mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ: 自転車・輪行

どうも。。

 天気が良かったので久々に廃線探索に出掛けてみました。
IMG_1606
今回は水戸線の川島駅へ。
川島駅にはかつて太平洋セメントの川島サービスステーションがあり、1997年まで秩父鉄道の武州原谷駅からのセメント列車が設定されていました。
また、それとは別に日本コンクリート工業川島への専用線もあり、80年代までは現役だったそうです。

IMG_1607
友部・水戸方面ホームの横に側線が残っています。

IMG_1608
枯れ草に覆われて見にくいですが、線路や分岐器が残っているのが確認できます。
3~4本の側線が敷かれていたようですが、ホーム横の線路は現在は撤去されています。

IMG_1609
ホーム横の側線からカーブしていく専用線の線路。
架線柱が現存しているのが珍しいですね。

IMG_1613
跨線橋から小山方面を望む。
側線への分岐があったような痕跡がありますが、今は完全に撤去されて行き違い設備のみになっています。

IMG_1610
コンクリート工場へ続く専用線跡。
かつては左側にも側線があったようですが、現在は用地転用されています。

IMG_1616
駅を出て専用線沿いへ。
県道303号の踏切跡は道路内のレールこそ撤去されていますが、警報機脇の柵や遮断機の開閉スイッチなどが現存しています。

IMG_1618
川島駅方面。
雑草に覆われていますが線路は残っていました。

IMG_1624
踏切を越えた先を見ると、右手にカーブしていく線路が…
架線柱に加えて架線も張った状態で残されています。
分岐器と転轍機も現存していて、とても惹かれる廃線情景です…

IMG_1625
鬼怒川の河川敷へ出る道を通って専用線に近づいてみました。
この辺りからコンクリート工場の敷地に沿っていて、専用線が敷地との境界になっています。

IMG_1627
雑草に埋もれた線路と近代的なコンクリ製架線柱のギャップが特徴的な線路跡。
コンクリート工場は現在も操業中で、工場内には製品のコンクリ製電柱が大量に保管されていました。

IMG_1629
藪を進んで線路に…
秋になって雑草がなんとか歩けるレベルになっていますが、真夏は藪に覆われて線路が全く見えなくなっていそうです。

IMG_1630
線路内に生えた樹木。
廃止からの年月の経過を物語っています。
コンクリート工場の専用線のさらに先には1970年頃まで砂利取り線もあり、今でも路盤の痕跡が確認できます。

IMG_1633
この専用線の奥には廃車になったスイッチャーがそのまま放置されているという情報があり、ぜひとも見てみたかったのですが、進むにつれて藪が濃くなり断念…

IMG_1634
鬼怒川の河川敷から専用線を望む。
この樹木と雑草の中にスイッチャーが埋もれているそうです。
河川敷側から行けるルートは無さそうなので、線路伝いに藪漕ぎしていくしかないようでした…
藪の薄くなる冬の時季にリベンジしたいと思います。



IMG_1649
今回も折り畳み自転車を輪行してきたので、川島駅を出発して次も目的地へ向けて走っていきます。

IMG_1650
川島駅から約19km離れた岩瀬駅まで走ってきました。
かつて岩瀬駅と土浦駅を結んでいた関東鉄道筑波線の廃線跡がそのまま「つくば霞ヶ浦りんりんロード」というサイクリングロードとして整備されていて、今回はそれを走るのも目的でした。
岩瀬駅から土浦駅までほぼ約40kmの平坦な道のりなので、昼頃から出発しても片道から十分走破出来ます。
ちなみに、つくば霞ヶ浦りんりんロードの霞ヶ浦側コースである土浦〜佐原間は以前「霞ヶ浦の桟橋軌道を観察してみる」で走りました。

IMG_1656
かつて筑波線の線路があった岩瀬駅ホームの左手がサイクリングロードの出発地点になっています。
現在でも2面3線に長いホームでそれなりに水戸線内では設備の大きい駅ですが、公園として整備されたかつての線路跡を含めると筑波線の現役当時はかなり広い構内だったことが伺えます。

IMG_1660
一部を除いて線路跡をほぼそのままサイクリングロードとして整備しているので、鉄道路線らしいカーブ具合が残っています。

IMG_1662
旧雨引駅跡。
現在は休憩所して整備されていて、ホームの土台が今でも現存しています。
貨物ホームも残っていて、かつては近隣の石材の運び出しに利用されていたそうです。

IMG_1665
線路跡のすぐ脇に石材会社があったりします。
サイクリングロードから見える付近の山肌にも岩肌が露出している箇所が所々見えていて、もしかすると石切場の運搬軌道があるかもしれない…と思ってしまいました。

IMG_1666
紫尾駅跡。
駅ホーム跡が残っているところは多いですが、逆にそれ以外の鉄道設備はほとんど撤去されています。

IMG_1683
途中で寄り道したせいで後半はすっかり夕暮れに…
沿線は田畑が多く起伏もない地形なので眺めはとても良いです。
線形も良く勾配もほとんど無く、とても走りやすい道でした。
鉄道遺構として見ると、整備が進んで現役当時から現存する物を探すのは難しくなっていますが、線形や駅跡はそのまま残っていて沿線風景も良いので鉄道旅情を感じられるサイクリングコースです。

IMG_1687
無事土浦駅に到着。
土浦駅からなら当駅始発で上野・品川方面の空いた電車で楽に輪行して帰れるので、それも踏まえて良いルートでした。

廃線跡を転用したサイクリングロードは全国各地に存在しているので、いつか全走破してみたいと思っています…

おわり。

【探索日 2020年9月】

どうも。。

前回「荒川沖駅のセメント専用線を観察する」のあと、輪行してきた自転車を展開して霞ヶ浦沿いを走りに行ってきました。

image
曇りですが暑さが落ち着いてきたおかげで走りやすい気候になってきました。
湖畔のサイクリングロードは交通量も少なく勾配もほとんど無いので走りやすいです。

image
しばらく進むと湖畔から沖へ向けて伸びる桟橋のような構造物が見えてきました。

image
桟橋にはなんと線路が敷かれていて、岸の手前には保線車両のようなクレーン付きのトロッコが2両留置されています…!
軌間は正確に測ってはいませんが狭軌に近い感じで、車両のサイズと比べると広いですね。

image
どうやら霞ヶ浦の湖底?の砂利を採取し、船から地上設備への荷役施設のようでした。
水上に伸びていく線路が不思議な情景です…

image
対岸には砂利の選別・洗浄設備があって稼働中でした。
積荷は配管を通って運ばれるようです。

ひとしきり観察したあと、再びサイクリングロードを進んでいきます。
すると、再び同じような桟橋が見えてきました。

image
今度のは稼働中だったさっきの設備と違い、錆だらけで傾いているようにも見えます。

image
桟橋前で記念撮影。
さっき見た物と同じような構造で載っているトロッコも似ています。

image
こちらの桟橋は支柱が木製で、錆び付いた荷役施設と相まって「トワイライトゾ〜ン」感が一層強いです。
線路がダイレクトに支柱に載っているような貧弱にも見える軌道で興味深いです…
船が係留されていましたが、現役施設なのかどうかは不明でした。

image
錆び付いた湖面の施設に続く線路…とても興味を惹かれる景色でした。
セキュリティも付いているので現役施設のようです。

image
対岸にはさっきと同じように設備がありました。
地上設備もなかなかの錆具合です。

image
トロッコを観察。
極めてシンプルな造りで、どうやって駆動しているのかも不明でした。

image
先頭部には一応バッファーのような機構も付いています。
きっと船への資材積み込みなどに使われているのだろうと思いますが、実際にどうやって使われているのかが凄く気になります。。



image
そのまま霞ヶ浦沿いを進み、佐原駅から電車で帰路に着くことに。

image
おまけ。
寄り道した「道の駅さわら」に静態保存されているKATO2.7t DL とナベトロも見てきました。
関東地方建設局利根川下流工事事務所で保管されていた物で、築堤工事などでトラックの入れない軟弱地盤での土砂運搬に活躍したそうです。
KATOのDLのなかでも特に小さい部類な気がします。

image
屋根がなく雨晒しのため色あせて錆も出始めています。

image
簡素な造りのナベトロ。
こういった、どちらかと言えば脚光を浴びにくい車両も保存してくれるのは嬉しいですね。

おわり。

【探索日:2019年3月】

どうも。。

茨城県日立市には石灰石鉱山から石灰石を運搬する現役の索道があり、2019年に入っても稼働していました。
公道上からでも間近で観察できる場所を通っていて、石灰石鉱山好き?としては是非見ておきたいスポットであることは以前から知っていました。
日帰りでも行けるエリアなため、見に行くきっかけが無くて訪問をずっと先延ばしにしていましたが、そうこうしているうちに2019年3月末をもって廃止になるというショックなニュースが飛び込んできました。
残された猶予があと少ししかないのと、日曜日は稼働していないなどの情報があったので、空いたスケジュールに思い切って日立まで足を伸ばすことに。。

IMG_3229
18きっぷを使って常磐線の鈍行で日立に来ました。
常磐線の長時間乗車は小名浜港探索などで何度も経験していますが、やはり長く感じますね…
上野東京ラインに直通するようになって、東京駅から乗車できるようになったのが個人的にはありがたいです。

IMG_3230
貨物側線が多い日立駅構内。
かつては日立セメントの専用線などが伸びていましたが、現在はホーム横のコンテナホームのみが現役です。
それでも貨物列車が発着しているのが見れてテンションが上がりますね。

IMG_3231
索道を追って山の中の採掘場まで行きたいので、折り畳み自転車を輪行して持参。
今回のような公共交通機関から遠く、道の狭い場所をちょこまか見るには自転車がとても役立ちます。
すぐに自転車を展開して荷物を纏めて出発します。

IMG_3234
日立の市街地を抜けていくと、早速街中にベルトコンベアを発見。。
切り通しを一直線に通っています。

IMG_3235
とりあえずコンベアに沿って山のほうに向かっていきます。
特に機械音などは聞こえてこないので索道もちゃんと動いているか不安になってきます。
古びたコンクリ製の欄干も良い感じですが、車にぶつけられたのか崩壊したままに…

IMG_5692
しばらく行くと中継施設のようなトタン張りの建物が。
外壁にはゴルフ場の看板が付いていたり、その手前を鉄の歩道橋が掛かってたりして味のあります。
コンベアを鉱山鉄道に置き換えてイメージしても似合いそうな景色です。

IMG_5693
道路を越えた先にコンベアがずっと伸びていきます。
ここから側道が途切れているので迂回することに。

IMG_5715
しばらく進むと開けた場所からコンベアの先が見えて、建物に繋がっているのが確認できました。

IMG_5699
道路をさらに進んでいくと、コンベアや鉱山関係らしき色々な設備が道路の上を通っています…
路面も鉱山関係の車両が多いのか石灰石で白くなっています。

IMG_5694
工場設備を越えて振り返って撮影。
コンベアほ他にあった設備が、今回の目的であった索道でした…!
荷下ろし場がすぐ近くにあって、車道の高さギリギリまで下りながら荷下ろし場へ到着する構造です。

IMG_5697
公道上から発着する索道の搬器が間近に見れます。
20秒間隔くらいのペースで搬器が到着していました。

IMG_5695
荷下ろし場は窓のないトタン張りで、いかにもな鉱山設備です。
静かな住宅地の外れで、搬器から石灰石が落とされる轟音が一定間隔に響きます。
石灰石を下ろした搬器はUターンして復路を進んでいきます。
わかりやすい写真を撮り忘れてしまいましたが、道路を越えた先はゴルフ場の敷地内を越えていくようになっていて、それもまた面白い景色でした。

とにかく音や動きを記録に残しておきたくて、動画も撮っておきました。

現役で稼働する索道が見れるだけでも貴重ですが、ひっきりなしに搬器が行き来する光景を間近でじっくり眺められるのは本当に凄かったです…!
まだ最終目的地は先なのに、つい長居してしまいました。

IMG_5700

索道から降ろされた石灰石はいくつかのコンベアを経て貯鉱場に積まれます。
一箇所に固定したままだと山盛りになって詰まってしまうため、少しづつアームが動いて均一に積まれるようになっていました。

IMG_5703
周囲への石灰粉の飛散を防ぐために、定期的に散水車を使って散水していました。

IMG_5704
索道のルートをマップで確認して、採掘場のある山の中へ進んでいきます。


つづく。

どうも。。

休日の深夜に、ちょっと自転車で走ってきました。
thumb_IMG_6493_1024
多摩川のサイクリングロードをひたすら下流に向けて走って、河口近くの川崎港 工業地帯を目指します。
片道40km程度で、この時間帯は交通量がほとんど無く、完全に自分のペースの走れてとても良いです。。

thumb_IMG_6496_1024
去年公開された映画「シン・ゴジラ」の舞台の一つとして登場した丸子橋を通過。
ひたすら東京都側の河川敷を走り、最も河口に近い橋の大師橋から川崎側に渡って小島新田駅へ。

thumb_IMG_6497_1024
夜間停泊中の大師線。
大師線は近い将来ほぼ全線が地下化されますが、この小島新田駅だけは地上のまま残るそうです。

DSC05499
小島新田駅のすぐ先にある川崎貨物駅。
川崎市のゴミ輸送コンテナ列車が留置されていました。

DSC05510
広いヤードを照明灯が照らしていて良い雰囲気です。
以前深夜にここへ来たときは入れ換え作業が見れましたが、今回は動いている気配がないですぐに千鳥町方面へ進むことに。

DSC05537
川崎貨物駅から分岐した神奈川臨海鉄道の千鳥線に沿って進みます。
千鳥線が分岐して工場敷地内を斜めに横切る区間も。
プラント工場の無機質な機械音だけが響く独特の風景です。。

DSC05540
埠頭の末端へ続く道は殆どが関係者以外立ち入り禁止になっているのでこの先へは進めませんが、公道上からでも十分見て回れて楽しめます。

DSC05552
千鳥町付近にて。
平日なら深夜でもひっきりなしに大型トレーラーやトラックが往来していますが、休日だとそれも少ないです。

DSC05545
煙突から余剰なガスを燃焼させて無害化するフレアスタック。
これも工業地帯ならではの情景ですね。

DSC05553
千鳥線の千鳥町駅(貨物駅)と、その横にある市営埠頭バス停。
昼間ならエチレン輸送のコキ200が荷役作業を行っているのを見ることが出来ますがこの時間帯は何も止まっていませんね。

DSC05555
千鳥町駅から先の市営埠頭まで線路が伸びていますが、埠頭敷地内なので間近で見れるのはここまでです。
数年前までは甲種輸送の列車が市営埠頭まで入線していましたが、ここ最近はあまり聞きませんね。

DSC05558

DSC05559
ゆっくり眺めていたら夜が明けてしまいました。
別に行きたい場所があるのでそろそろ千鳥町をあとにします。。

DSC05582
凹凸に波打つ大きな配管。
素人なのでどのような機能でこういう形状になっているのかがわかりませんが、ジオラマ製作でも取り入れたら良いアクセントになりそうです。

DSC05586
工業地帯の風景を遠目に見つつ、次の目的地へ向かいます。。


つづく。。

どうも。。

前回「下津井電鉄の静態保存車を見に行ってみた」の翌日の話です。
この日は下津井電鉄と同じ岡山県内にある、片上鉄道の廃線跡と動態保存を見に行ってみることに。

片上鉄道は岡山県内の片上から柵原まで全長約34kmの路線で、柵原鉱山で産出される硫化鉄鉱を片上港へ輸送していた路線でした。
91年に廃止になったあと、吉ヶ原駅で車両の動態保存や廃線跡がサイクリングロードとして整備されていて、現役時代の面影を今でも見ることが出来ます。

片上鉄道の動態保存は毎月第1日曜が開催日なので、それに合わせたスケジュールでしたが、天気はあいにく日曜だけ雨です…
自転車で廃線跡を辿るので雨は厳しいため予定変更も考えましたが、昼頃には止むという予報を信じて強行することに。

thumb_IMG_4671_1024
岡山から山陽本線で片上鉄道との連絡駅であった和気駅へ。
雨足は強くありませんでしたがそこそこ降っていて幸先が不安に…

車窓から見える冬枯れた山々の景色を楽しみにしていましたが、雨なのでまた違った色合いに。
雲が掛かった山がとても幻想的で良いです。
普段はロングシートの東京の電車しか乗らないので、西日本の転換クロスシートはとても新鮮味があって楽しいです。。
車窓を眺めやすいのはもちろんですが、転クロだと足を伸ばせるのも長距離の鈍行乗り鉄ではポイント高いですね。

thumb_IMG_4677_1024
和気駅で下車。
今回の目的である片上鉄道との連絡駅です。
片鉄としては途中駅で、和気から片上へは約8km、逆方向の柵原方面へは約25kmあります。
天気が微妙ですが、予報では午前中で止むらしかったので、このまま自転車を展開して走りに行きます…

thumb_IMG_4680_1024
和気駅前の風景。
急峻な低山に囲まれた独特な景観です。
早速片上鉄道の廃線跡に遭遇。
ガーダー橋がそのままサイクリングロードに転用されています。

thumb_IMG_4682_1024
案内板もところどころに設置されています。
このガーダー橋を渡る現役時代の鉱石列車の写真。
DD13牽引の無蓋車編成がとても良いです…
サイクリングロードは舗装されていて、路盤跡というのもあって勾配も緩やかで走りやすいです。
益原駅跡を通過。
廃線脇にワムが静態保存されていました。

近くにあった案内板の地図。
終点の柵原まで、川に沿って曲がりくねった線形です。

山間部の僅かな平地を線路跡が通っています…
沿線は田畑の中に古い日本家屋が点在するなかなか良い感じの景色です。。

線路横を流れる吉井川の新田原井堰。
堰の前側に橋が掛かっていて渡れるようです。

thumb_IMG_4693_1024
天瀬駅跡に到着。
線路と駅舎は撤去されていますが、ホームと待合室は保存されていました。
状態もかなり良いですね。
待合室はアングルによっては現役路線の物と見間違いそうです。。


駅構内の横にあった石垣。
こういう荒石が密に積み重なった石垣をNゲージで再現したいんですが、製品が無いのが困ってます…


天瀬駅は2線あって行き違い可能な構造だったようです。
サイクリングロードとして整備される道幅は一定らしく、舗装路とホームの間に余白が出来ていますね。

thumb_IMG_4847_1024
構内の隅には信号機が残されていました。

つづく。。

↑このページのトップヘ