表現しました。
本来なら左右のブロックが揃って設置されるはずですが、斜めに横断する形状で位置合わせが難しかったので適当です…

thumb_IMG_7410_1024
線路にはKATOのバラストを撒き、地面はモーリンのリアルサンドとKATOのターフを使ってみました。

thumb_IMG_7890_1024
ボンド水溶液が固着したら、エアブラシで線路まわりをウェザリング。

thumb_IMG_7893_1024
道路はニュートラルグレー2種類で舗装と外枠のブロック部分とを塗り分けました。
舗装はもう少し薄い色でも良かったかもしれません。

thumb_IMG_7898_1024
路面の白線も塗り分けで再現。
踏切で線路が横断する道路ですが、専用線の末端部なので停止線もありません。

thumb_IMG_7297_1024
秩鉄風にするために真っ黒にしていたワキ5000のボディも、色あせたとび色風に塗り直しました。
ウェザリングもついでに行っています。

thumb_IMG_7895_1024
ワキだけでは長さを稼げなかったのでワムを置きたかったですが、ジャンク箱を探しても見つからなかったので、ひとまず別のジャンク車群からホキを廃車体して仮設置してみました。
ちょっと全高が低くて物足りない気もします。

thumb_IMG_7896_1024
輪切りになったタキも順次ウェザリング。
錆びて塗装が剥がれた表現を筆塗りで追加したあと、エナメル塗料で全体に汚しを入れています。
本設置のときは長さと配列をもう少し変える予定です。

thumb_IMG_8106_1024
線路と道路を区切る柵は、専用線やローカル線沿線でよく見かける廃レールを再利用したものを再現してみようと思います。
T型のプラ棒に0.5mmの穴を2箇所開けて、そこに0.4mmのエナメル線を通して瞬着で固定しました。
エナメル線は真鍮線などに比べて柔らかくて直線が出しにくいですが、程よいヘロヘロ感が出るのがかえって良い感じです。

thumb_IMG_8107_1024
ガイアカラーのマルチプライマーを吹いたら、オキサイドレッドで1発塗り。
エナメル塗料でウェザリングして、つや消しを吹いて完成です。

thumb_IMG_8109_1024
線路も鉄色なのであまり目立たなかったかもしれません。。

つづく。