mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ: 車両製作

どうも。。

前回「Nナローの鉱車編成を自作してみる(1)」の続きです。

thumb_IMG_1407_1024
グランビー鉱車と人車はひとまず形になったので、今度は機関車を作っていきます。

DSCN0931
機関車はかつて関東の某石灰石鉱山で活躍し、廃止後は鉱山近くの小学校の敷地で長らく静態保存されていたB軸ELをモチーフに製作します。
1/150スケールで再現するには、あまりにも低い全高や櫓状のパンタ台など難易度がかなり高そうです…
今回は人車に動力ユニットを入れる前提で、機関車は非動力車として製作するのでモーターと車体サイズ
の兼ね合いは考えずに済みますが、パンタ台は非常に細くて角棒でも製作が大変かもしれません。

thumb_IMG_1424_1024
メモ書き程度に作図してサイズ検討したあとにプラ板から車体パーツを切り出し。
キャブの扉は窓なしの外吊りタイプに。
軸受けは当初エッチングパーツを使って精密化する予定でしたが、精度がグダグダなプラ板切り出しボディとのあまりにも合わなかったので、結局これもプラ片でお茶を濁しています…

thumb_IMG_1428_1024
屋根は人車と同じくGMエコノミーキットの残骸から屋根板を切り出して使用。
画像には写っていませんが、このあとキャブ内部に補強用&窓ガラス固定用に角棒を追加しています。
グランビー鉱車にナベ部分の軸表現のリベットパーツやナベ転倒タイヤを追加したあと、編成すべて一気に塗装作業に入りました。

thumb_IMG_1543_1024
グランビー鉱車の車体色はMrカラーの321番を基本色にして、ガイアカラーのニュートラルグレー4とMrカラーの73番を1割ずつ程度混ぜて調色。
少し青みが掛かったベージュ気味のグレーを目指して色を作ってみました。
台車は塗料が載りにくいプラかもしれないので、念のため先にガイアカラーのマルチプライマーを吹いておきました。

IMG_1653
JAM直前に大急ぎで製作したため写真を全然撮っていなくて、いきなり完成画像になります。。
ライトはWAVEのプラパーツで、連結器受けは凹型棒材から製作。

ボディはMrカラーのエアクラフトグレーで塗装。
キャブ側の連結器はダミーにしました。

IMG_1654
パンタはTOMIXの253系の物を赤く塗装して搭載。
パンタ台座は棒材sw櫓状に組んで再現したかったですが、JAM当日に間に合わなそうだったので結局プラ板を逆凹字型に組んで代用することに…

IMG_1655
こちら側は台車に付いているアーノルドカプラーを無加工で装備していて、機関車の後ろに連結される動力車と推進運転したときの安定性確保と、鉱車との連結作業が楽に出来るようにしています。
Zショーティーの台車は集電板が入っているのでやろうと思えばヘッドライト点灯化も出来そうですが、今回は製作時間的に省略しました…
もったいないのでいつか点灯化はチャレンジしたいですね。

IMG_1651
人車は当初はモデルにした一円電車の人車のような目立つカラーリングにしようかと思っていましたが、塗り分けが大変そうなのと石灰石鉱山の風景に馴染む色合いにしたほうが良さそうということで、いろいろ試し吹きしながら調色してツートンカラーに。
屋根も無難に暗めのグレーにしました。

IMG_1652
人車ボディはただ単に動力ユニットに被せるだけの構造で、動力の交換やメンテに備えて固定は一切しないでおきました。

IMG_1657
グランビー鉱車は5両が竣工しました。
出来ればナベ内部に載せる鉱石パーツを作りたかったですが、これも時間的に叶わず…
ウェザリングが濃い気がするので今度もう少し石灰汚れ気味に修正したいです。

IMG_1659
機関車や動力入り人車と連結する鉱車だけ片側をアーノルド装備にしましたが、Zショーティーのカプラーはバネにプラ板が使われていて、マスキング無しで塗って固着してしまうと復活させるのが大変です…
カプラーポケットの蓋も溶着固定されている方式のため交換作業が実質出来ないので、ここは今後製作するときの注意ポイントでした。

FullSizeRender
以前公開した「Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました」で製作したグランビー鉱車と比較。
実車通りの台枠内軸受けで車輪がむき出しになっていた従来車に対して、今回製作した車両はZショーティー新幹線タイプの台車がそのまま付いています。
車輪も台車に隠れて見えなくなっていますが、新幹線タイプの台車はボディと干渉しないように簡素な造形で薄く作られていて、なおかつモールドが軸受けとダンパのみなので、実物の鉱車とは違いますがこれはこれで産業用車両的な飾り気の無さが出ている気がします…

IMG_1660
これでJAM当日に走らせる編成が一応形になりました。。
もっと手を加えたい箇所は沢山ありますが、それはもう次回製作に回しましょう。

thumb_IMG_1537_1024
JAM直前に新発売になったZショーティーシリーズのコンテナ貨車。
貨車なのでそのままでもNナロー鉱山鉄道に合いそうですが、せっかくなので塗装してみることに。

IMG_1656
グランビー鉱車と同色で吹いてみました。
鉱山内での資材運搬用の長物車という設定で存在しても違和感なさそうです。
先ほどの鉱車と同じく、塗装のせいでカプラーの首振りが鈍くなってしまって走行はおあずけに…

thumb_IMG_1594_1024
…ということで、なんとかJAM当日に鉱山鉄道編成を走らせることが出来ました。

thumb_IMG_1568_1024

Twitterにアップした走行動画も改めて載せておきます。


Zショーティーの動力ユニットの低速でもスムーズに走る性能と転がり性能の良いトレーラー車のおかげで、急曲線で鉱車5両+トレーラー機関車を牽引しながらJAM開催期間の3日間ノートラブルで走り続けてくれました。
見に来て頂いた方からも、Nゲージに比べて非常に小さなNナローの鉱山鉄道が走行する姿はとても印象的で楽しいと言って頂けたので、ディテールを多少妥協してでも走らせることを目標にして完成させて良かったと思います。

thumb_IMG_1584_1024
肝心のレイアウトがまだ完成していないので、引き続き製作を進めていきます。。

つづく。

どうも。。

以前、1/150スケールで6.5mm軌間のナローゲージとしてグランビー鉱車をプラ板からフルスクラッチしました。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

thumb_IMG_2591_1024
外観上はそれなりに出来ましたが、実車通りに軸受けを内側に配置したのが災いして走行抵抗が非常に大きく、運転して遊べるものにはなりませんでした。
しかし、石灰石鉱山レイアウトでは走行する鉱石運搬列車の存在が外せないと思っていたので色々と策を考えていたら、こんな商品が新発売されました。

IMG_1527
Zゲージを精力的にを展開しているロクハンから発売された、Zショーティーです。
某Bトレインの1/220スケール版のような短縮デフォルメ車両で、足回りがダミーの車体セットに別途走行用の足回りを取り付けて遊ぶスタイルです。
台車はDT33のような形状のノーマルタイプと平たいデザインの新幹線タイプの2種類で、それぞれ動力・トレーラーが発売されています。
発売直後から一部界隈では話題になっていたので、自分もNナロー素材として購入してみました。

試しに走行させてみたところ、片台車駆動ですが思った以上にスムーズに走ってスローも結構効いて、かなり良い感じでした。。
トレーラー台車は集電板のピポット軸受になっていて転がりが非常に良く、手頃な値段ですがとても満足度の高い製品でした。
この動力ユニットとトレーラー台車を使えば安価に安定走行可能な鉱石列車が作れそうなので、早速追加購入して製作に取り掛かることに。

thumb_IMG_1401_1024
鉱車は実車通りの内側軸受を諦めてZショーティー台車をポン付けする方式に。
飾り気のない新幹線用台車は鉱車のような産業用車両にもそのまま使えるデザインに見えます。

thumb_IMG_1402_1024
今現在発売されているZショーティーはライト点灯しませんが、将来的に点灯に対応するのかトレーラー台車には集電板が付いています。
今回は鉱車からは集電する必要が無いので車体と干渉する部分のみ切り落としました。

thumb_IMG_1403_1024
以前のグランビー鉱車製作で作りかけのまま放置していたナベをそのまま流用して、台車を取り付けます。
メンテナンスを考慮してネジ止めにしたかったですが、余裕の無い造りのため断念して瞬着で固定。

thumb_IMG_1404_1024
線路に載せてみるとこんな感じに。
新幹線タイプの台車が思ったよりも違和感ない気がします。
転がり性能が非常に良く、これなら無加工のZショーティー動力で複数両を牽引できそうです。

肝心の動力車ですが、やはり動力は機関車に…と思い動力ユニットのサイズに合わせて坑内機関車風のボディを作ってみました。

thumb_IMG_0145_1024
キャブはGMの保線車両から流用し、動力ユニットの高さギリギリに車体を設計しましたが、どうにも坑内機関車っぽくなりません…
鉱山用機関車はサイズがかなり小さいものばかりなので、模型で動力ユニットを入れて再現するのは非常に難しいです。
いろいろ考えた結果、機関車に動力を入れるのは諦めて、その代わり車体サイズに余裕も持たせられる人車を作り、それに動力ユニットを組み込んで走行させるユーレイ方式にすることに。

thumb_IMG_1406_1024
石灰石鉱山で鉱車と一緒に人車が連結されて運転されていた例は正直見たことが無いですが、そこはデフォルメということに…
人車は「一円電車」で使われていた物をイメージして製作してみます。
0.3mmプラ板から側板と妻板を切り出して作りました。

thumb_IMG_1407_1024
屋根はGMエコノミーキットの余りパーツから切り出しました。
人一人がギリギリ入れるレベルのとても狭いドアと建築用のような質素な窓サッシで作られた、いかにも鉱山の検車場で自製されたような車両にしてみました。

thumb_IMG_1409_1024
動力ユニットはノーマルタイプを使用。
モーターとウェイトが体積ギリギリに詰まっていて小型化の余地は無いですね。

thumb_IMG_1408_1024
横から見るとこんな感じ。
鉱車よりもだいぶ全高が高いですが、それでも人が乗るには屈まないといけないくらいの小さい人車です。
ドア下にステップを付けたかったですが、台車が振れたときに干渉してしまうで諦めました。
連結器はアーノルドのまま使うことにしましたが、鉱車同士は間隔を縮めるために真鍮線で連結させます。
電気機関車を作ったあとに塗装に入ろうと思います。

つづく。

どうも。。

鉄コレの猫屋線を買ってだいぶ経ってしまいました。
前回「猫屋線付属線路のジオラマ化と鉱石運搬車の製作…」でダミーの展示用線路を加工しましたが、車両のほうも手を付けていきます。
猫屋線車両は製品そのままの状態でも良く出来ていて楽しい製品ですが、せっかくフリーランスでやる余地の広いナローゲージなのでオリジナル車両に改造してみます。。

thumb_IMG_6355_1024
第1弾ではキハ1・ホハフ50新塗装を、第2弾はキハ11白帯塗装・ホハ1形新塗装を選択。
ダブルルーフ客車のホハ3は製品そのままの仕様が気に入っているのでとりあえず未加工のまま残して、それ以外の3両を改造することに。
まずはパーツを全てバラしてIPAに付けて塗装剥離します。

thumb_IMG_6387_1024
3両塗装剥離しましたが、気動車はまだアイデアが煮詰まってないので一旦保留…
まずは客車のほうを進めていきます。
車体を板キット状にカットしてバラバラに。

thumb_IMG_6388_1024
今回の客車は、選鉱場から鉱山町、それから国鉄駅へ連絡する鉱山鉄道で使われる客車という設定で作ってみようと思っています。
イメージとしては明延鉱山の1円電車が近いかもしれません。。
もともとは「猫屋線1両をバラして2両製作できないか」から来ていて、今回それをチャレンジしてみるために全て分解しています。
側板と妻板をそれぞれ真っ二つにカットしたあと、裾を4mm分切り落として全高を大幅に縮めました。

thumb_IMG_6450_1024
不足する側板と妻面の両サイドは1mmプラ板で延長。
雨樋も0.5mmプラ板で製作して伸ばしてあります。

thumb_IMG_6389_1024
箱組みしてみるとこんな感じに。
屋根は余っていたGMの10系客車キットの物を流用。

thumb_IMG_6406_1024
切り継ぎ前の側板と比較。
2ドア車を無理やり中央1扉車に改造しました。。

thumb_IMG_6462_1024
プラ板で作った床板にKATOのAssyパーツのTR41を履かせて線路に載せてみました。
車高の低さと窓のサイズのアンバランスさが、なんとも言えない感じに…

thumb_IMG_6463_1024
前回の記事で製作したアルモデルの鉱石運搬車との並び。
一応混結運用を前提にしていて、車幅もできる限り近づけました。

thumb_IMG_6464_1024
一方でホハ3とはサイズにだいぶ差が出てしまいました。
こちらも出来れば併結させて凹凸客車編成を組みたかったですが、さすがに違和感があるかもしれません。

ここまで仕上げたところで、「ドアが引き戸なのに戸袋が無い」ということに気づき、いまさら修正工事を行うはめに…
単純に車体裾に戸袋部分の側板を増設すると台車が干渉してしまうので、悩んだ結果車体を戸袋分延長することにしました。

thumb_IMG_6468_1024
左が修正前で、右が修正後です。
車体を12mm延長した結果、屋根板の長さが足りなくなってしまったので、仕方なく不足分は車端部を平屋根にして対応…
完成時にはここにアンテナでも載せようと思います。
あまりにも適当な思いつきで作っていて、最終的にどんな形に出来上がるかが自分にも想像つきません…


つづく。

どうも。。

以前書いた「鉄コレの猫屋線を買ってみました」の続き的な話です。

thumb_IMG_4241_1024
鉄コレの猫屋線に付属している展示用線路が、ナロー特有の不均一で間隔の広い枕木を再現していてなかなか良い感じでした。
もちろん全プラ製なので通電走行はできませんが、塗装とシーナリー加工を施したら展示用として十分使えるんじゃないかと思っていました。
せっかくなので、本格的にHOナローのレイアウトを作る前にこれでテスト製作してみようと思います。

thumb_IMG_6396_1024
まずは全体をレッドブラウンで塗装。
レールと枕木以外は埋もれてしまうので結構大雑把に塗ってます。

thumb_IMG_6420_1024
枕木を避けながらバラストを散布。
撒く前にタミヤのテクスチャーペイントを薄めたものを固着させたい場所に軽く塗っておくと、下地とバラストが固着するので本固定しやすくなります。
バラストの上からパウダー類をランダムに散布。
一通り撒いたらボンド水溶液を全体に吹いて固着させます。

thumb_IMG_6431_1024
ボンド水溶液の比率を間違えたからか固着後に色合いが暗くなってしまったので、乾燥させたあとにエアブラシで明るめのベージュ系色を吹いて色合いを調整。
これでひとまず完成です。。 
草むして枕木が埋もれかけた軽便線路をイメージで仕上げました。
もっと草を生い茂らせようかとも思いましたが、軽便鉄道とはいえ列車が行き来する線路なので控えめにしておきました。

線路と同時進行で、とある車両も作ってみました。

thumb_IMG_6407_1024
以前知り合いの方から頂いた、アルモデルの鉱石運搬車(HOナロー)です。
エッチングキットですが、同社の「とて簡」シリーズと同じように簡単に組むことができました。
足回りはGMのブリル台車の使用が推奨されていますが、たまたま鉄コレのブリルが余っていたので流用しました。
明るめのグレーにベージュ系色を少し調合して塗装。

thumb_IMG_6446_1024
Mrカラーのウェザリングカラーでウェザリングして、つや消しクリアを吹いて完成です。
石灰石鉱山で使われている鉱車をイメージして多少白っぽさを出したかったですが、あまりわかりませんね…
工程数も少なくて簡単に作れるので増備したくなります。
今回ミニジオラマ化したの展示用線路にも合っていると思います。
猫屋線第2弾のダブルルーフ客車と鉱車。
実はまだHOナローの機関車を保有していません…
猫屋線の第3弾がDLですが、それの発売前に何かキットか自作で機関車を作りたいなと思っています。。

つづく。

どうも。。

だいぶ間があいてしまいましたが、前回「レイアウトのフリーランス電車を増備する(1)」の続きです。
NDC顔の自社発注車1000形(中間化改造更新車)の製作と並行して、元銀座線も増備します。

thumb_IMG_4993_1024
中古で鉄コレ第8弾の銚子電鉄を2両確保したので、2両ともフリーランス化することに。
基本的に以前製作した第1号車のデハ801(リンク)と全く同じ作り方にしますが、 併結運用が前提なので今回増備分は2両ともT車に。
バラしてボディをIPAに漬けて塗装を剥離したら、ガイアカラーのインテリアカラーとMrカラーのシャアレッドのツートンで塗装。

thumb_IMG_5592_1024
デハ801と同様に、シール用紙に印刷して作った半自動ドアボタンと車外スピーカーを貼り付け。

thumb_IMG_5588_1024
TNカプラーだけは若干変更しました。
以前の801FではJC25を台車に干渉しないようにカットして使用しましたが、バネが入っていないのが多少デメリットでした。
そこで、今回は箱根登山鉄道のアレグラ用の物(JC6337)に変更してみます。
このカプラーは台車側が干渉を避けるために小型化されているので、クリアランスが厳しい車両にも取り付けられます。
独特な形状の密連なのがネックで、結局頭の部分をあとから電連1段付きのタイプ交換しました。

thumb_IMG_5589_1024
床下機器は市販状態のまま無改造ですが、一応台車と一緒にグレーで塗装しました。

thumb_IMG_5598_1024
パンタは屋根板が改造してパンタ台の都合でGM製に。
グレーで塗装後に擦り板をマーカーで色差ししています。


まだアンテナが付いていないですが、ひとまず形になりました。。
非動力車になった以外は、以前製作したデハ801と一緒です。
車番も続番でデハ802・デハ803に。
自分のレイアウト上の架空鉄道は時代設定が現代(2010年代)なので、地方私鉄とはいえ車種をある程度統一したほうがそれっぽいと思い、同一形式を増備してみました。
総数3両になったことで、石灰石鉱山レイアウトの最大ホーム有効長である3両編成に単一形式で対応できるのと、2両編成と1両編成のすれ違いなんかもできて遊び方が広がりますね。

屋根上も全く同じ仕様です。
GM京王6000系の2連用屋根を切り継いでダブルパンタ化して、配管も切り継ぎ位置をずらすことで繋がったように見せています。
鉱山のある山岳部への入線対策として霜取りパンタを装備させていて、片側のみシングルアームに交換されて変則的なルックスに。
クーラーもデハ801と同じく鉄コレ19弾から外したクーラーを搭載。後付けの冷房化のため、屋根上強度に負担の少ない薄型クーラーを採用しているという設定です。
全体的にウェザリングして色合いを落ち着かせておきました。


できれば前面に「ワンマン」の表示や方向幕も欲しいですが、まだデータ未作成です…
併結させる機会が多いので貫通幌も付けたほうが良さそうですが、ミニカーブ通過時の干渉が不安ですね。
 
ずっと後回しになってしまっていましたが、NDC顔の1000形"更新車"もやっと竣工できると思います。。

つづく。
 

↑このページのトップヘ