mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ: 車両製作

どうも。。

だいぶ間があいてしまいましたが、前回「レイアウトのフリーランス電車を増備する(1)」の続きです。
NDC顔の自社発注車1000形(中間化改造更新車)の製作と並行して、元銀座線も増備します。

thumb_IMG_4993_1024
中古で鉄コレ第8弾の銚子電鉄を2両確保したので、2両ともフリーランス化することに。
基本的に以前製作した第1号車のデハ801(リンク)と全く同じ作り方にしますが、 併結運用が前提なので今回増備分は2両ともT車に。
バラしてボディをIPAに漬けて塗装を剥離したら、ガイアカラーのインテリアカラーとMrカラーのシャアレッドのツートンで塗装。

thumb_IMG_5592_1024
デハ801と同様に、シール用紙に印刷して作った半自動ドアボタンと車外スピーカーを貼り付け。

thumb_IMG_5588_1024
TNカプラーだけは若干変更しました。
以前の801FではJC25を台車に干渉しないようにカットして使用しましたが、バネが入っていないのが多少デメリットでした。
そこで、今回は箱根登山鉄道のアレグラ用の物(JC6337)に変更してみます。
このカプラーは台車側が干渉を避けるために小型化されているので、クリアランスが厳しい車両にも取り付けられます。
独特な形状の密連なのがネックで、結局頭の部分をあとから電連1段付きのタイプ交換しました。

thumb_IMG_5589_1024
床下機器は市販状態のまま無改造ですが、一応台車と一緒にグレーで塗装しました。

thumb_IMG_5598_1024
パンタは屋根板が改造してパンタ台の都合でGM製に。
グレーで塗装後に擦り板をマーカーで色差ししています。


まだアンテナが付いていないですが、ひとまず形になりました。。
非動力車になった以外は、以前製作したデハ801と一緒です。
車番も続番でデハ802・デハ803に。
自分のレイアウト上の架空鉄道は時代設定が現代(2010年代)なので、地方私鉄とはいえ車種をある程度統一したほうがそれっぽいと思い、同一形式を増備してみました。
総数3両になったことで、石灰石鉱山レイアウトの最大ホーム有効長である3両編成に単一形式で対応できるのと、2両編成と1両編成のすれ違いなんかもできて遊び方が広がりますね。

屋根上も全く同じ仕様です。
GM京王6000系の2連用屋根を切り継いでダブルパンタ化して、配管も切り継ぎ位置をずらすことで繋がったように見せています。
鉱山のある山岳部への入線対策として霜取りパンタを装備させていて、片側のみシングルアームに交換されて変則的なルックスに。
クーラーもデハ801と同じく鉄コレ19弾から外したクーラーを搭載。後付けの冷房化のため、屋根上強度に負担の少ない薄型クーラーを採用しているという設定です。
全体的にウェザリングして色合いを落ち着かせておきました。


できれば前面に「ワンマン」の表示や方向幕も欲しいですが、まだデータ未作成です…
併結させる機会が多いので貫通幌も付けたほうが良さそうですが、ミニカーブ通過時の干渉が不安ですね。
 
ずっと後回しになってしまっていましたが、NDC顔の1000形"更新車"もやっと竣工できると思います。。

つづく。
 

どうも。。

あけましておめでとうございます。
今年もゆるく模型作りをやっていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

新年一回目は石灰石鉱山レイアウトの製作ネタから。。

今までずっとレイアウトの上部軌道のNナロー線(6.5mm軌道)に試行錯誤してきました。
特に動力ユニットは鉱山機関車に使える小型サイズの製品が高価な物しかないので、自作などで代替品を作ろうと模索していました。
Nナロー(6.5mm)の小型動力を試作してみる
「ころころ動力」を使って鉱山機関車を作ってみる(1)

かろうじて走行できるレベルには出来ましたが、サイズが理想よりも大きめになってしまうのと安定走行が難しかったのが欠点で、結局本採用に踏み切れずに保留状態のままレイアウト本体の製作を進めていました。
情景作りと並行して上部軌道用のグランビー鉱車も製作しましたが、これも走行面では不安が残る物に。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

そんなとき、年末に大宮の鉄道模型イベントで前々から気になっていた6.5mm軌の小型動力ユニットが売られているのを見つけてしまいました。
今までの苦労を考えると、多少高価でも動作が保証された製品を使うほうが確実じゃないかということで、思い切って購入。。

thumb_IMG_4454_1024
ということで、ようやくPowerMAX 6.5mm導入です。
以前の動力自作記事を書いたときから存在は知っていましたが、11500円という価格から手を出すのを躊躇っていました…
今回買ったのはZゲージの6.5mm軌版ですが、9mm版も発売されています。

写真 2016-12-24 21 55 50
実際に手に取ってみると、思った以上に小さくて驚きます。
硬貨にすっぽり収まってしまうサイズにモーターやギアが収まっています。
ギアは金属製で、大きな減速ギアが介されているのでスローもかなり効きます。

thumb_IMG_4354_1024
以前製作したグランビー鉱車と並べるとこんなサイズです。
グランビー鉱車は結構小さめに作ったつもりでしたが、PowerMAXの全高がそれよりも若干低いのが凄いです…
これなら機関車のデザインを大幅にデフォルメすることなく製作できそうなので、やはり市販品を買って正解でした。

唯一気になるのが牽引力で、ただでさえ車体が小さくて軽いので鉱車を数両牽引できる力があるのかが不安です。
そこで、以前グランビー鉱車を知り合いの方にお見せしたときにアドバイスして頂いた方法を実践することに。
磁石で走行性をアップさせる方法で、線路下に鉄線を敷いて車体にネオジム磁石を搭載させることで、磁力で車輪の接地圧を上げて牽引力や走破性を上げようというものです。
この方法を実践するためには、敷設済みの線路を一旦全て剥がして鉄線を線路下に埋めなくてはいけませんでした。
それならいっそのこと、いまいちナロー感に欠けた道床付き線路や単純なオーバルコースを修正したいと思い立って、さらなる資材調達に…

thumb_IMG_4296_1024
PECOのZゲージのフレキシブル線路です。
これも前々から存在は知っていましたが、あえて手は出さずに道床付き線路を使用していました。
しかし、いろいろなナロー系レイアウトの作例を見ていくうちに、やっぱり自由度の高いフレキで曲線を描いたほうが良い線形が作れると思ったので、導入に踏み切りました。
2016年に輸入代理店が変わり、その影響で価格が倍近く上がってしまいました…(現在は1本1300円くらいします)。

thumb_IMG_4382_1024
線路の土台も刷新。
フレキ線路を使ったレイアウトの作例ではベニヤ板で路盤を作っている物が多かったので、今回は自分もその工法を試してみることに。
近所のホームセンターで3mm厚のベニヤを買ってきて、配線を書いていきます。
鉄橋や工場群などの自作情景はそのまま流用するので寸法を合わせておきます。

thumb_IMG_4412_1024
配線が決まったら、線路下に鉄線を敷くスペースを作ります。
鉄線は0.9mmのスチール針金を使用しますが、この分のスペースをどうするかで悩みました。
当初は針金を敷いた両サイドに1mmプラ板を貼る方法も考えましたが、あまり見た目的にも路盤の安定性の面でも良くなさそうなので、結局ベニヤを彫刻刀で線路に沿って掘りました。

thumb_IMG_4413_1024
鉄橋部分や曲線の外周などの余分な部分をカット。
3mm厚程度ならカッターで何度か筋を入れれば切り落とせました。
ベニヤをレイアウト製作で使うのは初でしたが、彫り作業も切断も想像以上に加工性が良くてスムーズに進められました。

thumb_IMG_4414_1024
0.9mmの針金を掘った溝に敷設していきます。
横に2本並ぶようにしながら瞬間接着剤で固定しました。

thumb_IMG_4415_1024
線路はR100以下の急曲線になるので、ねじれ対策として枕木側に小加工を施しておきます。
PECOのZフレキは枕木同士がレール下で繋がっていて、曲げたときの余裕が非常に少ないです。
そのまま急曲線にすると枕木の配置が歪んでしまうので、曲線の内側になる側の枕木間を切り落として余裕を作っておきます。

thumb_IMG_4439_1024
今回は線路の固定にも瞬間接着剤を使用しました。
PECOのZフレキには枕木に釘用の穴が開いていないのと、急曲線なので釘による点固定ではレールの力に負けてしまって歪んでしまうので、瞬着で枕木全体を面で固定したほうが安定します。

thumb_IMG_4443_1024
こんな感じで線路下に鉄線が敷かれた状態に。
完成時には全てバラストで埋まって見えなくなります。


フィーダー線をハンダ付けして、早速試運転してみました。
Twitterにアップした試走動画を載せておきます。
かなり安定して低速走行してくれているので一安心です。

thumb_IMG_4451_1024
試しにグランビー鉱車も牽かせてみようと思いましたが、やはり車輪が鈍すぎて全然走りません…
既存の車両は留置用にして、足回りを改良した走行用を作り直す必要があります。


写真 2017-01-02 10 31 04
旧上部軌道と新上部軌道の比較。
フレキ使用になったことで、単純な小判形オーバルから変化を付けた線形にかなり変わりました。
その影響で山の地形も変更しなくてはいけなくなるので、山ブロックは丸ごと作り直しになります。
工場部分は全く同じ寸法で収まるようにしているので変更はありませんが、採掘場などは質感や色合いが今ひとつだったので、改良しようと思っています。

つづく。。


どうも。。

久々の更新で申し訳ないです。

この前トミーテックから発売された面白い製品を早速買ってみました。

thumb_IMG_4310_1024
鉄コレの富井電鉄 猫屋線です。
1/80スケールで9mm軌間のナローゲージで、鉄コレのブランドから出るのはなかなか異例ですね。
旧塗装と新塗装の2種類が出ていますが、とりあえず新塗装を購入。
HOナローとは言ってもNゲージ軌間なのでそこまで大きくないだろうと思っていましたが、パッケージは意外と大きかったです。

thumb_IMG_4235_1024
車両本体も想像より大きく感じました。
動力ユニットはキハ1のみ対応していて、客車であるホハは非動力専用です。
塗装もいつもの鉄コレな質感ですが、思ったより良いです。

通常の鉄コレのように展示用ダミーレールが付属していますが、ナロー用の新規設計の物でした。

thumb_IMG_4236_1024
HOゲージ車両(タキ1900)と比較。
通常車両と並べるとナローの車体寸法の小ささがわかりやすいですね。
1/80で軽便線と本線との連絡駅ジオラマを作ってみたくなります…

thumb_IMG_4241_1024
ダミーレールの造形が良いので、これも塗装してシーナリーを付けてみると面白い気がしています。
以前通常版鉄コレのダミーレールを草生した線路にしてみましたが、ナローだとより似合いそうです。

そのまま遊ぶのも良いですが、やっぱり何かしら改造したいですね。
塗装変更&ウェザリング以外にどうやっていじるか考えて楽しみます。。

つづく…?

どうも。。

ここ数ヶ月ずっと石灰石鉱山レイアウトの情景製作ネタばかりでしたが、さすがにそろそろ車両工作もやろう…
ということで、久々にレイアウト向けのフリーランス車を製作しようと思います。

以前の製作記事はこちらからどうぞ。。「ミニレイアウト用のフリーランス電車を作る(4)

thumb_IMG_1687_1024
R177以下のミニカーブレールを多用したレイアウトなので、曲線通過時の建築限界とオーバーハングの少なさを考慮して16m級以下の車両を走らせています。
今までに作ったのは全て現有車両という設定で、左から最古参で吊り掛け車の600形、銀座線からの譲渡車の800形、鋼製の新造車体に譲渡機器を搭載した1000形、ステンレス車体とVVVF制御の最新鋭2000形、の計4形式を「先行開業用」として揃えました。
これよりも古い形式や機関車・貨車も作ろうと思っていますが、まだ構想段階です。
現時点では石灰石鉱山しか情景が無いので旅客車両への投資が過剰気味に見えるかもしれません…w
山奥の石灰石から田園地帯・郊外・地方都市を抜けて臨港地帯へと繋がる総延長50km以上の路線と考えているので、鉱山線以外では旅客輸送もそれなりに活発という設定です。

thumb_IMG_3322_1024
増備分1本目は鋼製自社発注車の1000形に。。
先行開業用では両運転台の単行車1両のみでしたが、今回は2両編成で作っていきます。
おおまかな構成は同じですが、前回製作で気になった箇所をマイナーチェンジします。

thumb_IMG_3365_1024
まずは前面パーツから。
以前と同じく鉄コレ19弾のNDCをIPAで塗装剥離して各パーツごとに切断し、前面のみ使用。
今回製造分からは車体裾に窪みを設けて、のっぺり感があるように見えていたのを緩和してみます。
窪み部分はデザインナイフなどで一旦切り出したあとにプラ板で傾斜部を製作して接着して作成しました。
貫通扉上には方向幕のスペースを開口しておきます。

thumb_IMG_3321_1024
側面も以前と同じGMの西武新2000系キットを使用していて、ドアと窓1つ分ずつ短縮し乗務員扉を取り付け。
屋根も変わらずGM阪急キットからの使用ですが、パンタ屋根が足りなかったので「おゆまる」とタミヤの光硬化パテで複製したものも使用します。
おゆまるでの複製についてはこちらの記事で取り上げているので、参考までに。。
のと鉄道のNT200形を自作してみる(3):前面の複製

thumb_IMG_3366_1024
屋根は配管が繋がる位置でカットして短縮化。

thumb_IMG_3385_1024
とりあえず箱組みまで出来ました。
先行開業分の両運車との大きな違いは、片運転台車と片側を運転 台撤去工事した元両運車の組み合わせで2両編成になっている点です。
運転台撤去車は元々は先行分の両運車と同一車でしたが、運転台撤去・乗務員扉の撤去と固定窓化・貫通扉の撤去・転落防止柵の取り付けなどが施されて片運転台車に改造されています。

thumb_IMG_3386_1024
片運転台車のほうは普通の妻面と客室構造になっていますが、元先頭車は前面構造と乗務員室跡が残るルックスに。
両運車を基本編成として混雑時のみ片運転台車を増結する運用(伊予鉄のような感じで…)をしていましたが、郊外〜市街の乗客増加などで単行運用が減ったのと客室スペースの増加を目的として中間化・固定編成化改造されたという設定です。
改造に際しては譲渡品である機器の老朽化も進行していたため、VVVF制御への更新や内外装の改装も同時に行われています。
フリーランス車をやるなら「中間化改造車」を作ってみたいと思って、無理やり編成に組み込んでみたネタです…w

thumb_IMG_3498_1024
サフを吹いて接合部分の埋め忘れを再調整し、すべて終わったら本塗装に入ろうと思います。
当初は窓も完全に埋めてしまおうと思いましたが、先頭車の面影が無くなりすぎる気がしたのでそのままにしました。
関西私鉄でよくある中間化改造車に似た形態かもしれません。

thumb_IMG_3102_1024
最後に、構想中の他のフリーランス車達を。。
元銀座線である800形も増備すべく鉄コレの日立を確保済みです。
800形が登場する前は15m級の吊り掛け車が活躍していただろう…ということで、鉄コレの15m車も数両導入して整備待ちになっています。

貨物ネタとしてコキ200の限定品オリジナルカラーも入線。
車体色が架空のスカイブルーになっていて、車番が「コキ130-2015」になっていますw
近年になって海上コンテナ輸送を開始して、線内専用としてコキ200の同型車を自社発注した車両として使います。
車体長が15mなのでミニカーブのレイアウトでも走らせやすいのと、九州の専用線で戦前製電機がコキ200を牽いて走る姿を見て思いついたネタです。。


つづく。 

どうも。。

前回「Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(2)」の続きです。

thumb_IMG_2384_1024
車体は完成したのでこのまま塗装して完成させても良かったですが、やっぱりZゲージ台車をそのまま流用した足まわりが気になってきました。
ちょうど良いタイミングで良い製品を手に入れることが出来たので、そちらへの換装を試みることに。。

thumb_IMG_2449_1024
ペアーハンズから発売されている6.5mmゲージ(車輪径2.7mm)です。
いままで付けていたZJゲージの車輪が4mm径なので、これを使うとかなり小径化することができます。

DSCN0936
グランビー鉱車は車輪の軸受けが台枠の内側にあるので、これを再現しようとするとピポット軸のように車輪の外から保持する方法では作れません。
保持方法をどうするか悩みましたが、とりあえず思いついた方法でやってみます。

thumb_IMG_2450_1024
まずは車輪の外側にある軸端を削って平坦にしておきます。
そのあと車輪と車軸を外して、車輪間の長さにカットした3mmプラパイプを通して再び組み立てます。

thumb_IMG_2453_1024
ZJゲージ台車では再現できなかった床下フレームも新たに製作して、プラパイプを床下シャーシに接着して軸受けにしました。
ピポット軸に比べて走行抵抗は大きそうですが、現状ではこの方法しか無さそうです…

連結器は以前の真鍮線をやめて、手持ちの市販品で一番形状が小さいシンキョーカプラーを使うことに。
カプラー受け部分をカットして真鍮線で車体と固定してあります。
ダミーのナベ転倒用誘導車輪はコトブキヤのプラユニット 丸ノズルから製作。

thumb_IMG_2452_1024
改良版としてこんな感じになりました。
だいぶ車高も下がって実車に近い形状になったと思います。

thumb_IMG_2478_1024
レイアウト上で手押し試運転。
プラ板製で極端に軽いのと車輪・連結器の抵抗が大きいので走行は苦しそうです…
何はともあれ形だけはグランビー鉱車に出来たので、このまま塗装まで仕上げようと思います。
確保した車輪数の都合で今回は4両のみ完成まで仕上げることに。

thumb_IMG_2587_1024
車体はグランプリホワイトを基本色にしてグレー・セールカラー・フラットブラックを調合したものを吹きました。
連結器や車輪などはレッドブラウンで塗り分け。
車輪の踏面はマスキングゾルを塗ってマスキングしています。

thumb_IMG_2588_1024
ウェザリングはMr.ウェザリングカラーのステインブラウンで錆色を付けたあとにタミヤのウェザリングマスターのスノーで石灰汚れっぽくしています。
一応現役車両ということで錆は付けないつもりでしたが、単色でメリハリが無さすぎたので結局色付けしました。
石灰汚れは全然目立ちませんね…

thumb_IMG_2590_1024
つや消しクリアを吹いて完成です。。
こちらは転倒フタ側。

thumb_IMG_2591_1024
誘導車輪の付いた反対側。
転倒ギミックは無いですが、レイアウトの転倒装置に合わせて車両の向きを揃えて走行させます。

thumb_IMG_2599_1024
車体裏はこんな感じになっています。
軸受けのプラパイプが踏面よりも低い位置にあるので、ポイントや踏切は干渉して通過出来ません…

thumb_IMG_2600_1024
Nゲージのタキ1900と比較。
無蓋車というのもあってかなり全高が低くなっています。

thumb_IMG_2593_1024
早速レイアウト上へ。。
まだ上部軌道は線路と坑口以外作っていませんが、車両を置くと風景がイメージしやすくなります。

thumb_IMG_2598_1024
石灰石を落とす転倒装置は本線鉱山口駅横の工場群の上部に設置されます。
ダミーの側線には機関庫などを作る予定です。

thumb_IMG_2595_1024
ナベ内部の補強用角棒が目立つので、石灰石の積み荷を作って隠したほうが良さそうですね。

thumb_IMG_2594_1024
グランビー鉱車が完成したら次は機関車も欲しい…ということで、非動力ですがELも製作してみます。。


EL製作に続く…? 

↑このページのトップヘ