mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ:車両製作 > Nナロー 鉱山鉄道

どうも。。

石灰石鉱山レイアウトは駅とホームが一応形になったので、次はいよいよ工場本体の製作に入ろうと思っていました。
しかし工場本体の設計に入る前に、Nナロー(6.5mm軌間の1/150スケール)の上部軌道の配置をどうするか決めておく必要がありました。
解体前の製作では走行する車両が用意できておらず、建築限界や雰囲気などが定まらなくてグダグダになっていたので、今回の製作では先に車両を揃えていくことにします。
Nナローは市販品車両があまり発売されていなくて、あってもウチの石灰石鉱山レイアウトに似合う車両がほとんど無かったので、基本的にフルスクラッチで作っていきます。

上部軌道で走行させるのはグランビー鉱車とELの編成にしようと前々から決めていました。
実際の鉱山跡にある実車や静態保存車などを参考に作っていきます(某所にて撮影)。
DSCN0936
プラ板による箱組みで、実車にはナベを傾斜させて積荷を落とす機構が備えられていますが、さすがに1/150スケールでは再現できなそうなので固定状態で製作します。

thumb_IMG_2147_1024
まずはメイン材料のプラ板を切り出し。
今回は0.3mm厚を使用しました。
各サイドの丸みはエバーグリーンの1.5mm1/4丸棒で再現。
また、内側の下部に補強の1mm角棒を入れています。

thumb_IMG_2162_1024
外面の帯材は1mm幅に切り出した0.3mmプラ板で再現。

thumb_IMG_2164_1024
足まわりはナロー製品の小径車輪を使う予定ですが、まだ手に入ってないので暫定版としてZJゲージの485系から外した台車を使用することに。
だいぶ昔の製品ですが、食玩として流通していた物で今でも中古店などで安価に手に入れることが出来ます。

thumb_IMG_2143_1024
ナベ部分を台車に載せるとこんな感じに…
塗装もしていないので、なかなか不釣り合いです。
実物のグランビー鉱車は軸受けが内側にあって車輪が完全にむき出しになっているので、普通の台車で再現するのは無理があります。

thumb_IMG_2154_1024
Nゲージのタキ1900と並べるとこんな感じです。
多少実車よりも大きめにして線路のナローっぽさが増すようにしてみました。

thumb_IMG_2161_1024
今回の製作では一気に10両製作しています。
機関車の性能と線路の長さ的に5〜7両程度で走らせるつもりで、残りは予備と留置線に並べる用です。
ナベ部分の転倒機構やシャーシなどを全車に取り付けたら塗装に入ろうと思います。

つづく。 

どうも。。

先日、浜松町で開催された「鉄道模型市」に行ってきました。
予算的な都合もあって、製作中の石灰石レイアウトに使うモノに絞りましたが、発売前から気になっていたモノをやっと手に入れることが出来ました。

IMG_9644
トーマモデルワークスさんから発売されている、「ころころ動力キット」です。
エッチング板による6.5mm(Zゲージ)の小型動力ユニットのキットで、KATOの「小型車両用動力ユニット」をベースにして硬貨サイズの小型動力が作れます。
9mm(N)と6.5mm(Z)の2種類が発売されていますが、自分はNナロー用に6.5mmを2つ購入しました。


IMG_9646
キットの中身はエッチング板1枚とネジ・ワッシャー類のみです。
このキットとは別にKATOのBトレイン用動力ユニットが必要で、そこからモーターと車輪を利用します。


IMG_9647
Bトレイン動力は手持ちの中古ストックから供出。。
台車は使わないので、どのタイプからでも作れます。


IMG_9649
まずはBトレ動力を分解して、車輪の改軌作業を。
車輪を引き抜いて、車軸をZゲージの幅に短縮します。
製品には短縮加工用の簡易治具が付いているので、それを使用してみました。
三角形に折り込んだエッチング板で切り出し寸法を合わせる簡単な物ですが、あると結構楽です。
動力車のギア付き車輪用の寸法なのでT車の車輪には使えません(写真のは失敗しました…)。


IMG_9648
切り詰めが終わって組み直した車輪をNゲージ(上)と比較。


IMG_9650
ボディ本体はエッチング板を折って組んでいきます。
各エッチング板とモーターは小ネジで固定されていて、絶縁用にプラワッシャーを挟む構造です。


IMG_9666
Bトレ動力から取り出したモーターを組み込む前に、モーターにウォームギアを繋げないといけません。
ウォームギアを元々付いていた軸から引き抜く必要がありますが、これが結構大変です…
今回はだいぶ前に無理矢理抜き取ったジャンク品が手元にあったので、それを活用しました。


5050302842
モーターと電池ボックスへの配線はカプラーのスプリングを使うと説明書に記載されていますが、なかなか上手くいかなかったので片側だけ銅線をハンダ付け。
下手すぎてグニャグニャになってますね…
ハンダ付けはいつまで経っても上手くならないです。


5050314958
この状態でLR44電池をセットして試験駆動を。。
調整が足りないせいかウォームと車軸ギアの噛み合わせが合わなくて、手で回さないと動き出さないことが多いです。


IMG_9658
とりあえず動き続けることが出来る状態に仕上がったので、石灰石鉱山レイアウトの上部軌道に。
敷設から相当経ってしまいましたが、ようやく動力車が入線しました。
フィーダー線も整備済みでしたが、ころころ動力は電池駆動なので使わず。
急曲線を鉱車数両を牽引して走行する悪条件で、なおかつ超小型動力である必要がありましたが、ころころ動力なら集電問題はひとまず解消できますね。


IMG_9659
ただ、モーターと電池が縦置きな構造上全高は大きめなので、製作済みだった選鉱場や坑内などが建築限界に引っ掛かってしまいました。
今後ボディを製作してパンタまで付けるとさらに厳しくなるので、若干嵩上げが必要です。


今回も走行動画を撮ってみたので、参考までに。。※音が出ます


まだ車輪とギア周りの調整が不十分で走行音が煩いです…
ただ、スピードもちょうど良くてゴトゴト走る感じは結構気に入りました。。
ボディと鉱車をどうするかが今後の課題ですね。

つづく。。

どうも。。

相変わらず花いろラッピングと鉱山関係を交互に作ってる感じです…
レイアウトのほうは本格的に地面作りに取り掛かりたいですが、その前に鉱山の上部軌道(Zゲージの線路を使ったナロー)を固定しないといけません。

IMG_7907
固定する前に試運転をやっておきたかったのですが、まだ車両を確保できていません…
NスケールでZゲージの線路(6.5mm)を使うナローの鉱山鉄道はかなりマイナーなジャンルで、かなり小型になるためか車両や動力ユニットなどの製品もあまり出回っていません。
そんな6.5mmの小型動力の中では一番有名?であるパワーマックスという超小型動力ユニットを購入予定ですが、今現在輸入代行店のサイトでずっと品切れ状態です。
そこで、まずは手持ちのジャンク動力を改造して6.5mm動力を試作することに。。

今回の鉱山鉄道製作では機関車(EL)1両とグランビー鉱車5〜6両を製作予定ですが、鉱車のほうも足まわりの確保に苦労しそうです…


IMG_7896
まずは種車の選択を。。
ジャンク箱から使えそうな動力台車を探した結果、鉄コレ動力の物が車輪の改軌がしやすそうだったので試してみることに。
今回使ったのは黒染め車輪仕様の鉄コレ登場初期に発売されていた物です。。


IMG_7304
早速車輪の改軌をやってみました。
奥から鉄コレ無加工・改軌(6.5mm化)・食玩ZJゲージの車輪 です。
プラ車軸を少しずつ削っていって、ZJゲージの幅に合わせました。


 IMG_7302
車輪幅が狭くなるとギアボックスが車輪に干渉して回転しなくなるので、ヤスリで削って薄くします。
9mm幅から6.5mm幅まで詰めなくてはいけないので、削る量が多くて地味に面倒な作業でした…


IMG_7305
モーターはKATOのBトレ用動力の物を取り出して使用。
鉄コレのウォームギアをKATOのT車用車輪の車軸を使って接続しています。


IMG_7892
モーターと集電板を銅線で繋いで、ウォームギアをセットするとこんな感じに…
集電板のグラつき防止のためにプラ板を挟んであります。
これで一応走れる状態になりました。


IMG_7894
レイアウトに使うロクハン製レールで試運転を。
いきなり上手くいくとは思っていませんでしたが、本当に最初は全く動きませんでした…
車軸のブレによる安定性のなさが原因だったようですが、それを改善したら今度は少ない電圧でも凄いスピードが出てしまうことが発覚。
鉄コレ動力はギア比が速めに設定されているようで、今回のようなモーター直結式だと鉱山鉄道とは程遠いスピードになってしまいます…
2軸車で小さく収められたので小型の鉱山機関車に使うには良いサイズですが、低速安定性が無いのは痛いですね。
抵抗などを入れて速度を落としてもあまりスムーズは走りとは言えず、結局もう一つ別の方法で作ってみることに。


動力台車にモーターを乗せる方法は精度調整がシビアで自分の技術で作るのは難しいと判断し、今度は普通にボギー車体の動力ユニットを作ってみます。
IMG_7306
食玩のZJゲージの動力ユニットを分解して、シャーシを切り接ぎして短縮化しました。
モーターの関係で片台車駆動になるので、もう片方はT車の台車のシャーシを接合しています。
接合部はプラ板で補強を入れてあります。


IMG_7888
集電効率を上げるためにT車側の台車も集電対応に改造。
0.3mmの真鍮線を折り曲げて市販車両の集電板のような形を作って台車内に入れてあります。


IMG_7915
モーターは今回もKATOのBトレ動力の物を使用しました。
前回はモーターの固定が甘く、動作時に振れて安定性を無くしていたので、シャーシにゴム系接着剤でモーターを直接固定しました。
車体の集電板は銅板からの切り出しで、モーターとは銅線で接続。
集電板は市販のNゲージ動力と同じように、メンテナンスで取り外し出来る構造になってます。
シャーシ側面には剛性を確保するためにプラ板を貼っておきました。


IMG_7916
裏側はこうなってます。
ZJゲージのM車とT車をニコイチにした感じで、シャーシと台車の固定方法もZJと変わってません。
モーターと動力台車を繋ぐシャフトはTOMIX製で、サイズの関係でかなりギリギリの角度に…


IMG_7914
そのままでは車重が軽すぎて走らないのでウェイトを補重。
GMの箱形ウェイトとホームセンターで購入した鉛おもりをカットした物を載せてます。
ひとまず試運転のためにマスキングテープで固定。


IMG_7917
前回の試作車と比較。
だいぶ大きくなってしまいましたが、ギリギリ鉱山機関車に使えるサイズに収まっていると思います。


IMG_7919
バンダイのBトレ動力3と並べるとこんな感じです。
Bトレよりも一回り小さいサイズです。

走行シーンを動画に撮ってアップしたので載せておきます。(音量注意)



細かい調整をして、手放しで連続走行できるレベルまで走れるようになりました。
市販の動力台車を無加工で使い、構造も市販小型動力と同じタイプにしたおかげで簡単に安定走行できたんだと思います。
改軌やギア類の加工は高い精度が必要なので難しいですね…

走行は安定しましたが、片台車駆動でトラクションタイヤ無しなので牽引力が低いのが欠点です。
これでは鉱山レイアウトの急曲線を鉱車5〜6両を牽いて走らせるのは厳しそうな気がします。

出来れば2軸車で小型な動力で作りたいので、やっぱりパワーマックスが手に入るのを待ったほうが無さそうです…
無事に手に入ったらこの試作動力は自走人車のような単行車両として仕上げたいですね。

つづく。。

↑このページのトップヘ