mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ:車両製作 > Nナロー 鉱山鉄道

どうも。。

以前、1/150スケールで6.5mm軌間のナローゲージとしてグランビー鉱車をプラ板からフルスクラッチしました。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

thumb_IMG_2591_1024
外観上はそれなりに出来ましたが、実車通りに軸受けを内側に配置したのが災いして走行抵抗が非常に大きく、運転して遊べるものにはなりませんでした。
しかし、石灰石鉱山レイアウトでは走行する鉱石運搬列車の存在が外せないと思っていたので色々と策を考えていたら、こんな商品が新発売されました。

IMG_1527
Zゲージを精力的にを展開しているロクハンから発売された、Zショーティーです。
某Bトレインの1/220スケール版のような短縮デフォルメ車両で、足回りがダミーの車体セットに別途走行用の足回りを取り付けて遊ぶスタイルです。
台車はDT33のような形状のノーマルタイプと平たいデザインの新幹線タイプの2種類で、それぞれ動力・トレーラーが発売されています。
発売直後から一部界隈では話題になっていたので、自分もNナロー素材として購入してみました。

試しに走行させてみたところ、片台車駆動ですが思った以上にスムーズに走ってスローも結構効いて、かなり良い感じでした。。
トレーラー台車は集電板のピポット軸受になっていて転がりが非常に良く、手頃な値段ですがとても満足度の高い製品でした。
この動力ユニットとトレーラー台車を使えば安価に安定走行可能な鉱石列車が作れそうなので、早速追加購入して製作に取り掛かることに。

thumb_IMG_1401_1024
鉱車は実車通りの内側軸受を諦めてZショーティー台車をポン付けする方式に。
飾り気のない新幹線用台車は鉱車のような産業用車両にもそのまま使えるデザインに見えます。

thumb_IMG_1402_1024
今現在発売されているZショーティーはライト点灯しませんが、将来的に点灯に対応するのかトレーラー台車には集電板が付いています。
今回は鉱車からは集電する必要が無いので車体と干渉する部分のみ切り落としました。

thumb_IMG_1403_1024
以前のグランビー鉱車製作で作りかけのまま放置していたナベをそのまま流用して、台車を取り付けます。
メンテナンスを考慮してネジ止めにしたかったですが、余裕の無い造りのため断念して瞬着で固定。

thumb_IMG_1404_1024
線路に載せてみるとこんな感じに。
新幹線タイプの台車が思ったよりも違和感ない気がします。
転がり性能が非常に良く、これなら無加工のZショーティー動力で複数両を牽引できそうです。

肝心の動力車ですが、やはり動力は機関車に…と思い動力ユニットのサイズに合わせて坑内機関車風のボディを作ってみました。

thumb_IMG_0145_1024
キャブはGMの保線車両から流用し、動力ユニットの高さギリギリに車体を設計しましたが、どうにも坑内機関車っぽくなりません…
鉱山用機関車はサイズがかなり小さいものばかりなので、模型で動力ユニットを入れて再現するのは非常に難しいです。
いろいろ考えた結果、機関車に動力を入れるのは諦めて、その代わり車体サイズに余裕も持たせられる人車を作り、それに動力ユニットを組み込んで走行させるユーレイ方式にすることに。

thumb_IMG_1406_1024
石灰石鉱山で鉱車と一緒に人車が連結されて運転されていた例は正直見たことが無いですが、そこはデフォルメということに…
人車は「一円電車」で使われていた物をイメージして製作してみます。
0.3mmプラ板から側板と妻板を切り出して作りました。

thumb_IMG_1407_1024
屋根はGMエコノミーキットの余りパーツから切り出しました。
人一人がギリギリ入れるレベルのとても狭いドアと建築用のような質素な窓サッシで作られた、いかにも鉱山の検車場で自製されたような車両にしてみました。

thumb_IMG_1409_1024
動力ユニットはノーマルタイプを使用。
モーターとウェイトが体積ギリギリに詰まっていて小型化の余地は無いですね。

thumb_IMG_1408_1024
横から見るとこんな感じ。
鉱車よりもだいぶ全高が高いですが、それでも人が乗るには屈まないといけないくらいの小さい人車です。
ドア下にステップを付けたかったですが、台車が振れたときに干渉してしまうで諦めました。
連結器はアーノルドのまま使うことにしましたが、鉱車同士は間隔を縮めるために真鍮線で連結させます。
電気機関車を作ったあとに塗装に入ろうと思います。

つづく。

どうも。。

あけましておめでとうございます。
今年もゆるく模型作りをやっていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

新年一回目は石灰石鉱山レイアウトの製作ネタから。。

今までずっとレイアウトの上部軌道のNナロー線(6.5mm軌道)に試行錯誤してきました。
特に動力ユニットは鉱山機関車に使える小型サイズの製品が高価な物しかないので、自作などで代替品を作ろうと模索していました。
Nナロー(6.5mm)の小型動力を試作してみる
「ころころ動力」を使って鉱山機関車を作ってみる(1)

かろうじて走行できるレベルには出来ましたが、サイズが理想よりも大きめになってしまうのと安定走行が難しかったのが欠点で、結局本採用に踏み切れずに保留状態のままレイアウト本体の製作を進めていました。
情景作りと並行して上部軌道用のグランビー鉱車も製作しましたが、これも走行面では不安が残る物に。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました

そんなとき、年末に大宮の鉄道模型イベントで前々から気になっていた6.5mm軌の小型動力ユニットが売られているのを見つけてしまいました。
今までの苦労を考えると、多少高価でも動作が保証された製品を使うほうが確実じゃないかということで、思い切って購入。。

thumb_IMG_4454_1024
ということで、ようやくPowerMAX 6.5mm導入です。
以前の動力自作記事を書いたときから存在は知っていましたが、11500円という価格から手を出すのを躊躇っていました…
今回買ったのはZゲージの6.5mm軌版ですが、9mm版も発売されています。

写真 2016-12-24 21 55 50
実際に手に取ってみると、思った以上に小さくて驚きます。
硬貨にすっぽり収まってしまうサイズにモーターやギアが収まっています。
ギアは金属製で、大きな減速ギアが介されているのでスローもかなり効きます。

thumb_IMG_4354_1024
以前製作したグランビー鉱車と並べるとこんなサイズです。
グランビー鉱車は結構小さめに作ったつもりでしたが、PowerMAXの全高がそれよりも若干低いのが凄いです…
これなら機関車のデザインを大幅にデフォルメすることなく製作できそうなので、やはり市販品を買って正解でした。

唯一気になるのが牽引力で、ただでさえ車体が小さくて軽いので鉱車を数両牽引できる力があるのかが不安です。
そこで、以前グランビー鉱車を知り合いの方にお見せしたときにアドバイスして頂いた方法を実践することに。
磁石で走行性をアップさせる方法で、線路下に鉄線を敷いて車体にネオジム磁石を搭載させることで、磁力で車輪の接地圧を上げて牽引力や走破性を上げようというものです。
この方法を実践するためには、敷設済みの線路を一旦全て剥がして鉄線を線路下に埋めなくてはいけませんでした。
それならいっそのこと、いまいちナロー感に欠けた道床付き線路や単純なオーバルコースを修正したいと思い立って、さらなる資材調達に…

thumb_IMG_4296_1024
PECOのZゲージのフレキシブル線路です。
これも前々から存在は知っていましたが、あえて手は出さずに道床付き線路を使用していました。
しかし、いろいろなナロー系レイアウトの作例を見ていくうちに、やっぱり自由度の高いフレキで曲線を描いたほうが良い線形が作れると思ったので、導入に踏み切りました。
2016年に輸入代理店が変わり、その影響で価格が倍近く上がってしまいました…(現在は1本1300円くらいします)。

thumb_IMG_4382_1024
線路の土台も刷新。
フレキ線路を使ったレイアウトの作例ではベニヤ板で路盤を作っている物が多かったので、今回は自分もその工法を試してみることに。
近所のホームセンターで3mm厚のベニヤを買ってきて、配線を書いていきます。
鉄橋や工場群などの自作情景はそのまま流用するので寸法を合わせておきます。

thumb_IMG_4412_1024
配線が決まったら、線路下に鉄線を敷くスペースを作ります。
鉄線は0.9mmのスチール針金を使用しますが、この分のスペースをどうするかで悩みました。
当初は針金を敷いた両サイドに1mmプラ板を貼る方法も考えましたが、あまり見た目的にも路盤の安定性の面でも良くなさそうなので、結局ベニヤを彫刻刀で線路に沿って掘りました。

thumb_IMG_4413_1024
鉄橋部分や曲線の外周などの余分な部分をカット。
3mm厚程度ならカッターで何度か筋を入れれば切り落とせました。
ベニヤをレイアウト製作で使うのは初でしたが、彫り作業も切断も想像以上に加工性が良くてスムーズに進められました。

thumb_IMG_4414_1024
0.9mmの針金を掘った溝に敷設していきます。
横に2本並ぶようにしながら瞬間接着剤で固定しました。

thumb_IMG_4415_1024
線路はR100以下の急曲線になるので、ねじれ対策として枕木側に小加工を施しておきます。
PECOのZフレキは枕木同士がレール下で繋がっていて、曲げたときの余裕が非常に少ないです。
そのまま急曲線にすると枕木の配置が歪んでしまうので、曲線の内側になる側の枕木間を切り落として余裕を作っておきます。

thumb_IMG_4439_1024
今回は線路の固定にも瞬間接着剤を使用しました。
PECOのZフレキには枕木に釘用の穴が開いていないのと、急曲線なので釘による点固定ではレールの力に負けてしまって歪んでしまうので、瞬着で枕木全体を面で固定したほうが安定します。

thumb_IMG_4443_1024
こんな感じで線路下に鉄線が敷かれた状態に。
完成時には全てバラストで埋まって見えなくなります。


フィーダー線をハンダ付けして、早速試運転してみました。
Twitterにアップした試走動画を載せておきます。
かなり安定して低速走行してくれているので一安心です。

thumb_IMG_4451_1024
試しにグランビー鉱車も牽かせてみようと思いましたが、やはり車輪が鈍すぎて全然走りません…
既存の車両は留置用にして、足回りを改良した走行用を作り直す必要があります。


写真 2017-01-02 10 31 04
旧上部軌道と新上部軌道の比較。
フレキ使用になったことで、単純な小判形オーバルから変化を付けた線形にかなり変わりました。
その影響で山の地形も変更しなくてはいけなくなるので、山ブロックは丸ごと作り直しになります。
工場部分は全く同じ寸法で収まるようにしているので変更はありませんが、採掘場などは質感や色合いが今ひとつだったので、改良しようと思っています。

つづく。。


どうも。。

前回「Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(2)」の続きです。

thumb_IMG_2384_1024
車体は完成したのでこのまま塗装して完成させても良かったですが、やっぱりZゲージ台車をそのまま流用した足まわりが気になってきました。
ちょうど良いタイミングで良い製品を手に入れることが出来たので、そちらへの換装を試みることに。。

thumb_IMG_2449_1024
ペアーハンズから発売されている6.5mmゲージ(車輪径2.7mm)です。
いままで付けていたZJゲージの車輪が4mm径なので、これを使うとかなり小径化することができます。

DSCN0936
グランビー鉱車は車輪の軸受けが台枠の内側にあるので、これを再現しようとするとピポット軸のように車輪の外から保持する方法では作れません。
保持方法をどうするか悩みましたが、とりあえず思いついた方法でやってみます。

thumb_IMG_2450_1024
まずは車輪の外側にある軸端を削って平坦にしておきます。
そのあと車輪と車軸を外して、車輪間の長さにカットした3mmプラパイプを通して再び組み立てます。

thumb_IMG_2453_1024
ZJゲージ台車では再現できなかった床下フレームも新たに製作して、プラパイプを床下シャーシに接着して軸受けにしました。
ピポット軸に比べて走行抵抗は大きそうですが、現状ではこの方法しか無さそうです…

連結器は以前の真鍮線をやめて、手持ちの市販品で一番形状が小さいシンキョーカプラーを使うことに。
カプラー受け部分をカットして真鍮線で車体と固定してあります。
ダミーのナベ転倒用誘導車輪はコトブキヤのプラユニット 丸ノズルから製作。

thumb_IMG_2452_1024
改良版としてこんな感じになりました。
だいぶ車高も下がって実車に近い形状になったと思います。

thumb_IMG_2478_1024
レイアウト上で手押し試運転。
プラ板製で極端に軽いのと車輪・連結器の抵抗が大きいので走行は苦しそうです…
何はともあれ形だけはグランビー鉱車に出来たので、このまま塗装まで仕上げようと思います。
確保した車輪数の都合で今回は4両のみ完成まで仕上げることに。

thumb_IMG_2587_1024
車体はグランプリホワイトを基本色にしてグレー・セールカラー・フラットブラックを調合したものを吹きました。
連結器や車輪などはレッドブラウンで塗り分け。
車輪の踏面はマスキングゾルを塗ってマスキングしています。

thumb_IMG_2588_1024
ウェザリングはMr.ウェザリングカラーのステインブラウンで錆色を付けたあとにタミヤのウェザリングマスターのスノーで石灰汚れっぽくしています。
一応現役車両ということで錆は付けないつもりでしたが、単色でメリハリが無さすぎたので結局色付けしました。
石灰汚れは全然目立ちませんね…

thumb_IMG_2590_1024
つや消しクリアを吹いて完成です。。
こちらは転倒フタ側。

thumb_IMG_2591_1024
誘導車輪の付いた反対側。
転倒ギミックは無いですが、レイアウトの転倒装置に合わせて車両の向きを揃えて走行させます。

thumb_IMG_2599_1024
車体裏はこんな感じになっています。
軸受けのプラパイプが踏面よりも低い位置にあるので、ポイントや踏切は干渉して通過出来ません…

thumb_IMG_2600_1024
Nゲージのタキ1900と比較。
無蓋車というのもあってかなり全高が低くなっています。

thumb_IMG_2593_1024
早速レイアウト上へ。。
まだ上部軌道は線路と坑口以外作っていませんが、車両を置くと風景がイメージしやすくなります。

thumb_IMG_2598_1024
石灰石を落とす転倒装置は本線鉱山口駅横の工場群の上部に設置されます。
ダミーの側線には機関庫などを作る予定です。

thumb_IMG_2595_1024
ナベ内部の補強用角棒が目立つので、石灰石の積み荷を作って隠したほうが良さそうですね。

thumb_IMG_2594_1024
グランビー鉱車が完成したら次は機関車も欲しい…ということで、非動力ですがELも製作してみます。。


EL製作に続く…? 

どうも。。

前回「 Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(1)」の続きです。

thumb_IMG_2161_1024
前回製作で一気に10両分のボディを作ったので、これに細かいパーツ類を取り付けていきます。

改めてグランビー鉱車について簡単に説明を。。
グランビー鉱車は文字通り鉱山などで鉱石を運搬するためのトロッコの一種で、地上側に設置されたガイドレールに車体に付いている誘導車輪が乗り上げることでナベが傾き、鉱石を自動で降ろすことができる車両です。
現在でも一部の現役鉱山などで活躍していて、保存車両も比較的多く存在するので見れる機会は多いかと思います。

YouTubeに実車の動画がありましたので参考に載せておきます。
『まぼろしの鉱山鉄道 大分鉱業上部軌道』より。

1:10辺りからグランビー鉱車の荷下ろしが見れます。

Oナロー(1/48)では転倒機構付きのキットが製品化されていて、実車同様に動く鉱車は楽しそうでしたが、さすがにNスケールでこの転倒ギミックを再現するのは難しいと思ったので当初から再現は諦めていました…
ダミー化するにしても、ナベまわりの機構をどの程度まで作り込むかは検討する余地がありました。

DSCN0945
DSC03303
この2両は同じ鉱山内の別々の路線で使われていたグランビー鉱車で、両者とも762mm軌でほぼ同サイズですが、妻面にあるナベの転倒機構の造りにかなり違いがあります。
おそらく製造時期や工場などで差異があるのだと思いますが、今回自作で作るにはどちらを再現するかで悩みました。
上の車両は部材が大きいのでNサイズでも作りやすそうですが、下の車両は細密に見せることが出来そうです。
今回はとりあえず量産性を重視して前者のタイプを採用することに。。

thumb_IMG_2376_1024
0.3mmのプラ板を画像のように5角形に切り出して、1mm幅にした同プラ板を貼り付け。

thumb_IMG_2377_1024
車体側に1mm角棒を介して浮いたように見える配置で接着。

thumb_IMG_2378_1024
ナベ下のシャーシはエバーグリーンのH型材でプラ板を挟んで製作。
台車に干渉しないように中央部を抜いて前後別パーツの状態で接着しました。

thumb_IMG_2379_1024
この状態で台車に仮置き。
ナベ底に車輪が接触していたので少し嵩上げすることに。

thumb_IMG_2380_1024
できるだけ車高を抑えたかったので0.3mmプラ板1枚を挟みました。

thumb_IMG_2382_1024
今度は連結器の検討を。。
車体サイズが小さすぎて市販のNゲージやZゲージのカプラーでは収まらないので、これも自作で対処することに。
試しに0.5mm真鍮線を曲げた簡易ドローバーを製作してみました。
解放防止のために両端を内向きに曲げてあります。

thumb_IMG_2381_1024
こんな感じでシャーシ部分に開けた穴に真鍮線を通して連結します。
真鍮線の長さを変えることで車両間隔の調整も簡単に出来ますが、やっぱり連結作業の手間が凄いのが難点ですね…

thumb_IMG_2383_1024
今度は連結作業を簡単にするために片方を内向きに曲げないでおきました。
…が、これはこれで少しの衝撃で穴から抜けてしまいます。

thumb_IMG_2384_1024
とりあえず人力での牽引走行はできましたが、構造上推進運転は不可能です。
磁石での連結など、他の方法も試してみたほうが良いかもしれません。

thumb_IMG_2385_1024
車体は形になったのでサフを吹きました。
本塗装は次回に。。


つづく。
Nナローのグランビー鉱車を自作してみる(3) 完成しました 」
 

どうも。。

石灰石鉱山レイアウトは駅とホームが一応形になったので、次はいよいよ工場本体の製作に入ろうと思っていました。
しかし工場本体の設計に入る前に、Nナロー(6.5mm軌間の1/150スケール)の上部軌道の配置をどうするか決めておく必要がありました。
解体前の製作では走行する車両が用意できておらず、建築限界や雰囲気などが定まらなくてグダグダになっていたので、今回の製作では先に車両を揃えていくことにします。
Nナローは市販品車両があまり発売されていなくて、あってもウチの石灰石鉱山レイアウトに似合う車両がほとんど無かったので、基本的にフルスクラッチで作っていきます。

上部軌道で走行させるのはグランビー鉱車とELの編成にしようと前々から決めていました。
実際の鉱山跡にある実車や静態保存車などを参考に作っていきます(某所にて撮影)。
DSCN0936
プラ板による箱組みで、実車にはナベを傾斜させて積荷を落とす機構が備えられていますが、さすがに1/150スケールでは再現できなそうなので固定状態で製作します。

thumb_IMG_2147_1024
まずはメイン材料のプラ板を切り出し。
今回は0.3mm厚を使用しました。
各サイドの丸みはエバーグリーンの1.5mm1/4丸棒で再現。
また、内側の下部に補強の1mm角棒を入れています。

thumb_IMG_2162_1024
外面の帯材は1mm幅に切り出した0.3mmプラ板で再現。

thumb_IMG_2164_1024
足まわりはナロー製品の小径車輪を使う予定ですが、まだ手に入ってないので暫定版としてZJゲージの485系から外した台車を使用することに。
だいぶ昔の製品ですが、食玩として流通していた物で今でも中古店などで安価に手に入れることが出来ます。

thumb_IMG_2143_1024
ナベ部分を台車に載せるとこんな感じに…
塗装もしていないので、なかなか不釣り合いです。
実物のグランビー鉱車は軸受けが内側にあって車輪が完全にむき出しになっているので、普通の台車で再現するのは無理があります。

thumb_IMG_2154_1024
Nゲージのタキ1900と並べるとこんな感じです。
多少実車よりも大きめにして線路のナローっぽさが増すようにしてみました。

thumb_IMG_2161_1024
今回の製作では一気に10両製作しています。
機関車の性能と線路の長さ的に5〜7両程度で走らせるつもりで、残りは予備と留置線に並べる用です。
ナベ部分の転倒機構やシャーシなどを全車に取り付けたら塗装に入ろうと思います。

つづく。 

↑このページのトップヘ