mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ: 地方都市レイアウト

どうも。。

だいぶ日があいてしまいましたが、久々に地方都市レイアウトの製作ネタです。
地方都市レイアウトは主要な建物の殆どが自作になる予定ですが、一番メインになるはずの新幹線と私鉄線の連絡駅がずっと未着手のままでした。

IMG_5321
去年(2019年)のJAMにて。
製作が間に合わず、プラ板で新幹線高架の路盤とペデストリアンデッキの土台を組んだだけの状態で止まっていました。
その後色々あってレイアウト製作が進まずにいましたが、最近になってようやく再開しました。

IMG_9867
また製作途中の写真を撮り忘れて既に形になった状態ですが、こんな感じになっています。
新幹線駅とペデストリアンデッキの他に、地方私鉄駅の主要ターミナル駅ということで駅ビルを併設することにしました。
GMの中型駅をベースに、切り継いで横方向を延長しています。
最上階と新幹線駅に接する面は1mmプラ板で製作していて、Pカッターで筋目を入れてあります。
ビルの真下を線路が通っているので、ペデストリアンデッキの土台に載っかるような造りです。
駅ビルの奥側には同じくプラ板から製作した立体駐車場を隣接させることにしました。

IMG_9869
駅全体はこのような状態です。
ペデストリアンデッキの右手にも建物を作る予定ですが、こちら側に大きな建物を作ってしまうと肝心の新幹線駅を遮って見えにくくなってしまうので、まだ慎重に検討中です…
バスターミナルはそれなりに大掛かりな物を作る予定でしたが、やはりスペース的に厳しくて中型車のエルガミオでも2台駐車がやっとでした。

IMG_0001
駅ビルの塗装に入る前に、後付けが困難な部分のLEDの取り付けを先にやっておきます。
ビル外壁を階上から照らす照明で、この下に広告を貼ったりしようかなと思っています。
使用したチップLEDはAmazonで買った12V用の配線済みの物です。
細い穴を開けて配線を通すために一旦付属の抵抗を外しました。




IMG_9999
チップLEDをエバーグリーンの凹型プラ棒材の間に瞬着で固定して照明っぽくしています。

IMG_0002
取り付けるとこのようになっています。
LED自体にはマスキングせず一旦全部塗ってしまって、塗装後に照射面だけを細綿棒にうすめ液を付けて拭き取ります。

IMG_0010
屋上の床面は「こばる」のタイルプラ板を使用。
デパートの屋上などである模様付きのタイル床を再現するためにマスキングしています。
このタイルプラ板は2mm刻みなので、タミヤの6mmマスキングテープを隙間なく貼ったあとに3マス刻みに切り込みを入れて1枚おきに剥がしていくと市松模様に出来ます。

IMG_0014
古びたビルということでベージュと茶色の2色を使ってみました。
ちゃんと塗り分けられるか心配でしたが無事に出来ました。

IMG_0024
少し色味を落ち着かせたいのでMrカラーのウェザリングカラーでウォッシング。
タイルの継ぎ目がわかりやすくなって良い感じになったと思います。

IMG_0027
本体はMrカラーの黒サーフェイサーをしっかり塗って遮光処理したあと、GMカラーの21番で塗装しました。
黒の上にクリームを乗せるのはかなり大変でした…黒サフの上から普通のサフを吹いたほうが楽に乗ったかもしれません。
チップLED照明をグレーに塗り分けて全体に軽く墨入れしたら、仕上げにつや消しを吹いています。

IMG_0028
屋上パーツを組み込んでみました。
右手の市松模様の階は屋上遊園のような一般客に開放されているエリアで、左手の1フロア高い部分は屋上設備類がある立ち入り出来ないエリアにする予定です。
一番奥にはエレベーター機器室と屋上へ上がる階段部分も作りました。

IMG_0212
ビル内部にもLEDを入れて照明を点けてみます。
階上は全て壁になっていて窓も無いので光らせる必要はありませんが、ペデストリアンデッキに面する改札階は入口が開いているので照明が必要です。
使用するのはテープLEDで、LEDの位置に合わせて天井板に穴を開けてあります。
天井から上は見えなくなるのでテープLEDを天井裏に直接貼り付けています。

IMG_0215
LEDの配線は屋上と壁面の照明と、改札階天井のテープLEDとでメンテ時などに切り離せるようにピンコネクタを介しておきました。
ビル本体と土台との配線接続にもピンコネクタで繋ぐようにします。

IMG_0239
テスト点灯も無事点きました。

IMG_0242
白LEDにはよくあることですが、使用したチップLEDは若干青味が掛かっているので、今後照射面にクリアオレンジを塗ったりして色味を調整するつもりです。

IMG_0247
やっと駅ビルは形になりましたが、駅全体の完成はまだ遠いです…
まわりの情景とのバランスを見ながら製作を進めていこうと思います。

つづく…

どうも。。

JAMに間に合わせるために製作を進めていた地方都市レイアウトですが、結局未完成状態での展示となり、申し訳ないです。
引き続き、焦らずに作業を進めていきます。

JAM前はなかなかブログを書く時間が取れなかったので、今さらですが少しずつ書いていこうと思います。

地方都市レイアウトで作りたかった要素の一つに、町家の近くを流れる川の景色がありました。
特に金沢市内の川のある風景がとても好きで、いつかレイアウトやジオラマを作る際に取り入れようと思っていました。

IMG_4217
金沢市内を流れる浅野川(2019年5月)。

IMG_4275
同じく金沢市内を流れる犀川(2019年5月)。

水深が浅く川床の広い流れと、護岸の下に未舗装の遊歩道があるのが二つの川の特徴です。
ボードサイズの関係でかなりデフォルメすることになりますが、この雰囲気を目指して作っていきます。

IMG_4884
アーチ部分は工作用紙に半分のみ曲線を描いて治具を作り、それで両面の曲線部をトレースして切り抜き。
いろいろ装飾があったほうが良かったですが、相当な時間が掛かってしまいそうなのでコンクリ無地で仕上げることに。
側面のアーチ部が切り出せたら、建物や車両を作るときと同じ要領で路面と箱組みします。

IMG_4923
いきなり形になった写真で申し訳ないですが、こうなりました。
全高が低くてアーチの内側の壁はほとんど見えないので、アーチに沿った形ではなく垂直な壁を立てているだけの簡易構造です。
歩道部分は車道よりも1mm嵩上げしています。
欄干は津川洋行の製品を使用しました。
両端に街灯を付けられるように出っ張りを設けていて、配線を通すためのスペースも既に開けてあります。

FullSizeRender
道路橋が一つだけでは道路配置の辻褄が合わないので、もう一つ道路橋を建設。
こっちはTOMIXのポニートラス橋を川幅に合わせて短縮改造して使用することに。
色も淡いグリーンに塗り替えました。


IMG_4949
これも途中写真が無くて申し訳ないですが、完成しました。
乗用車がギリギリ離合できる幅しかない、古い道路鉄橋です。
全体的にサビ色でウェザリングしてあります。

IMG_5011
川床と遊歩道部分は3mm厚のコルクシートを敷いて下地に。
今回は流路を緩くカーブさせたので、コルクだと曲げ加工しやすいのが良いです。
岸壁はGMの石垣を塗装&ウェザリングして使いました。

IMG_5041
遊歩道はモーリン製のリアルサンドを撒いて、冬の枯れた未舗装地面に。
川岸の砂利も同じくモーリンのRストーンを使用。
砂利は粒のサイズ違いを2種類使いましたが、撒く量はもうちょっと少なめで良かった気がします…
どちらもボンド水溶液で固着させました。

IMG_5050
水面はポポンデッタの下地用液状パテを使って、波のように凹凸を付けながら塗っていきます。

IMG_5070
パテが乾いたらグリーン系の水性塗料を白系色と調色してグラデーションにしながら筆塗り。
それが乾燥したらつやありメディウムを凹凸が出来るように筆塗り。

IMG_5525
乾燥させた仕上がり状態。
もっと手の込んだ表現方法もあるとは思いますが、あまり水面ばかりにこだわりすぎると他の工程が進められないので、これで良いことにします。

IMG_5521
これもまた製作中の写真を撮り忘れていましたが、本線の複線側のPC橋です。
プラ板から自作していて、下部はPカッターで筋彫りしたもので、上部の柵はTOMIXのコンクリ柵を短くして使用。
橋の上にポイントが被っているのでバラスト軌道にする必要があったのと、全線のなかでも特に運行本数の多い区間ということで、地方私鉄ですが近代的なPC橋を採用しました。

IMG_5523
反対側の支線・食糧倉庫側はTOMIXのトラフガーダー橋を採用。
桁本体は色を塗り替えた以外は製品のままですが、橋脚はプラ板から自作しています。

IMG_5524
橋桁の位置を川の流路に合わせるために、両サイドの線路を切り継ぎしてあります。
桁のレール間にあるリベットがレール面よりも高くなっているので、線路掃除の際は削り取らないように慎重にやらないといけないのが、この鉄橋のデメリットかもしれません…

IMG_5522
とはいえ、今まで市販品に無かったタイプの鉄橋で見た目のインパクトもあって楽しいので、気に入っている製品です。
まわりの建物製作が進み次第、遊歩道に枯れ草なども植えていこうと思います。

つづく。



どうも。。

8月16〜18日に東京ビッグサイトで開催された国際鉄道模型コンベンションに出展しました。
去年に続いて2度目の出展です。
現地で出展を見て頂いた・お会いした方々、ありがとうございました。

IMG_5284
今年もO氏と合同で半々にそれぞれの作品を展示。
自分は去年に引き続き石灰石鉱山レイアウトと、新たに地方都市レイアウトを追加したので、配置もL字型にしました。

IMG_5353
2つのレイアウトの分岐線同士を接続していて、当初は大外線を敷いて走らせる予定でした。
しかし、それではレイアウトを車両が走行している時間が短くなって、お座敷線路を走行する時間のほうが長くなり、かえって面白味に欠ける気がしたので、形だけ線路を繋いでおくだけの形態になりました。
今後本格的に連絡線を使うとしたら、机とレイアウト線路面との高低差を埋める方法を何か考えておかないといけません。

IMG_5355
石灰石鉱山は選鉱場設備を完成させるつもりでしたが、ご覧の通り間に合わず申し訳ないです…
本線の線路のウェザリング塗装とパウダーの撒き直しや線路柵の設置などを進めて、地面はまだレイアウトの体裁になったかなと思っています。
車両は以前鉄コレ岳南ED40を塗り替えたフリーランス電機(記事はこちら)と、石灰石輸送を務めるホキ10000の組み合わせを中心に走らせていました。

IMG_5341


IMG_5334


IMG_5324
この石灰石鉱山レイアウトは、今回のJAM出展をもって廃線にして、完全新規で作り替えを検討しています。
理由としては、本線ポイントの通電・転換不良、ボードと地面の固定を変な構造にしてしまったために電飾に対応しづらい点、限られたスペースに無理矢理に採掘場や急斜面を作ったために地形的な違和感が大きいことなどが挙げられます。
また、この石灰石鉱山レイアウトの設計時はイベントに出展することなど全く考えておらず、運搬に難があるのも大きな欠点でした。

JAMでの出展中は本線をエンドレスにするのをやめて、レイアウトではなくモジュール形式に変えることで山の下に線路を通さずに済み地形的な自由度を増そうと考えていました。
しかし色んな方とお話をしたり会場でずっと見て考えていて、900mm×450mmというNゲージレイアウトとしては小さいサイズの中で線路がエンドレスで完結している情景は、外部の線路や情景と繋ぐことが前提のモジュール形式とは違う魅力があるように感じました。
作り直しに際してサイズダウンも考えましたが、エンドレス形式なら現行の900mm×450mmを維持する予定です。

イベントに出展して常時走行させていることで、鉄道模型の「動き」の要素はとても重要だなと感じました。
自分の石灰石鉱山レイアウトにおいては、エンドレス周長が短いため速度が遅くても列車が走行している姿が頻繁に見れるのと、上部軌道の小さい鉱山鉄道が走行する姿が印象に残って見て頂けたようでした。
出展中自分自身も走る姿を見れて面白かったですが、欲を言えば引き込み線内で入れ換え運転みたいなことが出来たら良かったなと思います。
現行のレイアウトに配線を追設するのが難しいため、完全新規で作り変えるのと同時に引き込み線に自動往復運転機能を取り付けられたら…と考えています。

IMG_5321
地方都市レイアウトも残念ながら未完成状態での展示になってしまいました。
まだ建物が予定数の半分も揃っていないです。
見せ場?の一つである新幹線との連絡駅もほぼモックアップです…

IMG_5335
地方都市レイアウトは左右に伸びる連絡線が本線になるような線路配置になっていて、実際に今回の出展でも石灰石鉱山との間にエンドレスで繋いで大外線として走らせる予定でしたが、前述の理由で結局使いませんでした。
代わりに元銀座線車両のT車2両を手前側の駅に留置しておきました。
線路配置を気に入って頂いた方も多く、自分自身でもうまく取捨選択して作りたい要素をバランス良く入れられたと思っているので、今後の路線延長時には真価を発揮できるはずです。

IMG_5336
建物作りは思うように進みませんでしたが、リカバリーしづらい地面や線路まわりは焦って手を抜かずに作業したおかげで一応納得のいくレベルになったと思っています。
特に時間が掛かったのが川で、工程数が多い岸壁の製作から水面作りまでの作業を終わらせない限り、線路や橋の本固定が出来なかったのがペース配分を狂わせました。
線路の本固定が出来なければバラストも撒けないので、他の箇所を進めたくても水面で難航して停滞してしまったのが反省点です。

IMG_5339
新幹線連絡駅の駅前広場は製作途中どころか具体的なプランもまだ未決定です。
限りなく狭いスペースで新幹線駅にある設備を一通り再現したいと思っているので、何度も検討を重ねています。
今のところ私鉄駅の駅ビルとペデストリアンデッキは製作する予定です。

道路は画材店で売っているラインテープを使用。
メインの線は1mm、停止線は2mm、横断歩道は3mmを使っています。
粘着力があまり強くなくて剥がれやすいので、貼ったあとに瞬着を流して固めたあと、つや消しクリアを吹いて瞬着の光沢を消しています。

IMG_5288
食糧倉庫周辺は倉庫本体と塀があるのみで、まだまだ周辺の建物や小物類が足りません。
線路まわりの地面も、もう少し枯れ草などを生やしたいです。

次のJAMはオリンピックの関係で2年後になってしまうので、次回も出展するとしたら結構先になりますね。
何か別にレイアウトを出せるイベントがあれば参加したいです…

最後にTwitterにアップした走行動画を。。



つづく…



どうも。。

前回「地方都市レイアウトを作る:町家をフルスクラッチしてみる(1)」の続きです。

組み終わってとりあえず形になったので、塗装していきます。

IMG_3166
パーツや板材の切り継ぎ箇所が多いので、まずはサーフェイサーを吹いて継ぎ目を確認しつつ修正。
板同士の隙間は下見板の段々があるのでフラットに修正することはせずに、瞬着を流して埋めてごまかしています。

IMG_3340
修正が終わったら本塗装に。
下塗りとしてベージュ系色を全体に吹きます。

IMG_3348
ウェザリングカラーのグランドブラウンを全体に筆塗りでウォッシングして、半乾きになったら綿棒で軽く拭き取っていきます。
下に塗ったベージュの地色が軽く出る感じにして板張りの質感に近づけます。

IMG_3618
ウォッシングだけでは不十分に見えたので、タミヤのエナメル塗料のタンでドライブラシもしてみました。
半乾きのエナメル塗料載せたあとに、短くカットした筆で擦って全体に伸ばしていきます。

IMG_3620
ドライブラシが終わったらウェザリングマスターも使いました。
これもタンなどのベージュ系色をメインに使っていて、地面に接する下部は土っぽさを強調する感じにしています。

FullSizeRender
今回はレイアウト上の建物に電飾も入れることに。
電球色のチップLEDを建物内の梁に接着しています。
建物のサイズが小さければチップLED一つでも十分照らせそうです。
窓ガラスが透明だと室内が丸見えになってしまい、作り込んでいないのが丸わかりになって余計に見すぼらしくなるのが欠点です…

FullSizeRender
そこで、試しに窓ガラスを白色プラ板にして障子風にしてみました。
室内が見えるだけでなく窓全体がぼんやり光るので良い感じです。

IMG_3630
GMキットの印刷窓枠を使った建物は、光らせると印刷が透けてしまって不恰好に…
とはいえ、このような細かい装飾の窓枠はプラ製品では無いですし、エッチングやペーパーのガレージキットも発売されていないので、どう対処するべきか悩みます。

IMG_3631
配線済みチップLEDを基板に付けたCRDにそれぞれ接続して配線しています。
建物を完全な形に仕上げてからLEDの配線を組み込むのは、今回のような小さい建物だとかなり難易度が高くて何度も断線させてしまいました…
また、2階の床を作ってしまうとその上部分へのLED取り付けも困難になってしまい、今回の建物自作は色々と課題が残る結果になってしまいました。
最初からLEDを組み込む前提の設計・パーツ分割にする必要があります。
レイアウトボードとの結線にはピンコネクタで連結する構造にして、レイアウトから建物を着脱できるようにしています。

IMG_4778
建物自体の造形や塗装具合に関しては、第1弾としては一応それなりに仕上げることが出来たと思ってます。
今後作るものは内装とLEDの取り付けを考慮して内部を別パーツ化するのと、1階部分の間口の造りをもう少し凝った感じにしたいですね。


つづく…

どうも。。

前回「地方都市レイアウトを作る:食糧倉庫の自作」の続きです。

食糧倉庫が完成して配置も決まったので、次はその周辺に配置する家屋群を作っていきます。
今回のレイアウトの街並みは、町家が建ち並ぶ歴史ある風景にしたいと思っています。

IMG_9941


IMG_9946


IMG_0672

製作当初は市販品で似合う物を選んで使うことを前提に進めていましたが、やはり自分のイメージに合致する物が少ないのとスペースの都合で、結局自作メインにすることに。。

IMG_3112
基本的にプラ板からフルスクラッチしていきますが、窓枠や扉などの自作が難しいパーツはGMキットから切り出して再現します。
GMの木造建築系ストラクチャーは板厚が他の建物キットと比べると薄めで、窓枠や扉の切り出しがしやすいように感じます。

IMG_3131
側板は「こばる」の下見板を使用。
側面全てに下見板を使うのはもったいないので、隣家とぴったり接する部分は普通のプラ板を使って節約することに。

IMG_3135
窓枠のサイズに下見板を切り抜いて、GMキットから切り出した窓枠を取り付けます。
「こばる」のプラ素材は板厚がそこまで厚くないので、切り出しやすくて助かります。
また、こばる製の下見板とGMキットの木造建築の下見板は板幅がほぼ一緒なので、うまく切り継いで接合すれば違和感が少ないです。

IMG_3133
1階正面の店舗部分は1mmプラ棒で枠を作って、そこにGMの木造建築に付属している透明シート印刷のドアを貼り付けて再現。
LEDを入れたときにどれだけ透けるかが心配です…

IMG_3137
箱組みは2階と屋根裏の間に入れるプラ板から切り出した梁を基準にして組み立てていきます。
これは前回の食糧倉庫を自作したときに考えた工法で、これによって組み立て時の上下左右のズレを減らしつつ強度もだすことができます。

IMG_3140
屋根は片側だけが部屋になっている、少し変則的な造りにしてみました。
形状が対称ではないのでプラ板の切り出しを間違えないようにするのに気を遣います…

IMG_3141
町家の裏手側がどういう造りになっているのかが、ネットやストリートビューで調べてもわからなかったので、ここはGMキットをそれっぽく切り継ぎしてごまかすことに。。
この建物は交差点に面して配置されるので側面にも窓と扉を設けています。

IMG_3142
屋根瓦は「こばる」の物を使用しました。
食糧倉庫の製作ではGM製を使いましたが、加工のしにくさ(裏側の窪みを修正する必要がある)や瓦の形状があまり馴染みが無い感じだったので、今回はこばる製に。
近年に発売された物なのでGM製よりも成形がシャープなのと、鬼瓦が付属しているのもポイント高いです。

IMG_3145
こんな感じで初期製作分として3棟が形になりました。
基本的に間口は全てGMキットの切り継ぎですが、手前の建物の1階部分だけはプラ角棒で梁を組んでGMキットの窓サッシパーツ(塩ビシートに印刷された物)を貼る方式なのでがらんどうです。

IMG_3143
鬼瓦を取り付けたら、いよいよ塗装に入ります。

↑このページのトップヘ