どうも。。

以前、1/150スケールで6.5mm軌間のナローゲージとしてグランビー鉱車をプラ板からフルスクラッチしました。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

thumb_IMG_2591_1024
外観上はそれなりに出来ましたが、実車通りに軸受けを内側に配置したのが災いして走行抵抗が非常に大きく、運転して遊べるものにはなりませんでした。
しかし、石灰石鉱山レイアウトでは走行する鉱石運搬列車の存在が外せないと思っていたので色々と策を考えていたら、こんな商品が新発売されました。

IMG_1527
Zゲージを精力的にを展開しているロクハンから発売された、Zショーティーです。
某Bトレインの1/220スケール版のような短縮デフォルメ車両で、足回りがダミーの車体セットに別途走行用の足回りを取り付けて遊ぶスタイルです。
台車はDT33のような形状のノーマルタイプと平たいデザインの新幹線タイプの2種類で、それぞれ動力・トレーラーが発売されています。
発売直後から一部界隈では話題になっていたので、自分もNナロー素材として購入してみました。

試しに走行させてみたところ、片台車駆動ですが思った以上にスムーズに走ってスローも結構効いて、かなり良い感じでした。。
トレーラー台車は集電板のピポット軸受になっていて転がりが非常に良く、手頃な値段ですがとても満足度の高い製品でした。
この動力ユニットとトレーラー台車を使えば安価に安定走行可能な鉱石列車が作れそうなので、早速追加購入して製作に取り掛かることに。

thumb_IMG_1401_1024
鉱車は実車通りの内側軸受を諦めてZショーティー台車をポン付けする方式に。
飾り気のない新幹線用台車は鉱車のような産業用車両にもそのまま使えるデザインに見えます。

thumb_IMG_1402_1024
今現在発売されているZショーティーはライト点灯しませんが、将来的に点灯に対応するのかトレーラー台車には集電板が付いています。
今回は鉱車からは集電する必要が無いので車体と干渉する部分のみ切り落としました。

thumb_IMG_1403_1024
以前のグランビー鉱車製作で作りかけのまま放置していたナベをそのまま流用して、台車を取り付けます。
メンテナンスを考慮してネジ止めにしたかったですが、余裕の無い造りのため断念して瞬着で固定。

thumb_IMG_1404_1024
線路に載せてみるとこんな感じに。
新幹線タイプの台車が思ったよりも違和感ない気がします。
転がり性能が非常に良く、これなら無加工のZショーティー動力で複数両を牽引できそうです。

肝心の動力車ですが、やはり動力は機関車に…と思い動力ユニットのサイズに合わせて坑内機関車風のボディを作ってみました。

thumb_IMG_0145_1024
キャブはGMの保線車両から流用し、動力ユニットの高さギリギリに車体を設計しましたが、どうにも坑内機関車っぽくなりません…
鉱山用機関車はサイズがかなり小さいものばかりなので、模型で動力ユニットを入れて再現するのは非常に難しいです。
いろいろ考えた結果、機関車に動力を入れるのは諦めて、その代わり車体サイズに余裕も持たせられる人車を作り、それに動力ユニットを組み込んで走行させるユーレイ方式にすることに。

thumb_IMG_1406_1024
石灰石鉱山で鉱車と一緒に人車が連結されて運転されていた例は正直見たことが無いですが、そこはデフォルメということに…
人車は「一円電車」で使われていた物をイメージして製作してみます。
0.3mmプラ板から側板と妻板を切り出して作りました。

thumb_IMG_1407_1024
屋根はGMエコノミーキットの余りパーツから切り出しました。
人一人がギリギリ入れるレベルのとても狭いドアと建築用のような質素な窓サッシで作られた、いかにも鉱山の検車場で自製されたような車両にしてみました。

thumb_IMG_1409_1024
動力ユニットはノーマルタイプを使用。
モーターとウェイトが体積ギリギリに詰まっていて小型化の余地は無いですね。

thumb_IMG_1408_1024
横から見るとこんな感じ。
鉱車よりもだいぶ全高が高いですが、それでも人が乗るには屈まないといけないくらいの小さい人車です。
ドア下にステップを付けたかったですが、台車が振れたときに干渉してしまうで諦めました。
連結器はアーノルドのまま使うことにしましたが、鉱車同士は間隔を縮めるために真鍮線で連結させます。
電気機関車を作ったあとに塗装に入ろうと思います。

つづく。