mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ:車両製作 > フリーランス車

どうも。。

今年に入ってからレイアウト用のフリーランス地方私鉄車両の増備を進めていますが、今回もその続きです。

IMG_7082
この前は「フリーランスの旧型電車を作る」で吊り掛けの旧型車を製作しましたが、もっと車両のバリエーションが欲しいのとレイアウトの時代設定が現代であるので、今回は現行の主力形式を作ります。

IMG_3636
写真を撮り忘れていきなり箱組状態になってしまってすいません…
前面は鉄コレ19弾のNDCの物をベースに、裾部分にプラ板でアンチクライマー形状の窪みを追加・ヘッドライト埋め込み・貫通扉上に方向幕開口などの改造を施しています。
側板はGMの西武新2000系を使用していて、切り継いで16m級3ドア化しています。
屋根板も鉄コレ19弾の物を切り継いで、クーラー取り付け穴や排気管などを埋めて使用。

IMG_3861
雨樋は0.3×0.3のプラ線材を貼って再現。
とても細くて繊細なので一直線に貼り付けるのはコツが要りました。
パンタの配管も真鍮線でそれらしく作ってみました。

IMG_3740
サフを吹いて見逃した細かい傷などを修正。
切り継ぎ箇所や削り加工部分が多いので大変でした…

thumb_IMG_3385_1024
同時施工として中間化改造車の2両編成も整備します。
作業内容はレイアウトのフリーランス電車を増備する(1)」の続きになります。
一度は形にして塗装しましたが、カラーリングがどうにもしっくり来なくてそのまま放置状態になっていました。
結局IPAに漬けて塗装を落としてやり直すことに。
IPAに漬けてラッカーパテで埋めた継ぎ目が出てしまったりしたので、瞬着で成形し直してます。

IMG_7609
2両編成のほうも雨樋を両運車に合わせて改修しました。
使った屋根パーツが違うので、屋根上機器の配置に差異が出ています…
とりあえず形になったのでこれで塗装に入ることに。

IMG_9156
メインのクリーム色はガイアカラーのインテリアカラーを。

IMG_9204
乾燥し終わったらマスキングして、今度は車体下部の赤色へ。
MrカラーのMSシャアレッドを使っています。

IMG_9209
マスキングを剥がして今度は前面のブラックフェイスを塗り分け。

IMG_9234
2両編成のほうはリニューアル車ということでカラーリングを少し変えて、側窓まわりをグレーに。

IMG_9816
屋根の塗装とタッチアップ・色差しをしたあとに半つやクリアを吹いています。
屋根はウォッシングで軽くウェザリングしてからつや消しクリア塗装に。

FullSizeRender
前面窓は車体に取り付ける前に前照灯部分の塗り分けをしておきます。
両サイドの窓上に角形の前照灯が入っていることにしたいので、裏側に四角くマスキングしたところにフラットブラックを塗って再現。
他にパンタ・クーラー・足まわり関係も塗装していますが写真を撮り忘れていまいした…
車体にパーツを取り付けたら完成です。

IMG_9850
長い放置期間を経てようやく完成しました。。
ウチのフリーランス地方私鉄の自社発注電車です。
16m級で3ドアの手頃な中古車両が無かったため、新製車体に譲渡品の機器流用で製造された車両という設定です。
形式名は以前作った同型車が1000形を名乗っていたので、これも1000形ということにします。
一応当線の主力形式になっている設定です。

IMG_9851
NDCの前面に両運転台で、地方路線らしさを出したつもりです。
頻繁に増解結する運用をするという設定なのでカプラーは電連に。
スカートは形状によって印象が変わりやすいので悩みましたが、以前製作した車両と同じくGMの京王6000系用を付けました。

IMG_9854
足回りは基本的に鉄コレの元銀座線(日立or銚子)の物を流用していて、台車も実在の地方私鉄で使用例が多くあるFS510を履いています。
パンタグラフはGMのPT71Dを塗装して載せていて、ダブルパンタにしています。
クーラーは東武の分散クーラーを使っていますが、この車体に2基だけでは足りない気もしますね…
ローカル線区で走る車両ということでドアボタンも装備。

IMG_9847
同時竣工した2両編成のほうは両運車とは違った形態に。
導入から年数が経ち譲渡品機器の老朽化や予備パーツの確保難が目立ってきたため、大規模更新工事によってリニューアル車になったという設定です。
基本的な車体構造は未更新車である両運転台車と同じですが、更新工事によってVVVF化や台車の換装を行っていて、カラーリングも側窓まわりにグレーが追加されて最新車両に似た形態になりました。

IMG_9848
更新前は片運転台車と両運転台車の組み合わせでしたが、更新を機に固定編成化。
中間側になる運転台が撤去されて、乗務員室の客室化と乗務員扉の閉鎖(固定窓化)が行われています。
しかしコストを抑えるために完全な中間化はされず、NDCタイプの前面形状がそのまま残された形態になっています。
先頭に立てない中間車であることを強調するために転落防止柵も付けてあります。
足回りはGMのVVVFの床下機器をそれっぽく組み合わせて付けました。

IMG_9849
併結運用が多い設定なので、2両編成のほうに動力を入れて両運転台車はT車にしています。
単行での運用は末端部の区間運用のみで、基本的に2〜4両での運転が多い想定です。

前面裾の窪みと側窓のグレー塗装はのと鉄道のNT200形からアイデアを得ていて、単行と2両編成が混在して運用されているところや全体的な雰囲気は、えちぜん鉄道の車両をモチーフにしています。

IMG_9827
結構な長い間放置状態の形式でしたが、これでやっと走らせられる状態にすることができました。
ウチのフリーランス地方私鉄のバリエーションにも厚みが出てきたと思います。
この形式を主力にしたいのでもっと増備したいところですが、切り継ぎや加工箇所が多いので、鉄コレの塗り替えだけで済む他形式と違って製作が大変です…
車両が出揃ってきたのでレイアウトの建物や地面作りも進めたいですね。

つづく。。

どうも。。

ウチのフリーランス架空地方私鉄は今のところ石灰石鉱山レイアウトと地方都市レイアウトとで2つ"拠点"を持った形になっていますが、その規模に対して車両数が少ないことが去年のJAM以降ずっと引っ掛かっていました。
待避線や留置線の数がそれなりにあるのに止まっている車両が少なかったので、やや物足りない状態になっていたかと思います。
なので今年はレイアウト・ジオラマ作りと並行して、車両の増備も進めていくことにしました。
時代設定は現代でやっているので車両も今現在の水準のものをメインに揃えていくつもりですが、旧型車両もある程度在籍させておきたいのと歴史的な厚みを持たせたいので、少し作ってみることに。

IMG_6837
種車は鉄コレの伊予鉄道モハ106を使用。
両運転台車ですがそれぞれ前面形状が違っています。
ウチの架鉄では基本的に貫通構造の車両で統一したいと思っていたのと、2両編成にして運用したいので少し改造します。

IMG_7015
IPAに漬けて塗装を剥離したあとに非貫通側の前面を加工。
中央部の窓部分を貫通構造に開口して、幌が取り付けられるように柱をプラ板で太くしました。
テールライトを撤去して、アンチクライマーも貫通幌に干渉するので削りました。

種車確保の都合で片方だけ同一金型である銚子電鉄のデハ801を使いましたが、銚子の車両はガラスパーツの窓サッシが金色になっています。
そのままでは仕様を統一できないので、その後もう1両伊予鉄を入手して窓パーツを供出しました。

IMG_6975
屋根は一体成形のベンチレーターだと塗り分けが大変なので削り取ってしまいました。
KATOのAssyパーツのグロベンに置き換えます。
中間側になるヘッドライトは撤去して穴を埋めます。

IMG_7018
車体の加工は前面のみなので早速塗装。
渋めのアイボリー系色にしたかったので、Mrカラーの321番を吹きました。

IMG_7048
カラーリングは従来の車両と統一するか、旧塗装として別のカラーリングにするかで悩みましたが、結局従来車と同じ赤色を入れて路線カラーを揃えて統一感を出しつつ、旧型車らしさも出すだめにアイボリーよりも少し暗めな321番と取り入れました。
塗り分けも中央部がアイボリーのパターンに変えています。
赤色はMrカラーのMSシャアレッドを使用しています。

IMG_7047
足回りや屋根・パンタも塗装。
ウェザリングも同時施工しました。

IMG_7055
車体のマスキングを剥がすとこんな感じに。
タッチアップと色差しをしたあとに半光沢クリアを吹いて仕上げました。

IMG_7054
屋根もパンタ周りをウェザリングしましたが、慎重に吹いたせいか思ったほど目立たなかったです。

FullSizeRender
グロベンはそのまま付けると屋根と完全に触れる状態になってしまうので、実物のグロベンのように少し隙間を開けることに。
以前同じようにグロベンの取り付ける車両を載せていた方が極小ワッシャーを使っているのを思い出して、自分も真似させて頂きました…
秋葉原のネジ店で黒色のM2ワッシャーがあったので、これを使ってみることに。
通常のメッキ色のワッシャーと違って黒色なので、そのまま入れても目立ちません。

IMG_7067
連結器は今のところ増結せず2両固定編成で走らせようと思っているのでダミーカプラーのままです。
先述したように前面形状が前後で違っていてパンタも片側のみなので、本来ならこの組み合わせだと前面の違いがそのままになってしまいますが、この車両は屋根板を反対向きにも付けられるので、一方の車両の屋根を反転させることでパンタ位置を揃えました。

IMG_7078
とりあえずこれで完成ということに。。
16m級3ドアの自社発注車で、導入当初は両運転台でしたが後年に併結運用が常態化し、中間側の運転台が撤去されて固定編成となって活躍しているという設定です。

IMG_7079
2両固定編成化された中間側。
撤去されたのは運転台とライト類のみで、乗務員扉や車内の仕切などまそのままという設定です。
常に編成を組んだ状態になるので、貫通幌を付けていて連結器も配管付きのKATOカプラーになっています。

IMG_7080
従来車の元銀座線と。
同じ赤色を使って路線カラーを統一しつつ、アイボリーの色合いと塗り分けで旧型車らしさを出せたかと思います。

IMG_7082
16m級3ドアの吊り掛け旧型車は15m級などと比べると種車の選択肢があまり無いので、今後旧型車を増備するとしたら同一形式になるかもしれません。
前回「KATOのチビ凸を改造してフリーランス電機に」の除雪凸型電機2両と今回の旧型車編成がとりあえず形になったので、次はやはり時代設定が現代なので現行の主力車両を追加していきたいです。

つづく。。

どうも。。
長らく放置してしまい申し訳ありません。
放置期間中も製作を進めたり、色々な場所へ探索へ出掛けたりしていたので、備忘録も兼ねて少しずつアップしていけたらと思います。

まずは工作ネタから。。
去年の話になりますが、KATOのチビ凸がリニューアルされて再生産されました。

IMG_6023
車体やセット構成は変わりませんが、動力ユニットが一新されました。
小型コアレスモーターが搭載されて走行性能がとても良くなりました。

IMG_6024
小型の凸型電機と言えば、個人的には伊豆箱根鉄道やえちぜん鉄道のように同型が2両在籍していてセットで活躍しているイメージが強いので、自分も2セット購入しました。
製品のままでも成形色の割に良い感じの色合いをしていて社紋も入っているので十分な気もしますが、せっかくなので塗り替えてウチの架空鉄道仕様にしようと思います。

IMG_6171
まずは塗装のために車体を分解。
足回りも成形色が気になったので動力ユニット兼台枠・デッキを塗装するために動力ユニットも分解しました。
中身はこんな感じで、意外と大きめなコアレスモーターが入っていて、ウォームギアが一体になったフライホイールが付いています。
とても小さいギアが組み合わさって両輪を駆動させています。
集電板が車輪を吊るような構造でイコライザ機構のようになっていて、それが集電性向上になっているようです。

IMG_6348
車体色は悩みましたが結局無難なぶどう色に。
足回りも手堅くつや消しブラックで仕上げました。

IMG_6350
ステップ部分を白で色差ししたあとに軽くウェザリングしましたが、あまり目立たなかったです…

IMG_6413
色々すっ飛ばしてしまって申し訳ないですが、とりあえず塗装や色差しが終わって形になりました。
パンタもマルチプライマーを吹いて塗装してあります。

素の形態のままでは物足りない気がしたので、ジャンク箱に眠っていたスノープラウを当ててみたらちょうど良いサイズ感だったので、えちぜん鉄道のように除雪仕様にしてみることに。
このスノープラウは津川洋行から発売されている排雪モーターカーの別売ラッセルヘッドで、オレンジの成形色だったのでこれもつや消し黒で塗装しました。

IMG_7274
スノープラウは出来ることなら着脱可能にしたかったので、車体との固定方法にはとても悩みました。
結局極小ネオジム磁石を組み込む方法を採用することに。
車体裏とスノープラウに1mm×4mmのネオジム磁石を接着しています。

IMG_7304
元々付いていたカプラーはポケットが外れやすかったので、ボディマウントのナックルカプラーに丸ごと換装。
ネオジム磁石も目立たないようにつや消し黒で塗っておきました。

IMG_7313
除雪時は2両編成で運用されるということにするので、それぞれ片側しかスノープラウの装着に対応していません。
デッキにはKATOのC11のAssyパーツから切り出した手すりを白く塗って取り付けました。

IMG_7302
あまりゴテゴテさせすぎるのも似合わなそうなので、これで完成ということに。。
車番や社紋を入れたいところですが、手頃なインレタやデカールが無かったので、なんとかして自作する方法を見つけたいです…

IMG_7305
地方都市レイアウト上にて。
ウチの架空地方私鉄での貨物輸送は主にD級箱型電機が主力を担っているため、このB級凸型電機はスノープラウを装備して冬季の除雪列車としての運用がメインになっている設定です。
夏季はスノープラウを外し、工臨や構内の入れ換え運転などに使用されています。

…奥の電車についてものちほどアップします。。

つづく。

どうも。。

石灰石鉱山レイアウトと地方都市レイアウトの架空地方鉄道シリーズでは、電車は車体の切り継ぎや塗装変更などの改造を施してオリジナルのフリーランス車両をいくつか製作して専用車にしていました。
しかし石灰石鉱山レイアウトで重要なポジションになるはずの機関車や貨車は、市販の完成品や鉄コレをそのまま投入している物足りない状況でした。

thumb_IMG_1582_1024
去年のJAMでの車両はこんな顔ぶれでした。
「東武のED5060を譲受し、東武時代の塗色のまま運用している」というザルな設定で無加工(動力組み込みのみ)で走行させていました。
これはこれで気に入ってはいますが、さすがにこれだけでは架空鉄道の世界観に厚みが出ないのと、やっぱりオリジナル車両が欲しいということで、とりあえず1両作ってみることに。

IMG_3668
レンタルボックスで開封売りされていた中古品を購入。
ED14との抱き合わせ販売になっていてこの値段はお得でした。
2両とも地方私鉄にふさわしい機関車なので、手を加えてウチの架空鉄道に編入させたいと思います。

IMG_4720
まずは岳南鉄道のED40形から。
実車は1965年に松本電気鉄道でダム建設資材運搬用に導入され、のちに岳南鉄道に移籍し近年まで貨物輸送で活躍していました。
デッキ付きでD形機という私鉄電機規格でありながら、国鉄型直流電機のようにカーブした前面窓が近代的な印象でとても好きな車両です。
岳南鉄道での貨物輸送が終了したあとも解体されずに留置されていますが、いつか再び走る姿を見てみたいですね。

…一通り鑑賞したら、早速車体をバラしてIPAに漬けて塗装剥離。

IMG_3698
まずはMrカラーの321番で全体を塗装。
そのあと2色に塗り分けるために中央付近をマスキング。

IMG_3702
同じくMrカラーの72番で残りを塗装。
こんな感じの塗り分けになりました。

IMG_3752
デッキの手すりは成型色っぽさが目立つので、これも塗装しました。
ガイアカラーのマルチプライマーを吹いたあとにフラットホワイトを吹いています。

IMG_3746
台車と床下機器はグレーに塗り替えたあとにウェザリングしました。

IMG_3745
屋根も市販状態では明るめのグレーだったのを少し暗めのグレーに塗り替えて、ウェザリングも施しました。
ウェザリングはちょっと均一になりすぎた気がします…

IMG_3754
デッキに手すりを取り付け。
側面 側のボディを繋がる手すりは、ボディと接着してしまうと構造上動力ユニットの取り外しが出来なくなってしまうので、メンテ時を考慮してデッキ側のみ接着するようにしています。
軟質プラなのでプライマーを吹いても塗膜が剥がれやすいです…

あとはヒゲの色差しとライトや窓ガラス類を取り付けて、塗装してストックしておいたパンタを載せて完成です。

IMG_3755
形式名などはまだ決めていませんが、60年代後半に自社発注して今も貨物輸送で主力を担っている電気機関車ということにしたいと思います。
石灰石鉱山から臨港地帯の間を石灰石・セメントや化成品を単機か重連で輸送しています。
電車はクリーム+濃赤系色なので、機関車は青系にしてみました。
こうして斜めから見れば「架空鉄道の車両」に見えますが、正面から見ると国鉄型電機っぽい塗り分けに見えてしまうのが少し引っかかるポイントになりました。
右の電車もおいおい紹介したいと思います。。

IMG_4721
貨物輸送時のイメージ。
ジャンク品で入手したホキ10000は社名板が無くなっていましたが、貨車の社名も架空会社にしようと思っていたのでそのまま架空鉄道部門に編入です。
石灰石鉱山から臨港部の製鉄所への石灰石輸送を担っているという設定にします。

実はまだカプラーがダミーのままですが、市販の台車マウントではデッキ下を大きく切り欠く必要があるので、なんとかボディマウント化改造しようと思います。

IMG_3838

つづく。

どうも。。

だいぶ間があいてしまいましたが、前回「レイアウトのフリーランス電車を増備する(1)」の続きです。
NDC顔の自社発注車1000形(中間化改造更新車)の製作と並行して、元銀座線も増備します。

thumb_IMG_4993_1024
中古で鉄コレ第8弾の銚子電鉄を2両確保したので、2両ともフリーランス化することに。
基本的に以前製作した第1号車のデハ801(リンク)と全く同じ作り方にしますが、 併結運用が前提なので今回増備分は2両ともT車に。
バラしてボディをIPAに漬けて塗装を剥離したら、ガイアカラーのインテリアカラーとMrカラーのシャアレッドのツートンで塗装。

thumb_IMG_5592_1024
デハ801と同様に、シール用紙に印刷して作った半自動ドアボタンと車外スピーカーを貼り付け。

thumb_IMG_5588_1024
TNカプラーだけは若干変更しました。
以前の801FではJC25を台車に干渉しないようにカットして使用しましたが、バネが入っていないのが多少デメリットでした。
そこで、今回は箱根登山鉄道のアレグラ用の物(JC6337)に変更してみます。
このカプラーは台車側が干渉を避けるために小型化されているので、クリアランスが厳しい車両にも取り付けられます。
独特な形状の密連なのがネックで、結局頭の部分をあとから電連1段付きのタイプ交換しました。

thumb_IMG_5589_1024
床下機器は市販状態のまま無改造ですが、一応台車と一緒にグレーで塗装しました。

thumb_IMG_5598_1024
パンタは屋根板が改造してパンタ台の都合でGM製に。
グレーで塗装後に擦り板をマーカーで色差ししています。


まだアンテナが付いていないですが、ひとまず形になりました。。
非動力車になった以外は、以前製作したデハ801と一緒です。
車番も続番でデハ802・デハ803に。
自分のレイアウト上の架空鉄道は時代設定が現代(2010年代)なので、地方私鉄とはいえ車種をある程度統一したほうがそれっぽいと思い、同一形式を増備してみました。
総数3両になったことで、石灰石鉱山レイアウトの最大ホーム有効長である3両編成に単一形式で対応できるのと、2両編成と1両編成のすれ違いなんかもできて遊び方が広がりますね。

屋根上も全く同じ仕様です。
GM京王6000系の2連用屋根を切り継いでダブルパンタ化して、配管も切り継ぎ位置をずらすことで繋がったように見せています。
鉱山のある山岳部への入線対策として霜取りパンタを装備させていて、片側のみシングルアームに交換されて変則的なルックスに。
クーラーもデハ801と同じく鉄コレ19弾から外したクーラーを搭載。後付けの冷房化のため、屋根上強度に負担の少ない薄型クーラーを採用しているという設定です。
全体的にウェザリングして色合いを落ち着かせておきました。


できれば前面に「ワンマン」の表示や方向幕も欲しいですが、まだデータ未作成です…
併結させる機会が多いので貫通幌も付けたほうが良さそうですが、ミニカーブ通過時の干渉が不安ですね。
 
ずっと後回しになってしまっていましたが、NDC顔の1000形"更新車"もやっと竣工できると思います。。

つづく。
 

↑このページのトップヘ