mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ: 石灰石鉱山レイアウト:新

どうも。。

以前、1/150スケールで6.5mm軌間のナローゲージとしてグランビー鉱車をプラ板からフルスクラッチしました。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

thumb_IMG_2591_1024
外観上はそれなりに出来ましたが、実車通りに軸受けを内側に配置したのが災いして走行抵抗が非常に大きく、運転して遊べるものにはなりませんでした。
しかし、石灰石鉱山レイアウトでは走行する鉱石運搬列車の存在が外せないと思っていたので色々と策を考えていたら、こんな商品が新発売されました。

IMG_1527
Zゲージを精力的にを展開しているロクハンから発売された、Zショーティーです。
某Bトレインの1/220スケール版のような短縮デフォルメ車両で、足回りがダミーの車体セットに別途走行用の足回りを取り付けて遊ぶスタイルです。
台車はDT33のような形状のノーマルタイプと平たいデザインの新幹線タイプの2種類で、それぞれ動力・トレーラーが発売されています。
発売直後から一部界隈では話題になっていたので、自分もNナロー素材として購入してみました。

試しに走行させてみたところ、片台車駆動ですが思った以上にスムーズに走ってスローも結構効いて、かなり良い感じでした。。
トレーラー台車は集電板のピポット軸受になっていて転がりが非常に良く、手頃な値段ですがとても満足度の高い製品でした。
この動力ユニットとトレーラー台車を使えば安価に安定走行可能な鉱石列車が作れそうなので、早速追加購入して製作に取り掛かることに。

thumb_IMG_1401_1024
鉱車は実車通りの内側軸受を諦めてZショーティー台車をポン付けする方式に。
飾り気のない新幹線用台車は鉱車のような産業用車両にもそのまま使えるデザインに見えます。

thumb_IMG_1402_1024
今現在発売されているZショーティーはライト点灯しませんが、将来的に点灯に対応するのかトレーラー台車には集電板が付いています。
今回は鉱車からは集電する必要が無いので車体と干渉する部分のみ切り落としました。

thumb_IMG_1403_1024
以前のグランビー鉱車製作で作りかけのまま放置していたナベをそのまま流用して、台車を取り付けます。
メンテナンスを考慮してネジ止めにしたかったですが、余裕の無い造りのため断念して瞬着で固定。

thumb_IMG_1404_1024
線路に載せてみるとこんな感じに。
新幹線タイプの台車が思ったよりも違和感ない気がします。
転がり性能が非常に良く、これなら無加工のZショーティー動力で複数両を牽引できそうです。

肝心の動力車ですが、やはり動力は機関車に…と思い動力ユニットのサイズに合わせて坑内機関車風のボディを作ってみました。

thumb_IMG_0145_1024
キャブはGMの保線車両から流用し、動力ユニットの高さギリギリに車体を設計しましたが、どうにも坑内機関車っぽくなりません…
鉱山用機関車はサイズがかなり小さいものばかりなので、模型で動力ユニットを入れて再現するのは非常に難しいです。
いろいろ考えた結果、機関車に動力を入れるのは諦めて、その代わり車体サイズに余裕も持たせられる人車を作り、それに動力ユニットを組み込んで走行させるユーレイ方式にすることに。

thumb_IMG_1406_1024
石灰石鉱山で鉱車と一緒に人車が連結されて運転されていた例は正直見たことが無いですが、そこはデフォルメということに…
人車は「一円電車」で使われていた物をイメージして製作してみます。
0.3mmプラ板から側板と妻板を切り出して作りました。

thumb_IMG_1407_1024
屋根はGMエコノミーキットの余りパーツから切り出しました。
人一人がギリギリ入れるレベルのとても狭いドアと建築用のような質素な窓サッシで作られた、いかにも鉱山の検車場で自製されたような車両にしてみました。

thumb_IMG_1409_1024
動力ユニットはノーマルタイプを使用。
モーターとウェイトが体積ギリギリに詰まっていて小型化の余地は無いですね。

thumb_IMG_1408_1024
横から見るとこんな感じ。
鉱車よりもだいぶ全高が高いですが、それでも人が乗るには屈まないといけないくらいの小さい人車です。
ドア下にステップを付けたかったですが、台車が振れたときに干渉してしまうで諦めました。
連結器はアーノルドのまま使うことにしましたが、鉱車同士は間隔を縮めるために真鍮線で連結させます。
電気機関車を作ったあとに塗装に入ろうと思います。

つづく。

どうも。。

ものすごく久々のレイアウト製作記事です。
間があいてしまって申し訳ありません…

毎度毎度言うのも恥ずかしいですが、再び石灰石鉱山レイアウトの製作を再開しました。
今までは地形や地面を作るのが先か、建物を作るのが先かで悩んで、結局全然進まなくなる現象に何度も停滞していました。
これではもうキリがないので、大まかな建物を先に作ってから地形を建物に合わせていくプランで進めることにしました。

石灰石鉱山の工場建築はかなりの数の自作建築が必要になりますが、その中でも線路上に配置されて貨物列車と直接関わりのある、積み込みホッパーを作っていこうと思います。
入り組んだ工場設備を一から考えていくのはとても大変なので、石灰石のゴール地点でもあるホッパーを先に作っておけば設備の順序も割り出しやすくするという目的もあります。

DSCN0684
石灰石積み込みホッパーの例(秩父鉄道影森駅側線)。
今まで数多くの石灰石鉱山を見に行ってきましたが、その中でも現役で本線鉄道の貨物輸送が行われていて規模も大きく、自分のイメージにも合っていた影森駅の構外側線にある物を主なモチーフにして作っていきます。
今回作るのは1線分で長さも貨車1両分なのでかなりデフォルメすることになりますが、コンクリ製の土台部分にトタン張りの構造物が載った方式を再現して作ってみます。

thumb_IMG_3170_1024
土台となるコンクリ部分は当初はプラ角棒やプラ板で自作する予定でしたが、ジャンクセールで買っておいたGMの中型駅キットの側板を加工して作れそうだったので試してみることに。

thumb_IMG_3171_1024
こんな感じで側板の柱部分だけを切り出すとホッパーの土台部分に近い形状になります。

thumb_IMG_3173_1024
裏側は肉抜きされているのでプラ板で柱部分を塞ぎます。
そのままの厚さでは柱にしては薄すぎるので1mmプラ板を使って拡幅しました。

thumb_IMG_1081_1024
中央部を1mmプラ板とプラ角棒で繋いでホッパーの形に。
貨車を通してみたところ高さが若干低めだったのでプラ角棒で柱を延長しました。

thumb_IMG_1053_1024
上部の構造物はプラ板とプラ角棒からの自作です。
WAVEのグレーのプラ板は少々お高いですが、白いプラ板に比べて形状把握がしやすいです。

thumb_IMG_1054_1024
窓枠の厚みが目立たないように外板は0.3mmプラ板を使用していますが、それだけでは強度不足なので内側に0.5mmプラ板を貼り、各サイドには2mm角棒で梁を付けて強度を確保しました。

thumb_IMG_1064_1024
窓のほかにGMの建物キットから切り出した排気ダクトを取り付け。
屋根も0.5mmプラ板で製作します。

thumb_IMG_1073_1024
建物が形になったらトタン板を貼っていきます。
トタン板は海外メーカーから発売されているアルミ製の模型用トタン材で、GMのコルゲート板よりも若干波が大きめです(HOスケール製品のようです)。
下から順番に0.5mmずつ下端を被せて段々になるように貼り付けていきます。
金属パーツなので当初は瞬着で付けていましたが、少しの衝撃でもパリパリ剥がれてしまうので結局ゴム系接着剤を使いました。

thumb_IMG_1074_1024
ここまで作って、上部構造物への出入り通路が無いことに気づきました…
上部への経路をいろいろ考えた結果、ジオコレの「コンビナートD 積み出し所」に入っている階段パーツを加工してホッパーに外階段を設置することに。

thumb_IMG_1077_1024
こんな感じで階段を接続してみました。
階段の位置に合わせて出入り口も追加製作しました。
ドアはトタンを剥がしてプラ板地にして、ドアノブ代わりに真鍮線を埋め込んだだけの簡易表現ですが、一応ドアに見れるかと思います。。
まだ仮組みなので宙に浮いた状態ですが、完成時は階段にも柱を取り付けます。

thumb_IMG_1066_1024
とりあえずシルエットは出来たのでレイアウトに仮置き。
思ったよりもサイズが大きくて背後の工場群が隠れてしまいそうです。
貨車とのバランスはなかなか良い感じなので、このままトタンを貼って塗装に入ろうと思います。

つづく。。

どうも。。

相変わらず石灰石鉱山レイアウト作りです。
前回の製作記事「石灰石鉱山レイアウトを作る:貨物上屋を自作してみる」で貨物上屋を作った流れで、今度はセメント積込施設を製作しようと思います。

thumb_IMG_4985_1024
数ヶ月前に撮った写真ですが、実はセメント積込施設は試作済みでずっと配置していました(奥の丸屋根の建物です)。
昼飯線にある実在施設をモデルにした貨物上屋と同じく、これもモデルがあります。

DSCN0732
秩父鉄道の武州原谷駅構内にあるセメント積込施設です。
武州原谷駅は貨物駅で旅客列車は通過しますが、貨物列車の拠点駅で広大なヤードが広がっています。
その中でも印象的なのがこのセメント積込施設で、比較対象になる車両が写っていないのでわかりにくいですが凄く巨大な建物です。
学校の体育館のような丸屋根が特徴的で、側面は大きなガラス窓?のようです。
奥側へ隣接するセメント工場と繋がっていて、線路部分にはホームも設置されています。
現在は秩父鉄道のセメント輸送は廃止されたため、この施設も使われていません。

普通の鉱石ホッパーとは違った独特な建物で、ぜひ模型で再現したいと思っていたので石灰石鉱山レイアウトでも取り入れることにしました。。
しかし、あまりにも限られたスペースのため、相当なデフォルメを強いられます…
上の写真での試作品ではGMのバス営業所キットをベースに、屋根長さを切り詰めて側面をプラ板から自作し、プラ角棒を柱にして作った物でした。
バス営業所キットの丸屋根は思ったよりもRがきつく、なんとなくイメージとは違って納得のいかないバランスで結局完成させることが出来ませんでした。
そこで、今度は屋根もプラ材から自作して再チャレンジしてみることに。

thumb_IMG_6322_1024
GMキットの屋根流用をやめて、今度は「こばる」のプラノイタ トタン屋根(瓦棒)から製作します。
電気ストーブに当てて少しずつ熱しながら柔らかくして曲げ癖を付けていき、思い通りのRに成形しました。

thumb_IMG_5858_1024
屋根を支える側板と内梁は、曲げ癖を付けたあとも屋根が反ってくる可能性があるので頑丈に固定することに。
Rはまず1枚完成型を切り出したあとに、それを治具にして残りを量産して同じRで揃うようにしました。

thumb_IMG_6321_1024
こんな感じで屋根と側面・内梁を接着します。
普段の工作ではプラ同士の接着はタミヤセメントを使用しますが、今回はさらに接着面の外から瞬着を盛って強度を上げておきました。

thumb_IMG_5860_1024
以前の試作品と比較。
屋根のRが緩くなって寸詰まり感が軽減されたと思います。

thumb_IMG_6319_1024
1階部分の柱も製作。
以前の物は3mmプラ棒をそのまま使っていたため華奢に見えてしまっていた。
そこで、今回は同じく3mmプラ棒ですが横に2本貼って6mm幅にすることで柱を太く見せることに。

thumb_IMG_6320_1024
セメント積込施設と貨物上屋は隣接した配置です。
もっとスペースに余裕があれば機回しの渡り線を作ったりしたかったですね。
テム300が止まっている場所にもう1棟木造の上屋を建てる予定です。

thumb_IMG_5884_1024
武州原谷と同じように、この背後にも大きな工場施設を建てようと思います。
奥行きにかなり制限があるので、これもまたバランス調整が難しそうです…


つづく。

どうも。。

レイアウト製作、かなり久々になってしまって申し訳ないです。。
相変わらず細々とですが製作を進めています。
地形製作は結局スタイロフォームむき出しのまま止まっていて、建物や道路との配置に悩んでいます…
これでは一向に進まないので、先に建物類を揃えていくことにしました。
特に線路まわりの荷役施設が全然出来ていなかったので、そこから取り掛かります。

荷役施設は石灰石ホッパー、セメントホッパー、バラ積み用の貨物上屋&ホーム、化成品積み下ろし設備を作る予定です。
まずは1番簡単そうなバラ積み用の貨物上屋を作ってみることに。
貨物上屋は以前から作ってみたい景色があって、それを再現してみることにしました。

今は廃線となった西濃鉄道 昼飯(ひるい)線の美濃大久保〜昼飯間の景色です。
ゆるくカーブする複線の片側が荷役線になっていて、小さな貨物ホームが点在する独特の風景でした。
左手の廃屋と草むした軌道が相まって凄く印象に残った風景で、今でも好きな鉄道風景の一つです。
この写真は2010年に撮影したもので、まだ線路や左側の廃屋群が残っていた頃です。

その3年後に撮影した別アングルの写真。
線路沿いの廃屋群が解体されてしまって、皮肉にも貨物上屋が見やすくなりました。
外壁は基本的にトタン板で、線路側はシャッターになって建物の全幅にわたって荷役作業が行えるようになっています。
土台の外周はコンクリブロック積みのようです。
奥にも工場の建物が続いていて、そこから製品を持ってくるんだと思いますが、線路の向こう側が工場敷地なので立ち入ることができず詳細不明です…
2017年現在は線路も撤去されてしまったようです。

この貨物上屋周辺の景色がいつか絶対模型で作ってみたいと思っていました。
スペースの都合でデフォルメしなければいけないので中途半端になるかもしれませんが、石灰石鉱山レイアウトにこの風景を取り入れてみることに。
これを作るためにあらかじめ荷役設備を置く引き込み線は複線にしておいたので、配置場所も決まっていました。

thumb_IMG_5583_1024
 上屋を作る材料ですが、トタン壁を再現するために今まで使っていたグリーンマックスのコルゲート板が再生産されず入手困難なので、代替品がないか探しまわっています。
このまえ巣鴨にある「さかつう」というジオラマ用品の専門店へ行ってみたところ、使えそうな製品を見つけました。
「こばる」のプラノイタ・波板 と、キャンベルという海外メーカー製のアルミ波板です。
こばる製のは0.7〜0.8mm厚くらいのプラ板で、キャンベルのは0.1mmくらいのアルミ板です。
どちらも波の間隔はGMのコルゲートとほぼ変わらず、コスト的にも大きな差は無いのでトタン建築作りでの代替品として活用できそうです。

早速、これを使って停滞していた建物作りを再開することに。。

今回の貨物上屋はこばるのプラ波板のほうを使って製作してみます。
以前製作したトタン建築はトタン板の継ぎ目表現のためにコルゲート板を細かく切り貼りしましたが、今回の貨物上屋は各壁が一枚板で出来ているようなので、アルミ波板よりもプラ波板を使うほうがお手軽です。
外壁の形に合わせて切り出しました。

thumb_IMG_5752_1024
線路側のシャッターも波板で再現。
横向きに貼り付けて、まわりを1mm角棒で囲っています。

thumb_IMG_5753_1024
単純な構造なのであっという間に箱組み出来てしまいました。
土台部分は1mmプラ板にPカッターで筋彫りを入れてコンクリブロック積みを再現しています。

thumb_IMG_5754_1024
レイアウトに仮置きしてみたら貨車に対して少し高めだったので、このあと土台をブロック一段分切り詰めました。
形になったので塗装します。

thumb_IMG_5792_1024
塗装はガイアカラーのニュートラルグレー2にフラットベースを入れたもので一発塗り。
ウェザリング前提なので薄い色を選びました。
そのあとMr.ウェザリングカラーのステインブラウンで錆表現を追加。
側面の錆の流れた跡はもう少し細くしても良かったですね…

thumb_IMG_5793_1024
つや消しクリアを吹いて、仕上げにパステルの茶系色を錆部分に軽く載せて完成です。
土台部分は積み荷の石灰汚れをイメージして白系でウェザリングしてあります。

thumb_IMG_5794_1024
ちなみに裏側は他の建物と繋がる予定なのでがらんどうです…

thumb_IMG_5804_1024
早速レイアウトに設置してみました。
小さめに作ったつもりでも、レイアウトに置いてみると大きく見えます。
短い製作時間で作りましたが、思った以上にレイアウトのアクセントになる建物が出来上がったと思います。

thumb_IMG_5798_1024


 
つづく。

どうも。。

あけましておめでとうございます。
今年もゆるく模型作りをやっていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

新年一回目は石灰石鉱山レイアウトの製作ネタから。。

今までずっとレイアウトの上部軌道のNナロー線(6.5mm軌道)に試行錯誤してきました。
特に動力ユニットは鉱山機関車に使える小型サイズの製品が高価な物しかないので、自作などで代替品を作ろうと模索していました。
Nナロー(6.5mm)の小型動力を試作してみる
「ころころ動力」を使って鉱山機関車を作ってみる(1)

かろうじて走行できるレベルには出来ましたが、サイズが理想よりも大きめになってしまうのと安定走行が難しかったのが欠点で、結局本採用に踏み切れずに保留状態のままレイアウト本体の製作を進めていました。
情景作りと並行して上部軌道用のグランビー鉱車も製作しましたが、これも走行面では不安が残る物に。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

そんなとき、年末に大宮の鉄道模型イベントで前々から気になっていた6.5mm軌の小型動力ユニットが売られているのを見つけてしまいました。
今までの苦労を考えると、多少高価でも動作が保証された製品を使うほうが確実じゃないかということで、思い切って購入。。

thumb_IMG_4454_1024
ということで、ようやくPowerMAX 6.5mm導入です。
以前の動力自作記事を書いたときから存在は知っていましたが、11500円という価格から手を出すのを躊躇っていました…
今回買ったのはZゲージの6.5mm軌版ですが、9mm版も発売されています。

写真 2016-12-24 21 55 50
実際に手に取ってみると、思った以上に小さくて驚きます。
硬貨にすっぽり収まってしまうサイズにモーターやギアが収まっています。
ギアは金属製で、大きな減速ギアが介されているのでスローもかなり効きます。

thumb_IMG_4354_1024
以前製作したグランビー鉱車と並べるとこんなサイズです。
グランビー鉱車は結構小さめに作ったつもりでしたが、PowerMAXの全高がそれよりも若干低いのが凄いです…
これなら機関車のデザインを大幅にデフォルメすることなく製作できそうなので、やはり市販品を買って正解でした。

唯一気になるのが牽引力で、ただでさえ車体が小さくて軽いので鉱車を数両牽引できる力があるのかが不安です。
そこで、以前グランビー鉱車を知り合いの方にお見せしたときにアドバイスして頂いた方法を実践することに。
磁石で走行性をアップさせる方法で、線路下に鉄線を敷いて車体にネオジム磁石を搭載させることで、磁力で車輪の接地圧を上げて牽引力や走破性を上げようというものです。
この方法を実践するためには、敷設済みの線路を一旦全て剥がして鉄線を線路下に埋めなくてはいけませんでした。
それならいっそのこと、いまいちナロー感に欠けた道床付き線路や単純なオーバルコースを修正したいと思い立って、さらなる資材調達に…

thumb_IMG_4296_1024
PECOのZゲージのフレキシブル線路です。
これも前々から存在は知っていましたが、あえて手は出さずに道床付き線路を使用していました。
しかし、いろいろなナロー系レイアウトの作例を見ていくうちに、やっぱり自由度の高いフレキで曲線を描いたほうが良い線形が作れると思ったので、導入に踏み切りました。
2016年に輸入代理店が変わり、その影響で価格が倍近く上がってしまいました…(現在は1本1300円くらいします)。

thumb_IMG_4382_1024
線路の土台も刷新。
フレキ線路を使ったレイアウトの作例ではベニヤ板で路盤を作っている物が多かったので、今回は自分もその工法を試してみることに。
近所のホームセンターで3mm厚のベニヤを買ってきて、配線を書いていきます。
鉄橋や工場群などの自作情景はそのまま流用するので寸法を合わせておきます。

thumb_IMG_4412_1024
配線が決まったら、線路下に鉄線を敷くスペースを作ります。
鉄線は0.9mmのスチール針金を使用しますが、この分のスペースをどうするかで悩みました。
当初は針金を敷いた両サイドに1mmプラ板を貼る方法も考えましたが、あまり見た目的にも路盤の安定性の面でも良くなさそうなので、結局ベニヤを彫刻刀で線路に沿って掘りました。

thumb_IMG_4413_1024
鉄橋部分や曲線の外周などの余分な部分をカット。
3mm厚程度ならカッターで何度か筋を入れれば切り落とせました。
ベニヤをレイアウト製作で使うのは初でしたが、彫り作業も切断も想像以上に加工性が良くてスムーズに進められました。

thumb_IMG_4414_1024
0.9mmの針金を掘った溝に敷設していきます。
横に2本並ぶようにしながら瞬間接着剤で固定しました。

thumb_IMG_4415_1024
線路はR100以下の急曲線になるので、ねじれ対策として枕木側に小加工を施しておきます。
PECOのZフレキは枕木同士がレール下で繋がっていて、曲げたときの余裕が非常に少ないです。
そのまま急曲線にすると枕木の配置が歪んでしまうので、曲線の内側になる側の枕木間を切り落として余裕を作っておきます。

thumb_IMG_4439_1024
今回は線路の固定にも瞬間接着剤を使用しました。
PECOのZフレキには枕木に釘用の穴が開いていないのと、急曲線なので釘による点固定ではレールの力に負けてしまって歪んでしまうので、瞬着で枕木全体を面で固定したほうが安定します。

thumb_IMG_4443_1024
こんな感じで線路下に鉄線が敷かれた状態に。
完成時には全てバラストで埋まって見えなくなります。


フィーダー線をハンダ付けして、早速試運転してみました。
Twitterにアップした試走動画を載せておきます。
かなり安定して低速走行してくれているので一安心です。

thumb_IMG_4451_1024
試しにグランビー鉱車も牽かせてみようと思いましたが、やはり車輪が鈍すぎて全然走りません…
既存の車両は留置用にして、足回りを改良した走行用を作り直す必要があります。


写真 2017-01-02 10 31 04
旧上部軌道と新上部軌道の比較。
フレキ使用になったことで、単純な小判形オーバルから変化を付けた線形にかなり変わりました。
その影響で山の地形も変更しなくてはいけなくなるので、山ブロックは丸ごと作り直しになります。
工場部分は全く同じ寸法で収まるようにしているので変更はありませんが、採掘場などは質感や色合いが今ひとつだったので、改良しようと思っています。

つづく。。


↑このページのトップヘ