mattoの工作&探索記

適当に模型製作や探索をした記録です。

カテゴリ: 自転車・輪行

どうも。。

前回「下津井電鉄の静態保存車を見に行ってみた」の翌日の話です。
この日は下津井電鉄と同じ岡山県内にある、片上鉄道の廃線跡と動態保存を見に行ってみることに。

片上鉄道は岡山県内の片上から柵原まで全長約34kmの路線で、柵原鉱山で産出される硫化鉄鉱を片上港へ輸送していた路線でした。
91年に廃止になったあと、吉ヶ原駅で車両の動態保存や廃線跡がサイクリングロードとして整備されていて、現役時代の面影を今でも見ることが出来ます。

片上鉄道の動態保存は毎月第1日曜が開催日なので、それに合わせたスケジュールでしたが、天気はあいにく日曜だけ雨です…
自転車で廃線跡を辿るので雨は厳しいため予定変更も考えましたが、昼頃には止むという予報を信じて強行することに。

thumb_IMG_4671_1024
岡山から山陽本線で片上鉄道との連絡駅であった和気駅へ。
雨足は強くありませんでしたがそこそこ降っていて幸先が不安に…

車窓から見える冬枯れた山々の景色を楽しみにしていましたが、雨なのでまた違った色合いに。
雲が掛かった山がとても幻想的で良いです。
普段はロングシートの東京の電車しか乗らないので、西日本の転換クロスシートはとても新鮮味があって楽しいです。。
車窓を眺めやすいのはもちろんですが、転クロだと足を伸ばせるのも長距離の鈍行乗り鉄ではポイント高いですね。

thumb_IMG_4677_1024
和気駅で下車。
今回の目的である片上鉄道との連絡駅です。
片鉄としては途中駅で、和気から片上へは約8km、逆方向の柵原方面へは約25kmあります。
天気が微妙ですが、予報では午前中で止むらしかったので、このまま自転車を展開して走りに行きます…

thumb_IMG_4680_1024
和気駅前の風景。
急峻な低山に囲まれた独特な景観です。
早速片上鉄道の廃線跡に遭遇。
ガーダー橋がそのままサイクリングロードに転用されています。

thumb_IMG_4682_1024
案内板もところどころに設置されています。
このガーダー橋を渡る現役時代の鉱石列車の写真。
DD13牽引の無蓋車編成がとても良いです…
サイクリングロードは舗装されていて、路盤跡というのもあって勾配も緩やかで走りやすいです。
益原駅跡を通過。
廃線脇にワムが静態保存されていました。

近くにあった案内板の地図。
終点の柵原まで、川に沿って曲がりくねった線形です。

山間部の僅かな平地を線路跡が通っています…
沿線は田畑の中に古い日本家屋が点在するなかなか良い感じの景色です。。

線路横を流れる吉井川の新田原井堰。
堰の前側に橋が掛かっていて渡れるようです。

thumb_IMG_4693_1024
天瀬駅跡に到着。
線路と駅舎は撤去されていますが、ホームと待合室は保存されていました。
状態もかなり良いですね。
待合室はアングルによっては現役路線の物と見間違いそうです。。


駅構内の横にあった石垣。
こういう荒石が密に積み重なった石垣をNゲージで再現したいんですが、製品が無いのが困ってます…


天瀬駅は2線あって行き違い可能な構造だったようです。
サイクリングロードとして整備される道幅は一定らしく、舗装路とホームの間に余白が出来ていますね。

thumb_IMG_4847_1024
構内の隅には信号機が残されていました。

つづく。。

どうも。。

前回「能登線の廃線を自転車で辿って穴水から宇出津へ(3)」の続きです。

穴水から30kmほど走ったところで、ついに今回の旅で特に見たかった物が。。

thumb_IMG_3749_1024
海岸を走る249号沿いにある、三波簡易郵便局です。

DSC03834
小さめの木造2階建ての郵便局です。
何年も前にネットでこの建物の存在を知ってからずっと見てみたいと思っていて、今回ようやく訪問することが出来ました。
とてもこじんまりした佇まいで良い雰囲気です。。

DSC03836
あいにくこの日は休業日で閉まっていました…
建物内を見てみたかったですね。

DSC03837
かなり古そうな建物ですが、板張りの外壁や窓サッシなどが部分的に補修されて使い続けられています。
こうして傷んだ部分のみを交換できるのが板張り壁の利点なのかもしれませんね。


DSC03842
看板類もとても良いです。。
入口の郵便ポストとドアのステッカー以外は数十年前から変わってなさそうにみえます。

DSC03839
建物自体も良い雰囲気ですが、ロケーションがとにかく良いです。
古びた小さな郵便局の目の前に広がる穏やかな海岸が、とても良い画になります。

DSC03844
今度は営業日に来て建物内を見たいですね。。
まだ見たい物があるので宇出津へ急ぎます。

DSC03868
少し行くと波並駅跡を発見。
249号のすぐ横にあって、ホームや路盤が現存しています。
ここも整備されている方がいるようで、駅名標やホーム上などが綺麗な状態に保たれていました。
249号よりも高い場所にあるのでホームから七尾湾がよく見えます。

DSC03871
線路は無くなっていますが、現役当時の面影が残る良い駅です。

DSC03873
駅前にある良い雰囲気の共同作業所?。
漁業関係の建物だと思いますが、能登特有の黒い屋根と板張り壁に切り抜き文字の看板が良い味出してます。。

DSC03848
波並駅を過ぎると路盤が249と並走。
現役自体は良い撮影スポットになったかもしれませんね。
今でも一部を除いて路盤が撤去されずに残っていて、鉄道が走っていた面影が色濃く残っています。

さらに少し進んだところに今回三波簡易郵便局と同じくらい見たかった場所があります。
249号から山側へ伸びる脇道を上がっていきます。

DSC03853
両脇を木々に囲まれた家並みの風景。
かつてここに能登線の間島橋梁が架かっていました。
現在では橋脚ごと全て撤去されてしまって面影はありません。

Googleで「間島橋梁」で検索すると現役時代の写真がいくつか出てきます。
ガーダー橋の真下に広がる黒い屋根瓦の家並みと、背後の蒼い七尾湾のコントラストがとても印象的です。
1度あの景色を自分の目で見てみたかったです…

DSC03857
ちょうど自分がこの場所に着いたときに橋梁跡のすぐ近くに住んでいるおじいさんに会って、挨拶ついでに色々お話を伺うことができました。
能登線の現役時代に列車を利用していた時の話や、能登線の廃止時にはこの場所に撮り鉄が大勢集まっていた凄い騒ぎだったことなど…(笑
前々からどうしても気になっていた「能登の家の屋根瓦は何故黒いのか」も聞いてみましたが、長く能登に住んでいらっしゃる方からしたらこれが当たり前だから…とのこと。。
しかし、屋根瓦が黒いことで積雪時に屋根に積もった雪が陽の光で溶けて落ちるので、屋根に上がって雪降ろしをせずに済むとおっしゃっていました。
また、同じ能登半島内でも沿岸部より内陸部のほうが積雪量が多いため、屋根などの造りが違っているそうです。
自転車で能登半島を一周するのが目標だと話したら、よく「そとうみ(輪島側の海岸)は軽い旅行でたまに行くよ」とおっしゃっていて、そんなに距離感があるのかと身構えたり…w
とても楽しい時間でした。

間島橋梁を出ると、10分も掛からずに宇出津の街に入りました。
穴水〜珠洲間では1番大きな街ですね。

thumb_IMG_3752_1024
宇出津駅跡の駅名標モニュメントで記念撮影。
町の大きさと比例して駅の規模も他と比べて大きく、有人駅で急行列車の停車駅でした。
現在は駅跡に図書館と公民館が併設された施設「コンセールのと」が出来ています。

thumb_IMG_3751_1024
駅跡は遊歩道になっていますが、その前後の路盤やトンネルは現存していました。

DSC03861
駅構内跡より穴水方面を望む。
それほど古くない道路橋が線路跡を跨いでいます。

DSC03862
無事に今回の目標だった宇出津に到達できました。
出来ることなら、さらに先の珠洲や終点の蛸島駅へ行きたいですが、今回はここで終了です。。

軽く宇出津の街を散策したら、いよいよ往路へ。。
帰りも行きと同じルートを走って穴水駅まで戻ります。
道中でちょっと「長話」してしまったおかげで、藤波駅付近の陸橋下にあるというNT100形の静態保存車の訪問はおあずけに…w

DSC03875
ひたすら往路と同じルートを引き返していきます。
行きとはまた違った見え方と、往路で気付かなかったモノが目に入ったりして思うようにペースが上がりません…w
陽が傾いてきてより一層旅情のある情景でした。

DSC03876
穴水までもう少しの中居付近にて。
もう既に陽が落ちてしまい、帰りの列車に間に合うかギリギリの時間に。
秋晴れの暑くも寒くもない絶好のサイクリング日和の日に走りに来れて本当に良かったです。

thumb_IMG_3759_1024
日暮れと同じタイミングで無事に穴水駅に帰ってきました。。
なんとか帰りの七尾行きに間に合う時間に戻ってこれました。
待合室に去年設置されたコインロッカーにサイクリングで使わない荷物を置いて装備を軽量化したおかげで、走行ペースを上げられたと思います。

thumb_IMG_3761_1024
手早く荷物を回収&チャリを輪行状態にして乗車。。
帰路はNT202で。
せっかくのと鉄に乗りに来ているので出来るだけ花いろラッピング車に乗ろうと思い、公式ページに載っている運用表を見て乗る列車を決めていました…w

DSC03880
発車まで少し時間があったのでちょっと撮影。
静かなホームにNT200のアイドリング音が響きます。

thumb_IMG_3764_1024
夕方以降の上り列車というのもあって、乗客は自分含めて3人程度…
車窓は街灯や夜景も見えず真っ暗で何も見えませんが、ひたすらエンジン音を聴きながらNT200に乗っていられるだけでも楽しいです。
この日は和倉温泉で降りて、一泊したあとに翌日の三重連イベントへ…

つづく。。

どうも。。

前回「能登線の廃線を自転車で辿って穴水から宇出津へ(2)」の続きです。

甲駅跡を出て、ひたすら海岸沿いを進みます。

DSC03783
駅を過ぎてもしばらくは集落が道沿いに続いています。
良い感じの路地がいくつも分かれていて寄り道したくなりますが、まずは宇出津へ行くことを優先…

thumb_IMG_3733_1024
道沿いに続く黒い屋根瓦と板張り壁の日本家屋。 
郊外のニュータウン在住の自分にとっては、観光地として整備された訳ではない場所でこの統一された景観を見るのはとてつもなく新鮮味があります。

DSC03786
農機具の小屋?も屋根瓦と板張りで出来ていたり。
ジオラマを作るならこういう小物類も再現したくなります…

thumb_IMG_3734_1024
海岸沿いなので小さな漁港も点在していました。

DSC03789
メインの道を通っているはずが車一台分しかなかったり…

thumb_IMG_3738_1024
これでも路線バスの通る道であるのが驚きです。。
自転車で走るのも良いですがバスから車窓を眺めるのも良いかもしれません。

DSC03808
歴史ある日本家屋と自販機。
ただ古い物が残っているだけではなく、新しい物と古い物が交錯して共存している風景が好きです。

thumb_IMG_3774_1024
川は小さい漁船の船着場を兼ねているところが多いようでした。

DSC03803
能登線の廃線も道路に近い海岸沿いを走っていますが、とりあえず目につく構造物が無ければどんどん進んでいきます。

thumb_IMG_3782_1024
もう穴水から20km以上進んでいますが、まだまだ先には海岸が続きます…
いつか必ず珠洲・狼煙まで行きたいですね。

thumb_IMG_3781_1024
とても味のある海岸沿いの集落と商店。
海岸沿いで人家が長く途切れる場所は意外と少ないです。

DSC03819
集落の端にあった立派なお屋敷。
屋根の面積が大きいので陽に照らされる屋根瓦がとても美しかったです。

DSC03826
ようやく鵜川の町に入りました。
さっきの甲駅周辺よりも大きな町です。
町の中心部には神社が。

DSC03823
海岸の形に沿ってカーブする商店街。
どの建物も屋根瓦は黒い能登瓦ですが、壁はそれぞれバラバラなようですね。

thumb_IMG_3783_1024
鵜川駅跡に到着。
ここも駅舎は現存していますが、駅名板は無くなっていました。

thumb_IMG_3784_1024
線路は撤去されていますがホームや敷地はそのまま残っています。
島式ホーム1面2線と側線が数本あったようで、駅構内は結構広いです。

thumb_IMG_3745_1024
バス停には今も「駅前」の名が残っていました。。
いまさらですが金沢から124kmも離れているんですね…石川県は思った以上に長いです。

thumb_IMG_3712_1024
鵜川を出ると能登線の廃線が国道249号と
しばらく並走します。
レールが撤去された路盤が雑草に覆われていました。

thumb_IMG_3747_1024
海岸沿いの切り立った地形のそばを走る場所もあって、法面工事の真っ最中でした。


DSC03832


thumb_IMG_3749_1024
そして、今回のもう1つの目的だった建物が。。


つづく。 

どうも。。

前回「能登線の廃線を自転車で辿って穴水から宇出津へ(1)」 の続きです。

のと鉄道の穴水駅から自転車で廃線を辿りながら宇出津まで走っていきます。

thumb_IMG_3723_1024
穴水から小高い峠を越えて、旧能登線の甲(かぶと)駅跡へ到着しました。
穴水起点で約14kmの距離です。
廃止になって10年近く経ちますが、駅舎やホームは今でも残っています。

DSC03764
かつての構内踏切。
舗装し直されて生活道路になっていました。

DSC03765
駅舎のホーム側。
構内踏切を渡って島式ホームと繋がる構造です。
ブロック造りの駅舎は割と珍しい気がしますね。

DSC03766
ホームへ上がってみました。
雑草が生い茂っていますが、屋根や待合室などの設備類は現存しています。
線路も撤去されていますが路盤自体はそのまま残っているようです。

DSC03767
廃駅と静かな湾の見える景色。なかなか心惹かれるものがあります。

現役時代はこの駅の側線に郵便車のオユ10が静態保存されていましたが、廃止に伴って能登中島駅へ移動されました。

DSC03769
待合室に貼ってあった時刻表。
現役時代の物ですね。穴水〜蛸島間はもちろんのこと、急行能登や寝台特急まで掲載されていて時代を感じます…

DSC03770
待合室の状態の割に綺麗なので、もしかしたら駅跡を維持整備されている方が貼り直しているのかもしれませんね。

DSC03772
宇出津・珠洲方面を望む。
穴水からここまでは山がちで線路跡がトレースしづらかったですが、甲駅からは道路と並行し海岸沿いを通るルートが多くなります。

DSC03774
駅舎内を覗いてみたら券売機が残されていました。
この駅舎も維持されている方がいるようで、室内は綺麗でした。

DSC03777
先へ進む前に甲集落をちょっと散策。
海岸沿いの狭い道に商店が点在しています。
この長閑な雰囲気がとても良いです…

DSC03782
道は狭いですが立派なバス路線です。
穴水〜宇出津間のバスのルートになっていて本数もそれなりに出ているようです。
普通車同士の離合も出来ない場所もあるので運転大変そうですね…

DSC03783
甲集落をあとにしてさらに宇出津方面へ…


つづく。 

どうも。。 

10月9日から10日にかけて、約1年振りに北陸・能登半島に行ってきました。
のと鉄道の「花いろ」の新ラッピング車が運転開始して、それを記念して従来ラッピング車との3重連が行われるのを見るのが1番の目当てです。
どうせ能登へ行くなら…と言うことで、今回も自転車を輪行していって、能登線の廃線を辿って海岸沿いを走ることにしました。

thumb_IMG_3667_1024
始発の「かがやき」で金沢へ…
北陸新幹線に乗るのはこれで5回目(3往復目)ですが、自分は何故かE7系よりもW7系に当たる確率が高いです。
越後湯沢で乗り換えて「はくたか」に乗って行っていた頃と比べると本当に速く着けるようになりました…

thumb_IMG_3713_1024
金沢に着いたらすぐに特急「能登かがり火」に乗り換えて七尾へ。
ついにKATOから製品化発表された521系2次車も合間に観察。。
実は改造して製作しようと思ってBトレの521系と683系のパンタ車などを調達していたのですが、きちんとした完成品が出てくれるほうが嬉しいですね。

thumb_IMG_3682_1024
七尾で下車して、今回の旅の目当てと言ってもいい、のと鉄道に乗り換え。
乗車1回目はNT201でした。
元花いろ第1弾ラッピング車ですね。

thumb_IMG_3683_1024
全7両あるNT200形のうち、NT201〜204の前期グループは海側の座席が1人掛けが向かい合わせになった席になっているのが特徴です。

thumb_IMG_3714_1024
何度乗りに来ても見飽きない、七尾湾沿いの車窓風景。
まるで湖のように穏やかな七尾湾と、板張り壁と黒い屋根瓦の日本家屋が建ち並ぶ風景が海沿いに続きます。
1人掛け席からこの景色を眺めるのが本当に大好きです。 。

その1人掛け席から見える車窓を動画で…
thumb_IMG_3715_1024
七尾から40分強で終点の穴水駅に到着。
穴水駅はかつて蛸島方面へ伸びる能登線と、輪島方面へ伸びる七尾線が分岐するターミナル駅だったので構内は広いです。
穴水から先が廃止された今は車両基地が併設されています。
ホーム横の留置線には前日から新ラッピングで運転開始したNT204が。。

thumb_IMG_3695_1024
わざわざ自転車を持ってきたので、行けるところまで走りに行ってみます。
今回は能登線の廃線に沿って宇出津駅跡のある宇出津町まで日帰りで往復する計画です。
その日のうちに穴水駅へ戻ってくるので、走行で使わない物はコインロッカーに置いていって軽量化…

thumb_IMG_3696_1024
手早く自転車を展開してすぐに出発。。
まずは駅の裏手へまわって留置線に止まっている新ラッピング車を観察w
翌日の三重連運転が楽しみになります。

thumb_IMG_3699_1024
穴水駅から少し進むと線路が途切れて、廃線となった能登線の築堤や橋梁跡が見えてきます。
廃線から10年が経過し、築堤などの線路跡が徐々に撤去されつつあります。

thumb_IMG_3716_1024
穴水からトンネルを一つ越えた先にある中居駅周辺。
国道沿いにいくつか商店が並んでいます。

thumb_IMG_3717_1024
国道のすぐ横を通っていた能登線。
鉄橋はすでにありませんでしたが橋台は残っていました。

thumb_IMG_3718_1024
海岸沿いに漁村が建ち並び、内湾ではカキなどの養殖が行われています。
黒い屋根瓦に陽が反射して、とても印象的で綺麗な景色でした。
屋根の傾斜や向きが建物によって違うので光の加減で色合いも違って見えます。

thumb_IMG_3719_1024
国道沿いにある特徴的な建物。
とても大きな木造建築で、白い板張り壁と黒くて広い瓦屋根が印象に残りました。
敷地内に船着場があることから漁業関係の方のお家でしょうか。
船小屋?も瓦屋根で造られているが凄く趣がありますね。。

thumb_IMG_3705_1024
しばらく進んだら249号から分かれて甲(かぶと)方面へ。
こっちは交通量もかなり少なく道幅にも余裕があるので走りやすいです。
甲までは山越えになるので海は見えませんが、代わりに里山の景色が続きます。

thumb_IMG_3707_1024
山を越えて下り坂が終わると甲の町に到着。
町の入り口には能登線の踏切跡がありました。
線路や遮断機などは撤去されていますが、築堤やバラストは残っています。

thumb_IMG_3721_1024
能登特有の黒い家並みと甲駅跡のホーム。

thumb_IMG_3723_1024
甲駅の駅前跡に到着しました。

つづく。 

↑このページのトップヘ