mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ:車両製作 > 機関車

どうも。。
長らく放置してしまい申し訳ありません。
放置期間中も製作を進めたり、色々な場所へ探索へ出掛けたりしていたので、備忘録も兼ねて少しずつアップしていけたらと思います。

まずは工作ネタから。。
去年の話になりますが、KATOのチビ凸がリニューアルされて再生産されました。

IMG_6023
車体やセット構成は変わりませんが、動力ユニットが一新されました。
小型コアレスモーターが搭載されて走行性能がとても良くなりました。

IMG_6024
小型の凸型電機と言えば、個人的には伊豆箱根鉄道やえちぜん鉄道のように同型が2両在籍していてセットで活躍しているイメージが強いので、自分も2セット購入しました。
製品のままでも成形色の割に良い感じの色合いをしていて社紋も入っているので十分な気もしますが、せっかくなので塗り替えてウチの架空鉄道仕様にしようと思います。

IMG_6171
まずは塗装のために車体を分解。
足回りも成形色が気になったので動力ユニット兼台枠・デッキを塗装するために動力ユニットも分解しました。
中身はこんな感じで、意外と大きめなコアレスモーターが入っていて、ウォームギアが一体になったフライホイールが付いています。
とても小さいギアが組み合わさって両輪を駆動させています。
集電板が車輪を吊るような構造でイコライザ機構のようになっていて、それが集電性向上になっているようです。

IMG_6348
車体色は悩みましたが結局無難なぶどう色に。
足回りも手堅くつや消しブラックで仕上げました。

IMG_6350
ステップ部分を白で色差ししたあとに軽くウェザリングしましたが、あまり目立たなかったです…

IMG_6413
色々すっ飛ばしてしまって申し訳ないですが、とりあえず塗装や色差しが終わって形になりました。
パンタもマルチプライマーを吹いて塗装してあります。

素の形態のままでは物足りない気がしたので、ジャンク箱に眠っていたスノープラウを当ててみたらちょうど良いサイズ感だったので、えちぜん鉄道のように除雪仕様にしてみることに。
このスノープラウは津川洋行から発売されている排雪モーターカーの別売ラッセルヘッドで、オレンジの成形色だったのでこれもつや消し黒で塗装しました。

IMG_7274
スノープラウは出来ることなら着脱可能にしたかったので、車体との固定方法にはとても悩みました。
結局極小ネオジム磁石を組み込む方法を採用することに。
車体裏とスノープラウに1mm×4mmのネオジム磁石を接着しています。

IMG_7304
元々付いていたカプラーはポケットが外れやすかったので、ボディマウントのナックルカプラーに丸ごと換装。
ネオジム磁石も目立たないようにつや消し黒で塗っておきました。

IMG_7313
除雪時は2両編成で運用されるということにするので、それぞれ片側しかスノープラウの装着に対応していません。
デッキにはKATOのC11のAssyパーツから切り出した手すりを白く塗って取り付けました。

IMG_7302
あまりゴテゴテさせすぎるのも似合わなそうなので、これで完成ということに。。
車番や社紋を入れたいところですが、手頃なインレタやデカールが無かったので、なんとかして自作する方法を見つけたいです…

IMG_7305
地方都市レイアウト上にて。
ウチの架空地方私鉄での貨物輸送は主にD級箱型電機が主力を担っているため、このB級凸型電機はスノープラウを装備して冬季の除雪列車としての運用がメインになっている設定です。
夏季はスノープラウを外し、工臨や構内の入れ換え運転などに使用されています。

…奥の電車についてものちほどアップします。。

つづく。

どうも。。

だいぶ前の話になってしまいますが、この前製作したBトレのDE10改造フリーランス機を走らせたくなってポポに行ってきました。

 thumb_IMG_1056_1024


thumb_IMG_1060_1024
Bトレの全軸動力はボギー貨車なら7〜8両くらいまでなら牽引可能でした。
入れ換え機風に作った車両なのでこれで十分ですが、もう1両製作して重連にして長編成化するのも悪くないかもしれません。


thumb_IMG_1057_1024
鉄コレの東武ED5080はBトレ動力の倍近い牽引力があります。
ナックル化したカプラーも今のところ問題ないです。


thumb_IMG_1053_1024
だいぶ前に買ったGMの115系2000番台も持って行って試運転。
カフェオレ(新広島色)と中国地域色の8連で、各パーツとTNカプラーを取り付けてあります。


thumb_IMG_1055_1024
NT200も久々に出してきて走らせてみました。
動力はスムーズですが、走り出した直後に201のスカートが脱落…
ゴム系接着剤で固定していたのが外れてしまいました。
201は動力ユニットが入っているので編成から外せないので3両固定の中間に。


thumb_IMG_1059_1024
製作から丸1年が経ちましたが、今のところラッピングの劣化などはありません。


thumb_IMG_1054_1024
やっぱりレイアウトの中を走らせるのは良いですね。


thumb_IMG_1058_1024
TNカプラーの固定方法などに問題があるせいか、いまいち安定感が不安になるような走り方なので、TOMIXの肥薩おれんじ鉄道ベースで作り直しを計画してます。


thumb_IMG_1052_1024


どうも。。

前回「BトレインのDE10を改造して自由形DLに…(1) 」の続きです。

だいぶ放置期間が長くなってしまいましたが、無事に完成しましたのでまとめておこうと思います。

thumb_IMG_0695_1024
前回プラ板などで前面デッキを自作しましたが、そのあと連結器周りを囲うプラ板を貼り付けて瞬着などで隙間埋めをして仕上げました。
Bトレに付属する手すりはかなり太いので、KATOのDD51用Assyパーツの前面手すりを使用することに。
手すりパーツは基部をカットして0.5mm径で穴あけして差し込むかたちに。


thumb_IMG_0705_1024
車体加工が終わったら塗装へ。
今回はフリーランスのDLということで、オリジナルの帯入り塗装にすることに。
帯の位置合わせのために屋根以外のボディパーツを全て嵌めた状態で塗装しました。
取り外しが出来ないナックルカプラーはマスキングしてあります。


thumb_IMG_0707_1024
まずはデッキ部分の色と下地塗装を兼ねてフラットブラックを吹きます。
そのあとデッキ周りをマスキングして次の色に。。


thumb_IMG_0709_1024
メインの赤系色は京急バーミリオンにグレー系色を足して褪色したような赤に。
黄色い帯は2.5mm幅にカットしたマスキングテープで塗り分けしていて、赤と同じようにイエロー系にグレーを入れて調合しました。
1両のみの製作なので結構適当に選んでいます。


thumb_IMG_0717_1024
前面のデッキ部分には入れ換え用の機関車によく見られるゼブラ塗装を再現してみました。
イエローで塗った上に1mmのマスキングテープを等間隔に貼り、フラットブラックを塗ることで黄色と黒のゼブラ柄になります。
せっかくデッキ部分を黒で塗っていたので、そのときにやっておくべきでしたね…


thumb_IMG_0718_1024
おおまかな塗装が終わったので、細かいレタッチと色差しを。
手すりとステップ部分はホワイトを筆塗りして、わかりにくいですがライトにシルバーを入れています。
屋根は軍艦色(2)で少し暗めのグレーを使いました。


thumb_IMG_0749_1024
塗装が終わったらMr.ウェザリングカラーで墨入れ。
今回は煤汚れ風にするためにWC02 グラウンドブラウンを使用。
屋根やエアブラシでブラウン系色を軽く吹いたあとにウェザリングマスターを載せています。
つや消しクリアを最後に吹いて、塗装は完了です。


thumb_IMG_0750_1024
前面ガラスのマスキングを剥がして側面ガラスパーツを取り付けて、動力ユニットを搭載。
Hゴムの周りがマスキングゾルに引っ張られて赤色が剥がれ気味になってしまったので色差ししようとしましたが、経年劣化したような姿になってウェザリングと似合っている気がしたのでこのままに。


thumb_IMG_0789_1024
手すりと台車レリーフを取り付けて、こんな感じで完成しました。。
臨港地帯の専用線で貨物列車の入れ換え作業で活躍しているようなイメージに。
DE10でもDD16でもない、まさしくフリーランス的な車両に仕上がったと思います。


thumb_IMG_0790_1024
台車レリーフは製品の物を再塗装とウェザリングして使いましたが、製品の台車はDE10をデフォルメした形状なので、そのうちDD51やDD16のような台車に換装するつもりです。


thumb_IMG_0980_1024
ナックルカプラーはU字型に曲げた1mm真鍮線の片側に通して、プラ板と真鍮線を接着したものをデッキ裏に固定してボディマウント化。
動力ユニットはカプラーポケットのカット以外は製品のままです。


thumb_IMG_0791_1024
臨港線風ということで海コン積みのコキと連結させてみました。
化成品タキやタンクコンテナも欲しいですね。

まだナンバーや車紋は付けていませんが、今後のレイアウトは架空鉄道として製作する予定なので、それに合わせたものになると思います。


thumb_IMG_0867_1024
ウェザリング仕様繋がりということで以前製作した14系と。
ジャンク品のTOMIX製14系座席車を手直ししてみた。完成編 - mattoの工作&探索記(旧)
このウェザリングも今見ると改良の余地があります…


thumb_IMG_0982_1024
成形色のままだった手すりが目立つ気がしたので、これも汚してみました。
マルチプライマーを吹いたあとにウェザリングカラーを塗ってつや消しクリアを吹いただけですが、だいぶ落ち着いたと思います。
入れ換え作業員が握る部分のみ汚れていないような感じにしましたが、普通に全体的に汚れた状態でも良かったかもしれません。

 

どうも。。

レイアウト解体後はなかなか製作進んでいませんでしたが、なんとか立て直していこうと思います。
とりあえず計画・製作途中の車両を作業していくことに。


IMG_9129
まずは数ヶ月前に買ったBトレインのDE10を。。
ディテールやデフォルメ加減が良い感じだったので購入していました。


IMG_9130
  素組みしてみました。
手すりが太いのが目立ちますが、モールドなどの造形や全体的なバランスが良く出来ていて好印象です。
実車のDD16がほぼ同じ全長ですが、それとはまた違ったカッコよさがある気がします。
これを改造して、臨港地帯などで活躍してそうな私有DLに仕上げてみようと思います。


IMG_9185
動力ユニットは内部の固定ツメが違うからか専用品が発売されました。

車体加工の前にIPAに漬けて塗装剥離。。
IMG_9191
Bトレでは定番のガラス面のみクリアパーツ製の構成です。
塗装を落とすと一層ディテールの細かさがわかりますね。


IMG_9192
太い手すりは真鍮線に差し替えてみることに。


手すりは市販状態と同じ形に仮設。
0.5mmの真鍮線を使いましたが、少し太かったかもしれません。


IMG_9193
クリアパーツはガラス面にマスキングゾルを塗り、裏側はマスキングテープで覆って保護。


IMG_9210
とりあえず仮組みしてみました。
市販状態では車体長を抑えるためにデッキが省略されていて、側面デッキの手すりもそれに合わせた形状になっていたので、 デッキ新設に合わせて少し形を変えないとダメそうです。


IMG_9307
プラ板でデッキを自作して装着してみました。
ステップ部もプラ材を重ねて再現しています。
デッキが付くだけでショーティー感が無くなった気がしますね。
次回はカプラーの取り付けと手すり類の本設置などを。。


つづく。
 

どうも。。

ふと思い立って、だいぶ前に購入したまま未開封だった鉄コレの東武ED5060を走行化整備してみることに。

 IMG_9269
鉄コレではかなり久々の電機ネタで、三岐鉄道のED459と同時発売でした。
石灰石鉱山レイアウトにぴったりな機関車なので各2両と動力2セットを確保しました。

動力化するついでに、カプラーをナックル化して既存の貨車を牽けるようにしようと思いましたが、構造が独特で市販品のストレート組みでは上手くいかないので少し改造することに。


191637
ナックルカプラーをボディマウント化する構造に悩みましたが、短い車体で床下スペースが狭いのと手手持ちのカプラー系パーツが少なかったので結局一部自作に。
ナックル本体車体側にある出っ張りをカットし、U字形に曲げた1mm真鍮線に通します。
真鍮線はナックルの上部が0.8〜1mm程出る長さに。


191852
そのあと1mmプラ板に1mm径で2箇所穴を開けて、瞬間接着剤で真鍮線とプラ板を固定。
これでシンプルなボディマウントのナックルカプラーとして使えるようになりました。
振れ角度も通常の完成品機関車と同じくらい確保出来ます。


195354
ED5060は前面デッキ下のダミーカプラー受けとスノープラウが一体化していて、正規のアーノルドカプラーの取り付けも出来ない構造です。
この一体化パーツを外すことでカプラーが取り付け可能になりますが、スノープラウは外したくないので改造することに。。

元々付いていたダミーカプラーを外し、中央から両サイドを1mmずつカットしてカプラーのスペースを開けました。
4本あるスノープラウの脚の真ん中2本をカットすることになりますが、外側2本がかなり大きめに作られているので強度も問題なさそうです。
スノープラウの成形色が目立つので、ゼブラ部分をマスキングして台車レリーフ・床下機器と一緒にグレーで塗装しました。


035433
デッキ裏にゴム系接着剤で固定。
サイズを最小に抑えたおかげで動力台車にも干渉せずに収まっています。


195955
線路上で高さ調整。
KATOカプラーを付けたKATOのタキ1000用台車(トキ25000)と誤差なく連結できています。
このトキは簡単に安中貨物風にしようとしてタキ用台車を履かせてますが、元に戻せばED5060に合いそうです。


IMG_9272
手すり類を装着して、パンタはKATO AssyのEF63用を塗装したものを使用。
ひとまず走れる状態まで整備出来ました。


IMG_9274
旧河合のホキ5700(KATO製台車に換装)と連結。
東武の貨物列車は廃止直前に見ていますが、ホキ2200や石油タキなどの末期に活躍していた貨車はまだ持っていないので欲しくなってきますね…
この前葛生に探索に行きましたが(こちら)、あのヤードに出入りしていた貨物列車がどのような編成だったのかがわからずにいます。


IMG_9254
完成直後にホビーセンターカトーに行く機会があったので、車両を持って行って体験運転コーナーで走らせてみました。
使用時間が30分しかないので単行にしましたが、なかなか良い感じだと思います。
動力車だけは鉱山レイアウトの通電維持のための錆取り列車として走らせていたので、少し駆動音が大きくなった気がしますが、かえって吊り掛け音のように聴こえて似合ってる気がします…
ライトを点灯化改造したくなりますね。


173255
すっかりウチの主力車両になった、のと鉄道NT200形も走らせてみました。
作り込まれた情景の中だとラッピングが一層引き立つような感じがしますね。
やっぱり海沿いの風景がよく似合います(海側と山側が逆になってますが)。

さすがにメーカー本家本元なだけあって、レイアウトのクオリティも高くて参考になりました。
地形や建物のバランス加減が凄く良く出来ていて、レイアウト製作中の自分には色々刺激になります。。
フレキ製の大半径カントカーブなどは見てても走らせても面白いです。

↑このページのトップヘ